Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

「モノマチナイン」&「デザビレ施設公開」駆け足スナップ

イースト東京のビッグイベント「モノマチナイン」を駆け足でスナップしました。ごくごく一部ですが、ご紹介します。

まずは、定番中の定番、「台東デザイナーズビレッジ施設公開」へ。

期待のニューフェース、<染谷商店>が入居。

日本最大規模のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード2015」でレディースバッグ部門賞を受賞した実力派。シンプルななかにも、緻密に計算された機能と使いやすい工夫がいっぱいです。革小物を手がける入居ブランドはほかにも。

<ムダにカッコイイ革小物>が注目を集める<カンマ>。

モード感漂うバッグもそろいます。

誕生花をテーマに展開する<フィオライア>。

新作、メタリックのシリーズが好評です。かんざしなどの小物もラインナップ。

「40代からのライフスタイルに合う帽子」をコンセプトに展開する<テライ クラフトメント>。日本で培われてきた帽子製造の技術を活かし、ひとつひとつていねいにつくっています。大きめサイズもあるのもうれしい。活躍中の卒業生ブランドも駆けつけて、展示販売中です。年に一度のおまつり的なイベントなので、わけあり商品がサプライズで。お見逃しなく。

姉妹的なインキュベーション施設<浅草ものづくり工房>も参加。

こちらは<トロンコ>。シューズが中心ですが、革小物も展開。端革をムダなく、そしてかわいく。オーセンティックでありながらも、しっかりとトレンド感をプラス。注目の<グッドガール>テイストが漂います。

<浅草ものづくり工房>卒業生はほかにも。

<tokyo toff>はアトリエで「レザーカードケースづくりワークショップ」を開催。

父の日ギフトにぴったりですね。

同じく卒業生ブランド<カレドシェクリ >もこの時期に合わせ、ショップを営業。

レアなサンプル品の販売や、海外で買いつけた雑貨を大放出。

「モノマチクリエイターズマーケット」は、アクセサリー以外のジャンルのつくり手たちも多く参加しています。

注目ブランド<エヌ・ナンバー>がイベント初参加。バッグ業界でキャリアを重ねてきた女性クリエイターが独立し始動。タンナーに出向き、革づくりから取り組んだ、バッグ、財布が素敵です。いま、流行のキーワード、サヴォアフェールが感じられます(ちょっと書いてみたかったんです。デザイナー 三上さんにぴったりかなと)。イベント限定販売アイテム、サコッシュも。ご自身でつくられたそう。内側にはオリジナルファブリックを使用したポケットが配され、贅沢な仕上がり。これはお値打ちです。すでに一部のカラーが完売してしまっています。モノマチは目利きのお客さまが多いですね。

お馴染みの<キリエドナ>は、定番・グラニーバッグを夏きもの、ゆかたとのコーディネート提案で訴求。デザイナー 高橋さん自ら、ゆかたを着こなすことでアイキャッチにもなっています。バッグのクオリティが高まり、大人っぽい雰囲気になりましたね。エキュート東京のポップアップでヒット! レジ待ちの行列ができたとか。次回、品川エキュートでの開催も決定しているそうです。

フラワーモチーフのバッグが人気の<リンデンバウム>も出品。新作はマルチカラーのフリルをマチに配して。

このほか、小さめサイズのトートバッグとともに10000円アンダーのエントリーアイテムを増やし、幅広い世代にお求めいただきやすくなりました。

シューズブランド<トーキョーカケン>は雑貨ラインを拡充。蝶タイや時計バンドなど、男性向けアイテムが好評です。

恒例企画「トッピングラリー」は今回も好評。

リピーターさんが多く、自慢の作品を携えて、まわっていらっしゃいます(写真:モノマチ歩き ツイッターアカウントより)。

<ミック>では、ベースとなるトートバッグの数量を各日ごとに調整。最終日も早めの時間帯なら、ゲットできそう。

さまざまなパーツ、カラーを選んでカスタムメイドを楽しんでくださいね。

2k540の<アグリトーキョー>では、旬のデザイン、カラーのバッグが感謝プライスに。特にメタリックのシリーズは、これからのシーズンに活躍しそうですよ。

「モノマチナイン」は本日5月28日(日)まで。よい出会いがありますように。

元記事を読む「B.A.G.Number」http://bagnumber.tokyo/?p=8667

追記<5月29日(月)>

「モノマチナイン」会期終了にともない、値下げ商品など一部の画像は掲出終了とさせていただきました。ご了承ください。

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年2・3月合併号、12月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top