Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

「エーラウンド 2015」レポート(2)

イースト東京・浅草のビッグイベント「エーラウンド 2015」のレポート、続きましては、<TOKYO LEATHER & CRAFT MUSEUM>。

隅田公園.JPGのサムネイル画像

浅草の革とモノづくりを伝える博物館としてメイン会場となる隅田公園リバーサイドギャラリーに会期中限定で開館。「エーラウンド」初の試みです。

会場の賑わい.JPGのサムネイル画像

観光地、浅草らしく、外国からのお客さまも増え、インターナショナルな雰囲気でした。

IMG_1781.JPG

エントランスを入ると両サイドにさまざまなレザーがお出迎え。

レザーの展示.JPGのサムネイル画像


浅草を拠点とする企業、事業者が出品。

レザーの展示2.JPGのサムネイル画像

ユーザーが普段目にすることがないサンプルなども設置され、クリエイター気分を味わえました。

はきもの展.JPGのサムネイル画像

浅草で培われてきた140年以上のモノづくりの歴史についての展示や世界のはきものに関する資料も。昭和の高度成長期を駆け抜けた靴メーカーの広告ビジュアルなどもあり、そのレトロなデザインとクリエイションが異彩を放ちました。

トーキョーエル 1.JPGのサムネイル画像


浅草の地場企業と気鋭のデザイナーとのコラボレートによるプロジェクト TOKYO L(トーキョーエル)では皮革製品の新しい可能性を提示。


今回は動物や恐竜をかたどったアニマルラバーバンドなどのプロダクトで知られるアッシュコンセプトを迎え、再始動。4組のデザイナーと地元企業4社の協業による試作品をお披露目。

トーキョーエル 2.JPGのサムネイル画像

個性的なルックスが目をひきますが、クオリティが高いのも特長。アイスクリームのカップをモチーフとしたケースは靴の製法が取り入れられています。

トーキョーエル 3.JPGのサムネイル画像

ピッグスキンを用いた、ぶたのぬいぐるみやアロマグッズ、アイスクリームのカップをモチーフとしたケース、食パン型のケースなどユニークなデザインがいっぱい。各商品の販路開拓までを視野に入れ、今後、実際に商品として販売される予定です。

つくり手の実演も好評。

康さん ヒキ.JPGのサムネイル画像


伊勢丹メンズ館のイベント参加でも話題を集めた康製甲所。女性製甲職人が手仕事を披露。

ひさごてい.JPGのサムネイル画像

自身のブランド ひさごていのシューズをつくる永松さん。その手さばきの美しさにうっとりと眺めるかたもいらっしゃいました。

参加型プログラムも充実。

コロンブスWS.JPGのサムネイル画像

老舗ケアグッズメーカー コロンブス社のワークショップではレザーの着色にお子さんたちもチャレンジ。

コロンブスWS 3.JPG

革製品の魅力を知る きっかけとなりました。

回を重ねるごとに内容がグレードアップしている同イベント。来場者も呼応するように増加しています。地場産業、若手クリエイターたちの熱い想いが、大きなムーブメントへとつながって。

来年初頭には、台東区コミュニティバスの新路線が運行スタート予定。
浅草&奥浅草エリアのアクセスが便利に。イベント開催時期以外でも、訪れたくなる街として さらに注目を集めそうですね。

■ 参考URL ■

「エーラウンド」
http://www.a-round.info/

元記事を読む

一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ
公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年12月号、10月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top