Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

東京スカイツリー周辺でつくられる<東京レザー>#8/職人の指先と高い技術力で生まれるエコレザー、オルガノ<福島化学工業>

昨秋、刊行された、東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2017 東京産の皮革ピッグスキン」の一部、参加企業・事業者さんの取材を「B.A.G.Number」編集長 川崎智枝さんとともに担当いたしました。これまで、展示会などで拝見することは多かったのですが、オフィス、ファクトリーを伺うのははじめてのタンナーさんもあり、貴重な機会でした。ものづくりの現場にご許可いただき、拝見。真摯な姿勢で取り組むつくり手の皆さんの緊張感と集中力がみなぎっていて、とても感激しました。そのテキストを再構成し、当ブログでご紹介します。

なお、「第96回東京レザーフェア」(2017年5月25日~26日開催)の会場内、東京都/東京製革業産地振興協議会ブースで各社の自信作が出品されますので、こちらもお見逃しなく。

*******

アナログな革づくりに徹底してこだわる

原皮の仕入れからなめし、染色、仕上げまでを一貫して行うことが他社にない何よりの強み。特に豚原皮は中国への輸出が増大し、国内での安定供給が難しいものの、多様な卸先やと畜場とのネットワークを確保して仕入れています。
16年間この工場で働く工場長の三好務さんによると、「革づくりはアナログそのものですね。会長からは、『指先が基本なので何でも触って確認するように』と徹底的に教わりました。作業時はできるだけ手袋を使わず、指先の感覚を研ぎ澄ませるようにしています」
%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e5%8c%96%e5%ad%a6%e5%b7%a5%e6%a5%ad-37
水分と油分が残る原皮はずっしり重量がありますが、一枚一枚確かめながらドラムに投入。「こちらは大人サイズ、これは小さめ」と大きさによってなめし具合が変わるので、きちんと選別するそう。「タイコに入った皮になったつもりでやれ」と以前会長に言われたと笑う三好さん。プロフェッショナルな仕事ぶりが素材の仕上がりにも表れています。

3年がかりで完成した<オルガノホワイト>

エコレザー<オルガノホワイト>が同社の主力です。インクジェットレザーが拡大するなかで、この白の発色がプリントの下地として人気が高まっています。なめす際に使用するオイルの微調整により、プリント時の色ムラやにじみが少ないのが特長。革には有害な薬剤を使っておらず環境にもやさしく、ピッグでもソフトな質感が特徴の新時代レザーです。
「このレザーの開発には約3年かかりました。最初はクリーム色でしたが、徐々にピュアホワイトが完成しました。実は傷や肌荒れが無い原皮を選り分けるので、1,500枚のうち150枚程度しか取れない一級品の素材なんです。こちらにデータを送って頂ければ、インクジェットプリントまで行うことができます」と福嶋社長。現在はノンクロム、ノンホルマリンの<オルガノⅡ>も完成。幅広いジャンルで注目されています。
%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e5%8c%96%e5%ad%a6%e5%b7%a5%e6%a5%ad-43

≪MEMO≫

◆ジャパンクリエーション テキスタイルコンテストでは3年連続入賞した実力派
◆某人気バッグブランドは福島化学工業のピッグスキンを採用
◆和紙に革くずを混ぜて素材にしたいというクリエイターの相談もあるそう
%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e5%8c%96%e5%ad%a6%e5%b7%a5%e6%a5%ad-41

福島化学工業株式会社

東京都墨田区東墨田3-9-17
TEL:03-3616-0010
FAX:03-3616-0013
http://www.fukushima-kagaku.co.jp
東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2017 東京産の皮革ピッグスキン」を再構成
東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2017 東京産の皮革ピッグスキン」
平成28年度 東京レザーファッションフェア2016(ピギーズ・スペシャル)に係る都内皮革鞣製業の広報・宣伝事業
企画:株式会社ソーシャルデザイン研究所
撮影:康 澤民
取材担当:川崎智枝(「B.A.G.Number」)

ブックレット「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2017 東京産の皮革ピッグスキン」は、「第96回東京レザーフェア」(2017年5月25日~26日開催)の会場内、東京都/東京製革業産地振興協議会ブースで設置・配布予定。

MAGAZINE

『装苑』2020年3月号、1月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top