Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

「Japan Leather Award」グランプリ受賞者が教える革小物ワークショップ「キーケースをつくろう」本日2月13日(土)から開催

先日もお知らせしましたが、革小物ワークショップ「キーケースをつくろう」がtokyo toffアトリエ(東京・蔵前)で本日2月13日(土)から開催されます。

大河さんWS1602

才能ある日本製皮革製品クリエイターを多数輩出する国内最大級のコンペティション「Japan Leather Award」。2012年度グランプリを受賞した大河なぎささんが講師を担当。少人数制で丁寧な指導が好評の教室です。

今回は上質なレザーを使用してキーケースをつくります。革と糸の組み合わせや刻印などカスタムも可能。ギフト用ラッピングも用意されています。バレンタインギフトにぴったりですよ♪

「キーケースをつくろう」

会期/2月13日(土)~14日(日)13:00~14:00開催
場所/東京都台東区蔵前4-20-12 クラマエビル3A tokyo toff
URL /https://www.facebook.com/events/1141740329179252/

伊勢志摩の新ブランド<Sea Dew>プロジェクトに注目!

スタイルストア バイヤー 柳沼周子さんからお知らせが届きました。

伊勢志摩のバロックパールを使ったアクセサリーブランド<Sea Dew(シーデュー)>プロジェクトが進行中。


伊勢志摩といえば、今年の5月に第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)の開催地としても話題ですが、志摩半島の南部にある英虞湾は<アコヤ真珠のふるさと>と呼ばれる真珠の一大産地でもあるんです。そんな伊勢のバロックパールを有効活用すべく、プロジェクトがスタート。

バロックパールが主役にしたアクセサリーブランドができました。正円の真珠が重用されるため、国内の真珠業界でうまく活用しきれなかったバロックパール。生命があるものなので、個体差があるのは当然ですが、価値がない、とされたり、粉にして再利用することもあるのだそうです。さみしいですよね。

content_logo.jpg


そんな新ブランドは<Sea Dew(海のしずく)>とネーミング。母なる海がもたらす真珠という恵み。海の底から立ち昇る泡に見立てたバロックパールが、女性の首元を彩るネックレスになる。ブランドの名前とロゴデザインには、そんなストーリーが込められています。

今回、7アイテムを限定販売。「アコヤ真珠というと、冠婚葬祭で母親世代が使うもの、といったイメージがあるかと思いますが、それを一新するような、シャープな美しさを目指しました。普段使いでも違和感なく、華やかな場にもふさわしい存在感。想像していた以上のものが出来上がり、私は改めてアコヤ真珠のつややかな美しさに圧倒されました。たった一粒真珠を使ったピアスが、なんでこんなにかっこいいのだろう!シンプルな一連のネックレスが、こんなにも服を引き立たせてくれるとは!などなど、本当にどのアイテムも、実際に身につけると、いつもの装いに、驚くほど洗練された雰囲気が加わるのです。地金には真鍮を使い、見た目の雰囲気からは意外なほど手頃な価格でアコヤ真珠を楽しんで頂けるのも大きな魅力。一人でも多くの女性に、伊勢志摩のバロックパールの美しさを知って欲しいなと、心から思っています」と、柳沼さん。

華やかな席にも悲しみの席にも使える、大人の証のようなパール。この春、社会人として新しい生活をはじめるかたにおすすめですよ。エントリーは2月24日まで。お見逃しなく!

TSUKURITTE LAB PROJECT
https://greenfunding.jp/tsukuritte/projects/1402-sea-dew#home

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top