Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

京漆器の老舗とのコラボレーションが話題 「革切子フェア」銀座三越、日本橋三越本店で開催


注目ブランドの<革*jacoi(カワスタリスクヤコビ)>代表作、<革切子®>をフィーチャーしたポップアップイベントが2017年1月上旬、銀座三越<1月3日(火)~10日(火)>、日本橋三越本店<1月4日(水)~10日(火)>で開催決定。「現代工芸」という新しいジャンルのバッグを提案します。

15780760_1196350577112801_8470529693848927478_n.jpg


今回、創業350年以上の歴史を有する老舗<京漆器 象彦>とのコラボレーションが実現。蒔絵職人が花、蔦、動物といった柄を漆で描きます。

15724818_1196355577112301_7144543160703786986_o.jpg


会期中には「蒔絵入り革切子オーダー会」、京都蒔絵職人来店し、「蒔絵実演&バッグチャームオーダー会」(1月7日 銀座三越、1月8日 日本橋三越本店)も。

インキュベーション施設<浅草ものづくり工房>に入居する<革*jacoi>。シグネチャーライン<革切子®>は、ガラス伝統工芸、切子をイメージし、切子柄の美しさを革ならではの立体感を表現。独自の製法で仕上げたバッグ、革製品を展開しています。その雅な雰囲気から和服との着合わせもできると好評です。新作として新革切子トートバッグをリリース。従来品より大きめサイズとなっており、収納力抜群。カジュアル感もあり、デイリーに活用できますよ。

革*jacoi http://www.jacobi.jp/

元記事を読む「B.A.G.Number」http://bagnumber.tokyo/?p=7237

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年2・3月合併号、12月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top