Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

プロダクトの在り方を見つめなおす「VISION GLASS NO PROBLEM」展 グラスのインスタレーションはプリズムの小宇宙

ミニマルなデザインが人気を集めるインド生まれのVISION GLASS(ヴィジョングラス)。耐熱性があり、食洗器にも対応。グラスとしての用途だけでなく、インテリア小物としてのニーズも高いプロダクトです。日本における輸入販売元として、VISION GLASS JPが2013年からブランディング、卸、販売を行っています。

IMG_1185.JPG

この秋、同社のオフィスが移転。そのオープニングイベントとして「VISION GLASS NO PROBLEM」展が開催されています。

<NO PROBLEM>とは、さまざまなな理由で市場に出さなかったもの。製造元の日本向け専門検品チームによる特別厳しいチェックを受け、インドから送られた製品のなかから、インドと日本との価値観の違いにより、行き場を失ってしまったグラスたち。

「厳しさによって生まれる価値があります。厳しさによって生まれる無駄があります。2年間で私たちの倉庫に溜まったVISION GLASS NO PROBLEM を眺めることで、物の価値に対する自分自身のものさしについて、考えてみたいと思います」(VISION GLASS JP オフィシャルサイトより)

IMG_1166.JPG

そんな<NO PROBLEM>にスポットを当てています。会場では約5000個ものグラスによるインスタレーションがお出迎え。煌めくプリズムの小宇宙に吸い込まれてしまいそう。

IMG_1189.JPG

IMG_1207.JPG

大きな窓があるので、日中は自然光が降り注ぎます。夕方、夜...と時間とともに移ろう表情も見どころです。

IMG_1169.JPG

こちらは、不良の状態ごとにネーミングし、紹介する展示。流れ星、じゃりじゃり、ゆがみ姉妹、異邦人、エアライン・・・などユニークなかにも、ものづくりへのリスペクトがあふれて。

流れ星水滴.JPG


ものづくりへのリスペクトが感じられますね。ラグジュアリーブランドのショップスタッフがつけているような白手袋を装着して、手にとることができます。

投票1.JPG


来場者がそれぞれの<NO PROBLEM>を選んで統計を出してみる参加型の作品も。

投票2.JPG


15個のなかからどこがボーダーか、投票することができますよ。


デザイナーやアーティストへのインタビュー映像などもあり、さまざまな意見を聞けるのがうれしい。<デザインの秋>を前に、プロダクトの在り方を改めて見つめなおす きっかけとなりそうですね。


「VISION GLASS NO PROBLEM」展

会期/10/7(水)まで開催 14:00~20:00開場
場所/東京都台東区小島2-18-17 6F
URL /http://visionglass.jp/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年2・3月合併号、12月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top