Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

老舗<らしさ>とクールジャパンの新たな<DNA>が個性を競う 蔵前にバッグショップが相次ぎオープン!

イースト東京・蔵前エリアに昨年末、ふたつのショップがオープンしました。レディスバッグの老舗と新進クリエイターが手がけるブランド、とタイプはちがいますが、それぞれ、日本の革と革のものづくりを発信しています。


老舗メーカー 高屋が本社エントランスの一部、ロビーのスペースを直営ショップ<トートクラマエ>として開業しました。

高屋さん01.JPGのサムネイル画像

都営地下鉄浅草線蔵前駅にほど近く、大通りには面していないものの、周囲には東京スカイツリーの眺望が人気のリバーサイドカフェ、外国人観光客向けの宿泊施設などが。高感度ユーザーがまち歩きを楽しんでいる一角です。

高屋さん03.JPGのサムネイル画像


「ショップとしてオープンすることで、ご近所のかたにも<高屋=バッグメーカー>として認知していただくきっかけになりました。大々的な販促をしていませんがクチコミだけで開店から約一か月(平日のみの営業)で100名以上のご来店があり、売り上げも順調に推移しています。バイヤーの皆さんからも評価が高く、店頭に近い環境でプレゼンテーションすることで追加オーダーが増えました」と商品部部長薄井さん。

高屋さん02.JPGのサムネイル画像

小上がりになっていてわかりにくかった、との意見を反映し、店舗前にウェルカムコーナーを設置。現在、打ち出している商品をディスプレイし、好評です。

現在、「ハルサイフフェア」を実施中<1月22日(金)まで>。和装小物、バッグで知られる同社だけに、財布にもその伝統と技術が息づいています。

高屋さん05.JPGのサムネイル画像

きものの着姿を乱すことのない、薄づくりや口金を配したアイテムを数多く展開。「東京のものづくりは<あずまもの>と呼ばれ、かっちりとした仕立てが身上。かつては小股が切れ上がった、粋な女性に好まれたそうです。そんな伝統を受け継ぎ、当社でしかできないこと、ものを追求しています。長くお世話になっている つくり手のかたがたの仕事を確保することにもつながりますので」(薄井さん)。

高屋さん06.JPGのサムネイル画像

こちらのコインケースはレトロなデザインがいいですね。曲線を生かしたフォルムと多色づかいが目をひきます。関西では<七色財布>と呼ばれ、厄除けの効果が期待されるそう。大幅なモデルチェンジをせず、固定ファンのためにつくり続けるロングセラーです。

「出会ったときが最高で、時とともに魅力が色あせてゆくのではなく、持つたび、使うたびに新たな魅力が加わって、いつしか手放せない<お気に入りの品>になってゆく...そんな愛着につながるのが本当の品質だと思うのです。これからも、半世紀以上にわたって受け継がれてきた創業の精神<持つ身になって物作り>を忘れずに、ひとりでも多くのお客様の<愛着の品>が生まれることを願って よりよい製品をつくり続けてゆきます(高屋公式サイトより)」というポリシーが反映されています。

お買い上げでノベルティをプレゼント。接客は本社スタッフが交替して担当するだけに商品知識が豊富で安心。ていねいな対応がよろこばれています。今後は春の新作も登場するそうですよ。


■トートクラマエ

11:00~17:30営業 土日祝定休
東京都台東区蔵前2-14-11
03-5820-3877
http://www.taka-ya.co.jp/

注目ブランド、カレド シェクリがアトリエ兼ショップを蔵前3丁目に移転オープンしました。

額賀さん01.JPGのサムネイル画像

メインストリート・国際通りに面する倉庫跡をリノベーション。高い天井を生かした空間はどこか、ブックショップのよう。

額賀さん02.JPGのサムネイル画像

ハシゴを置いているのは、そんな演出だけでなく、ひとつひとつお客さまに手渡ししたい、という おもてなしの表現。あたたかな想いが伝わってきます。

額賀さん06.JPGのサムネイル画像


定番コレクション、新作に加え、1点モノや海外で買いつけたアンティーク雑貨などを順次そろえて、ブランドのトータルな世界観を発信していくそうです。

額賀さん07.JPGのサムネイル画像

デザイナーの額賀 雄一郎さんは、イギリス留学中にデザイン・アート系アワードの賞を相次ぎ受賞。アレクサンダー・マックイーンでインターンとして活動し、渡仏。大学院でさまざまなブランドとのコラボレーションを経験。帰国後、フランス系ラグジュアリーブランドのデザインマネージャーに就任。2014年、自身のブランドを始動しました。


ブランド名「calede checli」(カレド シェクリ)とは<ひねりを加えたずれ、枠に収まらない>という意味の<decale>(デカレ)と<乱用されて本来の本質や目新しさが失われたもの>と言う意味での<cliche>(クリーシェ)を組み合わせた造語。<独自の感性で表現される創造性と、過去から続く伝統的なものへの尊敬>、「Creative & Nostalgic」をコンセプトに、新しく、どこかなつかしいニュースタンダードをかたちにしています。

シンプル&ベーシックの流れのなか、高感度ユーザーの気分を変える、強いアクセントとなるデザインのコレクション。シックななかにも、トレンドのひとつとして消費されない<力強さ>、ブランドとしての<アイデンティティ>を内包。ビームス、アッシュ・ペー・フランスをはじめ、リステアでも取扱いが決定したそうです。


「ハイセンスでデザイン性の高いアイテムは、普段の生活に加えるだけで気分を高揚させる体験を与えてくれます。日本の職人がひとつひとつ丁寧にハンドメイドすることにより生み出される高いクオリティーで安心感をプラスしました」と額賀さん。

額賀さん05.JPGのサムネイル画像


店頭に置かれた足踏みミシンは職人から譲り受けたもの。日本のものづくりのバトンを受け取った証のように感じられます。


ひとつのバッグの完成に向け、つくり手たちとのやりとりのなかで、ときには意見の相違や衝突もあるそうですが、お互いの信念や理想をすり合わせるプロセスとなり、さらなる高みへと昇華しています。海外で磨かれた感性と国内で受け継いだ技術が化学変化し、新たなクールジャパンのDNAとして芽吹いているよう。


海外の展示会に積極的に出展し、プレス、バイヤーの評価も上々。公式ウェブサイトは英語テキストを併記するなど、インターナショナルブランドとして次のステージを見据えています。


■カレド シェクリ

不定休(アポイント制)
東京都台東区蔵前3-9-5-102
03-6240-9158
http://caledechecli.com/

この春、チョコレート界のサードウエーブと呼ばれる<ダンデライオンチョコレート>のオープンが予定され、活気づく蔵前周辺エリア。ものづくりの街として、ますます話題になりそうですね。

元記事を読む

一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ
公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」

MAGAZINE

『装苑』2017年9月号、7月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top