Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

東京スカイツリー周辺でつくられる<東京レザー>#6/「革づくりは情熱」板張りなど手間暇を惜しまない<ニシノレザー>

昨秋、刊行された、東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2017 東京産の皮革ピッグスキン」の一部、参加企業・事業者さんの取材を「B.A.G.Number」編集長 川崎智枝さんとともに担当いたしました。これまで、展示会などで拝見することは多かったのですが、オフィス、ファクトリーを伺うのははじめてのタンナーさんもあり、貴重な機会でした。ものづくりの現場にご許可いただき、拝見。真摯な姿勢で取り組むつくり手の皆さんの緊張感と集中力がみなぎっていて、とても感激しました。そのテキストを再構成し、当ブログでご紹介します。

なお、「第96回東京レザーフェア」(2017年5月25日~26日開催)の会場内、東京都/東京製革業産地振興協議会ブースで各社の自信作が出品されますので、こちらもお見逃しなく。

*******

革の乾燥は品質が安定する"板張り"で

ピッグスキンのタンナーとして歴史の長い、ニシノレザー。なめしから染色までを自社で行い、現在扱っているほぼ100%が豚革です。なかでもタンニンなめしの"ヌメ革"は、業界内でも作れるところは数少ないうえに、乾燥を昔ながらの"板張り"で行っているのも東京ではもう1~2社のみ。
%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%83%8e%e3%83%ac%e3%82%b6%e3%83%bc-12
工房の2階では、ヌメ革を大きな板にクギ打ちしてから、外気に触れる場所で自然乾燥させています。クギ打ちの理由は、乾燥させるうちに革が元の形に戻ろうとし、スルメのように丸まってしまうから。「この乾燥方法は10年くらい前から始めました。クギ打ちは大変でありますが、この方が品質も安定し、製品メーカーが扱いやすくなります」と西野佳伸社長。

クリーンな環境で生み出される

 ご自身でも「革づくりは楽しい」と言われるだけあって、さまざまなデータを駆使して何度も試作品を重ねています。時には研究熱心なあまり、150枚の革(ドラム一つ分)を無駄にしてしまうこともあるとか。そのかいあって黄変しにくい"純白色"のノンクローム革が仕上がり、国内外からも引き合いの高いシリーズに。
 工場には用途やロットに合わせて、大きなドラムが4台、中が7台、そして小ロットの発注を受けるためのステンレス製ドラムが2台稼働。温度管理も重要な作業で、冬場と夏場では水温が違うために、最適な温度に微調整しなくてはならないそう。「作業場はとにかく、できるだけキレイに」と西野社長が常に心掛けているだけあって、ドラムはどれも清潔に保たれています。タンニンなめしの作業の時には、他の薬品と混ざらないように、手袋まで変える徹底ぶり。「革づくりは情熱」という言葉から西野さんの真摯な姿勢が伝わってきます。
%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%83%8e%e3%83%ac%e3%82%b6%e3%83%bc-28

≪MEMO≫

◆特にエコレザー、クロムフリーなどの素材が得意
◆純白色のノンクローム素材は、実は海外有名ブランドでも採用
◆二階の乾燥室の板張りは圧巻。自然乾燥だけでなく数台の大型扇風機もフル稼働
%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%83%8e%e3%83%ac%e3%82%b6%e3%83%bc-19

ニシノレザー株式会社
 

東京都墨田区東墨田3-5-3 
TEL:03-3616-4961
FAX:03-3613-4602

東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2017 東京産の皮革ピッグスキン」を再構成
東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2017 東京産の皮革ピッグスキン」
平成28年度 東京レザーファッションフェア2016(ピギーズ・スペシャル)に係る都内皮革鞣製業の広報・宣伝事業
企画:株式会社ソーシャルデザイン研究所
撮影:康 澤民
取材担当:川崎智枝(「B.A.G.Number」)
ブックレット「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2017 東京産の皮革ピッグスキン」は、「第96回東京レザーフェア」(2017年5月25日~26日開催)の会場内、東京都/東京製革業産地振興協議会ブースで設置・配布予定。

宮城県から いちご畑がやってくる 復興応援イベント「新宿からエール!」

先日もお知らせしましたが、復興応援イベント「新宿からエール!」が5月27日(土)に行われます。

18620445_1507255519319161_8988593808419726019_n.jpg

18622284_1507255389319174_4668762986030869560_n.jpg
新宿の真ん中から被災地へエールを。震災を風化させずに、日本全国へ、世界へ、メッセージを発信! 「出展されるかたもパフォーマーのかたも、お互いに応援し合い、助け合うことで大きなパワーに、人を思いやり応援する姿を通じて、未来を創る子どもたちに希望を感じてもらえたら...」との想いが込められて。

18664720_1507255559319157_6053477776342836071_n.jpg

当日は宮城県わたり町から、いちご畑がやってきます。このほか、さまざまなプログラムを行われるそうですよ。


「新宿からエール!」

会期/5月27日(土)12:00~17:00開催
場所/東京都新宿区新宿3-20周辺 新宿モア四番街
WEB /https://www.facebook.com/shinjyukukaraeru/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年9月号、7月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top