Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

「プラスディーコラボトーキョー・エル 商品発表会」レポート

「プラスディーコラボトーキョー・エル 商品発表会」が、イースト東京・蔵前の新イベント「蔵前展」会期中<2月1日(水)~10日(金)>に行われました。

pdtl170230.jpg


蔵前を拠点とする10社が同時期に新作発表・展示イベントを開催した「蔵前展」。<アッシュコンセプト>を中心に蔵前でアトリエ、工房、ショップ、ショールームなどを有する10社が新作発表・展示イベントを同時期(一部を除く)に行います。

b0cffd_a030476424a2400fa67c080bcfdf091f~mv2.jpgのサムネイル画像

街をめぐりながら、インテリア、プロダクト、雑貨、アパレル、革製品と多様なジャンルのアイテムを展示・販売。将来的には「ミラノサローネ」(毎年イタリア・ミラノで開催される世界最大規模の家具見本市)のような場を目指しているそうです。

kt1702ks00.jpg

そんなイベントの拠点<コンセントショップ>で行われた、注目の革製品プロジェクト<プラスディーコラボトーキョー・エル>商品発表会。

pdtl1702 10.jpg

2014年に始動した<TOKYO L(トーキョー・エル)>は、靴の街、革の街、東京・浅草の恒例イベント「浅草エーラウンド」と連動。

pdyl170231.jpg

卸問屋<富田興業>をはじめ、浅草のものづくり関連企業と一線で活躍するデザイナー・クリエイターが協働し、手にとって使いたくなる革製品をつくり上げるプロジェクトです。

pdtl1702320R.jpg

2015年度からは商品化と販路開拓を重視し、<アッシュコンセプト>が全面的に協力。「モノを創る人と造る人を、そしてモノを使う人を、大切にし、モノづくりを通して世の中を元気にする」という、同社ならではのディレクションでサポート。ユニークなアイディアだけにとどまらない、買いたい、ほしいと感じるものがいっぱい! そんなプロジェクトの最新コレクションをご紹介します。

pdtl1702 フラット.jpg


<FLAT(フラット)>


伸縮性のある革素材を組み合わせたフラットで解放感があるサンダル。どちらからでも足入れできるような仕様と吸いつくようなホールド感があるのも安心ですね。

pdtl1702 スッポリ.jpg

<SUPPORI(スッポリ)>

縫製が少なくシンプルなつくりのスッポリ履けるスリッパ。ビビッドなカラーリングが目をひきます。内側のフェルトがやさしく足を包み、軽い履き心地です。

pdtl1702 ベルトレイ.jpgのサムネイル画像


<BELTRAY(ベルトレイ)>

オイルをたっぷりふくませた革をベルト状にしたトレー。木材に革を巻き付けて留めたシンプルな構造によって革本来の表情を楽しめます。

pdtl1702 ベルトレイ02.jpg

スタッキングもできるので、インテリアコーディネートにもぴったり。

pdtl1702 ミツオリ.jpgのサムネイル画像

<MITSUORI(ミツオリ)>

古くから伝わる包み紙、多当(たとう)に着想を得たシンプルな名刺入れ。贈りものを包むように名刺を収納できます。革の重なりと断面の鮮やかな色が、緊張感と彩りを添えて。ものづくりの背景、魅力を語るような、雄弁な革小物がビジネスシーンで活躍しそうです。

pdtl1702 オリ.jpg

<ORI(オリ)>


自立し、使いやすいストレスフリーな革財布。しかもコインも自然に立つのもうれしい。一枚の革を折りたたむようなシンプルな構造もユニークですね。

pdtl1702 モチテ.jpg

<MOCHITE(モチテ)>

重い鞄やレジ袋などを持つときの痛みを軽減するレザーの持ち手カバー。靴の製造に用いる成型技術を生かした手にやさしくフィットします。

pdtl1702 モチテ02.jpgのサムネイル画像

荷物が軽く感じられる効果もあるそう。

pdtl1702 オデンR.jpg

<ODEN(オデン)>

丸・三角・四角、基本の形を並べて、おでんをモチーフにしたブローチ。おでんを食べたときの安心感とあたたかさが漂います。

pdtl1702 オデン 藤田さん.jpg

秘伝の出汁がしみ込んでいくような経年変化も楽しみですね。大人の男性の衿もとにも似合いますよ。

pdtl1702  藤田さん.jpg
ライフスタイルに溶け込む、新しい使い方を提案する前回のラインナップに続き、
従来品の改良や、さまざまなひとが使える、使いやすくなる、ユニバーサルデザイン的な発想の工夫が随所に感じられ、クールなデザインのなかにも、つくり手のやさしさ、ぬくもりがあふれて。そのハイブリッド感が、とても新鮮でした。「今後もレザーの可能性を拡げるようなコラボレーションを企画しています。どうぞ、お楽しみに」と<富田興業>クリエイティブディレクター 藤田晃成さん。

banner_01.jpg

なお、「浅草エーラウンド」はこの春も開催決定。4月21日(金)から三日間、<富田興業>本社内特設会場、<桜橋レザーパーク>を中心に、インキュベーション施設<浅草ものづくり工房>施設公開などともに行われます。会期中、<桜橋レザーパーク>では<プラスディーコラボトーキョー・エル>の展示販売もありますよ。オフィシャルサイトも始動し、最新トピックを続々発信中です。どうぞ、お見逃しなく。

■ 参考URL ■

「浅草エーラウンド」<http://a-round.info/>


元記事を読む

一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ
公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top