Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

東京みやげ革製品を開発する「スーベニール バイ トーキョーレザー」レポート

東京・墨田区内のつくり手たちによる恒例イベント「スーベニール バイ トーキョーレザー」<9月25日(金)~10月7日(水)>が東京・押上 東京ソラマチ内 すみだ まち処で開催されました。

スーベニール 外観.JPG


東京スカイツリーのおひざもとの墨田区は地場産業として皮革産業がとても盛んです。このエリアで生まれた素材、企画製造されたプロダクトを紹介。なかでもピッグスキン(豚革)は、日本で自給できる唯一の革素材。国内生産の約90%ものシェアを誇ります。


今回は計8社が参加。豚革のほか、羊、山羊革などの加工を得意とするファクトリーをはじめ、世界でも数少ないクロコダイルタンナーの老舗も。

スーベニール 内観.JPG


なめし、加工、素材開発だけでなく、製品づくりにもチャレンジ。皮革製品の展示販売のほか、職人による実演も行いました。

スーベニール 藤豊さん.JPG


こちらは、藤豊工業所によるブース。レザーに馴染みがない女性にもわかりやすいように、と工夫を凝らしたディスプレイが目をひきます。同社は先日ホームページを刷新。洗練されたビジュアルと英語のテキストを付記し、海外からのアクセスにも対応。オンラインショップも始動するなど、積極的なアプロ―チが話題です。

スーベニール キールさん.JPG


雑貨だけでなく、知育玩具としても有効なアイテム(墨田キール)も。身近に感じられる生きものを通して、食育、生命の大切さ、環境問題、そして、ファッションやレザーへの認知にもつながり、幅広い世代のかたにアピールできますね。

スーベニール 革漉さん.JPG

墨田革漉ではロングセラーシリーズ、魚モチーフのペンケースとポーチを出品。インキュベーション施設・台東デザイナーズビレッジ卒業生クリエイター(アトリエ65、セキユミ)とのコラボレートで生まれました。生活が楽しくなるユニークなデザインは外国人観光客にも人気を集めています。ポップなテイストがクールジャパンとして注目ですよ。

2020年の東京オリンピックでは区内の両国国技館が会場のひとつとして選定。観光資源が多いため、来街者のさらなる増加が見込まれ、その対策が課題です。おみやげ需要をいち早くとらえたトーキョーレザー製品の開発に期待したいですね。


■ 参考URL ■


墨田革漉 http://www.sumidakawasuki.com/

墨田キール https://www.techno-city.sumida.tokyo.jp/pickup/detail.php?pickup_id=21

藤豊工業所 http://www.fujitoyo.co.jp/

台東デザイナーズビレッジ http://designers-village.com/

アトリエ65 http://atelier65.com/

セキユミ http://sekiyumi.com/


元記事を読む

一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ
公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top