Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

サルビア「月いちCAN プロジェクト」<2016はるCAN>受付中!


2015年からスタートしたサルビアの頒布会。春夏秋冬、季節ごとに発表するオリジナル缶のプロジェクトが好評だ。先日、<2016はるCAN>受付がスタートしました。

サルビア 月いち.jpg


イースト東京・浅草橋のちいさな制作所でつくられるオリジナル缶は数量限定。職人の手仕事が生かされ、やさしい味わいが楽しめます。中蓋がついているので、コーヒー豆や茶葉などの保存にぴったり。デスクまわりでペン立てなどにも活用できますよ。


<おやつCAN>は日本国内で収穫した食材を使用。地域特性を感じられるようなフードやドリンクをセット。<2016はるCAN>は鹿児島県の<すすむ屋 茶店>が担当し、春らしいお茶とお菓子の組み合わせを提案しています。<月いちCAN>缶のみ(一月2000円、計6000円)。<月いちおやつCAN>(一月3000円、計9000円)。3ヶ月間毎月ひとつづつ丸缶が届きます。定員数に達し次第、 受付終了となりますのでお早めに。

サルビアは衣・食・住などの暮らしのなかに<こんなものがあったらいいな>をかたちにしていく活動体。地場産業の職人たちとのコラボレートによる独自のものづくりに共感が広がっています。2月6日(土)は月イチ蔵前。恒例のサルビア月いちショップも行われます。こちらもどうぞお楽しみに。


サルビア http://www.salvia.jp/

元記事を読む
「B.A.G.Number」 http://bagnumber.tokyo/?p=4068

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top