Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

「エーラウンド 2016 春」<桜橋レザーパーク>レポート

イースト東京・浅草のビッグイベント「エーラウンド 2016 春」が4月22日(金)から三日間開催されました。

ar16s0001.jpg

<まち歩きツアー>以外のメーン会場となったのが、<桜橋レザーパーク>。革のプロによる革を愛する人のための空間です。

ar16ss000000.jpg


皮革卸問屋 富田興業内が<革のテーマパーク>に! <ワークショップ&セミナー編>はすべて予約制。

ar16ss000003.jpg

<HIS-FACTORY 中野克彦さんから学ぶ手縫いトートバッグ講座>は

一枚の革の幅を生かし、無駄なく採寸したデザインのトートバッグを手縫いでつくるワークショップ。本格的なものづくりにトライできる、ということで告知間もなく定員となったそうですよ。

ar16ss000001.jpg


大阪の定番イベント「本日は革日和♪」も出張。充実した内容でプロからビギナーまで幅広いかたがたが参加。みなさん集中して取り組んでいらっしゃいました。続いて<材料&道具マーケット編>。

ar16ss000002.jpg


大正14年設立の歴史ある団体、東京皮革青年会による<革と金具マーケット>が好評。皮革素材や靴、バッグ用金具類を一枚、一個から買うことができるんです。

ar16ss000011.jpg


久保柳商店、吉比産業、ブティックヤマダ、松吉の四社が展開する<スマイルレザー>も参加。

ar16ss000006.jpg

花や葉っぱなどのレザーパーツ・パックがビギナーに人気でした。

ar16ss000012.jpg


革の漉き面で模様を表現した<スキモレザー>のブースにはアートのようなカラフルなレザーがいっぱい。革とは思えないさまざまな模様と革ならではの風合いを兼ね備えた新しい素材感が素晴らしいですね。

ar16ss000005.jpg


バッグアーティストスクールレプレ>がブース出展。バッグスクールを全国で展開し、魅力的なクリエイターを輩出しています。1970年創業のバッグメーカーが母体となって運営。メーカーとして長きにわたってバッグづくりに携わるなかで培ってきた技術・ノウハウを、広く伝えていくために設立されました。初心者も安心して学べます。今回はクリエイターたちが手がけたバッグの展示や手づくりキットを紹介。

a16s桜橋レザーパーク ws.jpg

パスケース手縫いワークショップは各回満員。大人気でした。なお、6月からスタートするコースもあるそう。バッグをつくりたいかたにおすすめです。

ar16ss000007.jpg


大阪のカリスマ的ショップ<レザークラフトフェニックス>も出張。

ar16s000015.jpg


貴重な機会を逃さないよう、東京のファンが駆けつけていましたよ。

ar16ss000010.jpg


レザーを中心として業種、世代を超えたコミュニケーションが生まれ、また新しい取り組みにつながりそうな熱気に包まれていました。次回も楽しみですね。

「エーラウンド」 http://www.a-round.info/


元記事を読む
一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ
公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年1月号、11月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top