Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

「東京デリカ 合同展示会」レポート 日本製革製品の傾向を探る


サックスバーホールディングス傘下 株式会社東京デリカ プライベートブランド合同展示会が5月17日(火)から二日間行われています。

dt160500.jpg

<エフィー>、<キソラ>に加え、この春デビューした<エフィーズクローゼット>、<ケレン>、<サックスバー>オリジナルラインと日本国内生産のレザーバッグ&小物をリリースするブランドが出展。2016‐17年秋冬シーズンの新作が発表されました。

dt160505.jpg

バッグ専門店チェーン最大手の同社ならではの、きめ細やかなニーズへの対応や傾向などをご紹介します。

まずは、<エフィー>の新作でトレンドをチェック。

dt160502.jpg


注目色はレッド~ボルドー~パープルといったベリーカラーのようです。このあたりは、ウェアの流れと同様ですね。アパレルの展示会が続いた時期は、インスタグラムなどでもかなりアップされていました。差し色として取り入れたり、ワントーンコーディネートに馴染ませたり、と使うかたの好みで選べそう。

dt160503.jpg

昨年から古着のリメイクやダメージデニムなどに人気が集まるなか、<パッチワーク>も気になります。凝った手仕事のニュアンスが感じられていいですよね。インパクトがありますが、意外にコーディネートに合わせやすく、着姿の印象が変わりそうです。

dt160508.jpg

<キソラ>では<リュック>のバリエーションが好評。ショルダー&リュック兼用の3WAYタイプもそろいます。熊本での地震発生後は、近隣の店舗で、避難などに備えてリュックをお探しのユーザーが増えたそう。「せっかく買うのならば、長く使えそうな上質なものを選びたい」、というかたが多かったようです。秋には、防災の日もあり、改めて必要性を感じそうですね。

dt160507.jpg


<財布とミニバッグのボーダーレス化>も顕著に。財布ではストラップつきの財布ポーチがヒット中。小さめサイズのショルダーバッグを財布の機能を含め、ラフにお使いになるかたもいらっしゃるので、アイテムの境目が薄らいでいるようです。

dt160512.jpg


ボーダレスといえば、こちらも。同じく、<キソラ>のがまぐちシリーズです。財布だけでなく、マルチに使えるポーチやミニクラッチ的な感覚を楽しんでいるかたも。また、男性のがまぐちファン増加も見逃せませんね。


そんな、<ジェンダーレス>な傾向は、新ブランド<ケレン>にも。大人の男性に向け、新たなラグジュアリーを提案する同ブランドからカジュアルなラインがローンチ。

dt160510.jpg


リュックのほか、ボンサックも登場。ともにスリムな縦長のフォルムでボリューム感を抑えているので女性からの支持も高まりそうです。

dt160511.jpg


<ミニサイズバッグ>もさまざまなデザインで表現。<ボディバッグ>、<クラッチバッグ>に加え、<サコッシュ>も。<サコッシュ>とは、自転車のロードレースの選手が使うアイテムで水筒などを入れるための簡易的な袋物。昨年からヒットし、機能やデザインに広がりがありますね。


<サックスバー>オリジナルラインでは、ニーズの掘り起こしを強化。こちらはインディードとのコラボレーションによるブリーフケース。

dt160514.jpg

クールビズなど、オフィススタイルのカジュアル化が進んでいるなか、「バッグ、ベルトなどできちんと感をプラスしたい」というビジネスパーソンに向けた提案。大きすぎず、比較的軽いので、大人の女性がご自分用に買うことも少なくないそうです。

dt160513.jpg


ボストンバッグも新鮮。大きめでご旅行にも使えるサイズ感は、このところ、売り場で少なくなってきていますが、アクティブシニアを中心に底堅いニーズがあるよう。国内だけでなく、旅慣れたアジア圏の富裕層からの反応もよさそうです。


このほか、レザー小物、雑貨も豊富に展開されました。カテゴリー、アイテム、ジェンダーなど、さまざまなボーダーが曖昧になり、ユーザーと、その使い方の変化を実感します。日本製革製品はまさに変革のとき!? さらなるイノベーションに期待したいですね。

なお、展示会は本日5月18日(水)まで。バイヤー、プレス関係者向けとなっています。

■ 参考URL ■

「東京デリカ プライベートブランド合同展示会」

https://www.facebook.com/events/1164928410225250/%20

元記事を読む

一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ
公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top