Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

坂部三樹郎さんによるレザーコレクションが話題! 「JFWジャパン・クリエーション2016」レポート(1)

繊維総合見本市「JFW JAPAN CREATION(ジャパン・クリエーション)2016」が東京・丸の内 東京国際フォーラムで11月25日からスタートしました。前年度より10社増え、279社が参加。過去最大級の規模に。

JC1511 会場 ヒキ.JPG


そして、なんといっても、うれしいのが、ロビーギャラリーに新設された
レザークリエーション。受付と同じ、エントランスフロアに東京、兵庫、和歌山と国内有数の産地がブースを出展。ジャパンレザーを集積して展示されました。

吹き抜けの広々としたスペースはなんとも華やかです。初日の11月25日は、急に冷え込んで真冬のような寒さでしたが、つくり手たちの熱気があふれていましたよ。

ピッグスキン コラボ.JPG


そして、今回は2年ぶりにピッグスキン・ファッションショー「PIGGYʼ S SPECIAL」が復活。若手クリエイターのショーとともに作品の展示が行われました。その一部をご紹介します。

MIKIO SAKABE

坂部さん.JPG

人気クリエイター 坂部三樹郎さんが手がけたコレクションのテーマは「存在感」。一般的なアイテムをベーシックなままサイズを大きくしたり プリントを施したりすることで いつも見ていたと思っていたものが、違和感とともに そこに存在する強さのようなもの、を表現しています。

手前のシャツは、かなり大きめでショーではワンピースのようにスタイリング。とても新鮮でした。

Soshi Otsuki

大月さん.JPG

大月壮士さんは「ブッタスキン」をテーマに、土くさいメンズウエアを女性が着用するイメージで制作。モノトーン中心のなか、個性的なプリントや差し色がほどよいアクセントに。


KEISUKE YOSHIDA

吉田さん.JPG

「思春期の背伸び」をテーマに掲げた吉田圭祐さん。多感な時期の感情や装いにフォーカス。2016年春夏シーズンから始動したレディスでは より大人を意識したクールな印象のコレクションを発表。

AKIKO AOKI

青木さん.JPG

少女の反抗期をイメージしたテーマ「サマーヌード」で構築したコレクションは、デザイナー・青木明子さんによるもの。繊細なディテールは甘さのなかに力強さが宿り、揺れ動く多面性が感じられました。

会期中には学生によるショーも開催予定。若いパワーがレザーファッションに革命を、皮革に新たな生命を吹き込むようなポジティブなエネルギーが伝わって、ワクワクします。本日18:30までなので、間に合うかたはぜひ!

レポートは次回に続きます。どうぞお楽しみに。



「JFW JAPAN CREATION 2016」

会期/11月25日(水)~26日(木)10:00~18:30開催
場所/東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム
URL /https://www.japancreation.com/

元記事を読む

一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ
公式ブログ
「欧米ブランドに負けていないぞ」

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年2・3月合併号、12月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top