Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

必聴トークライブ「"靴の浅草"の歴史と"靴業四代"の一族物語」5月6日(土)開催

ゴールデンウィーク・トークライブ「"靴の浅草"の歴史と"靴業四代"の一族物語」が5月6日(土)、東京・浅草 浅草文化観光センターで行われます。

語り継ぐ靴文化#2.png

18301245_703335316515374_6999259247807636839_n.jpg
靴に携わるビジネスパーソンが知っておきたい産業の誕生とその歴史についての数々のエピソードを、靴産業に大きな足跡を残してきたかたがたに話を聞く「語り継ぐ靴文化」企画の第二弾。今回は、日本初の靴工場・伊勢勝造靴場に最初の伝習生として入り、その後、アメリカに渡り活躍するなど明治期の靴産業のリーダーとして知られる関根忠吉の曽孫(四代目)、関根宏而さんがメインゲストに迎えます。


経営コンサルタントとしてご活躍の関根さんは、曽祖父から父までの三代が靴業に従事。叔父・従兄には靴卸オギツ創業者の荻津完さん、二代目社長の昭夫さんと、靴にゆかりがある家系。そんな一族の物語を聞くことができます。

さらに皮革産業資料館副館長、稲川實さんをはじめ浅草で長く靴業に携わってきた皆さんもご登壇。靴の浅草の歴史を楽しく語り継ぐひとときです。「自分の誕生日やファミリーヒストリーが大切なように、靴に携わる人にとって、仕事の由来やインダストリアルヒストリーは大切だと思います。ささやかなイベントですが、ぜひ、おいでください」とシューフィル 城一生さん。定員50名。参加費無料。問合せ・申込みは、tachi@shoephile.co.jp.まで。

「"靴の浅草"の歴史と"靴業四代"の一族物語」

会期/5月6日(土)14:00~17:00開催

場所/東京都台東区浅草1-5-3 浅草セントラルホテル・アネックス
WEB/http://www.pelican.co.jp/asakusacentralhotel/access.html

元記事を読む 一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ 公式ブログ
「欧米ブランドに負けていないぞ」4月26日更新分 http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年12月号、10月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top