Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

クリエイター、DIY派レザーファンに大人気! 姫路「革の市」7月5日開催

皮革産地 兵庫・姫路の恒例イベント「革の市」がいよいよ再開!

*   *   *
革の市 トップ.jpg
「革の市」は
姫路の地場産業である
皮革を使った
手作り皮革製品(鞄、靴、小物)や
レザークラフト、
革細工を趣味とされるかた向けの
材料としての革素材、
副資材を 販売する直売市です。
全国有数の皮革産地
兵庫県。
その中でも「革の市」が開催される
姫路市高木地区は
タンナー(皮革製造工場)が多く
密集した一大産地です。

「革の市」では
姫路で生み出された
高品質な皮革を知っていただき、
日本のモノ作り文化の発展に寄与したい
と考え運営しています。
(テキスト、画像:「革の市」公式サイト、公式SNSアカウントより)

*   *   *

クリエイター、DIY派レザーファンにおすすめのイベントです。

会場はレザータウン高木・革の里 館内 ポケットパーク花田(兵庫県姫路市花田町小川1180-1)。朝9時スタート。
くわしくは下記リンク先をご覧ください。

バッグファクトリー&クリエイター 7ブランドが参加 恒例イベント「まちのかばんやさん」開催中

先月のまとめ記事でお知らせしましたが、東京スカイツリータウンの商業施設、東京ソラマチ内の墨田区産業観光プラザ「すみだ まち処」で恒例企画「まちのかばんやさん ~新墨田鞄工会~」がスタートしました。
mk03.jpg
「まちのかばんやさん」は「革製品のお店」をイメージした期間限定の展示販売会です。
mk02.jpg
企画・運営ご担当の「ATELIER YAUYAU」吉武真理さんにお話しをおききし、写真のご提供もしていただきました。ご協力ありがとうございます。
mk00.jpg
「今回も、〈 まちのかばんやさん 〉 始まりました。一年を通じて、長い年月たくさん使えるバッグから、これからの季節に気分を上げてくれるグッズ、本当にいろいろとそろっています。多くの皆さまの目に触れる場所に来て、バッグも小物もみんな嬉しそうです。
mk01.jpg
ものづくりの盛んな墨田区は、皮革製造業の街としても認知度を上げています。すみだ工房ショップをはじめ、工房でのワークショップ、カフェなどのマーケットなどでのイベントも、多種多様に開催されています。
mk05 .jpg

そうした新しい場所も含め、作り手として出会った者同士のネットワークをもとに〈 まちのかばんやさん 〉は構成されています。
mk07 ヨコ.jpg
2020年夏の会は、ご好評いただいた今年3月のメンバーに加え、昨年大反響の〈 biz+u 〉が再び参加。7社のものづくりが集まりました。
ビジネスユースから、日々の暮らしに癒しとなるようなインテリアまで、作り手それぞれの提案を、この機会にぜひご覧ください」(吉武さん)

すみだ まち処の、入り口には速乾性の消毒液を設置し、スタッフもマスクを着用。レジにはシールドを設置するなど、ソラマチが全館をあげて取り組んでいる感染予防のための対策を徹底し行っています。

イベントの傾向は?

「お客さまがバッグや革小物などに求めるものは、軽量さ・実用性・機能性・デザイン・コスパなどなど、本当に十人十色ですよね。まちのかばんやさん は、出展者それぞれが異なるカラーの持ち主ですので、おのずと品揃えが幅広くなり、年齢や嗜好の異なるお客様毎回に楽しんでいただけていると感じています。

作家としては、他の作り手さんの革の魅力の引き出し方・ご覧いただくための工夫など、学ぶことが多く刺激のある機会です。
吉武さん 定番かごバッグ2006.jpg
私は〈 こは ひきて ぞ 〉という革のかごバッグのシリーズを展開しています。
始めた当初は、かごバッグに組み合わせる内袋は、ナチュラルな印象を引き出す生成のみを使用していましたが、今回はスマートな印象になる黒い袋のものも半数用意しました」(吉武さん)
人気のアイテムは?
サブバッグ・エコバッグなどの定着に伴い、需要があるようになったサイズは、この所各色必ず用意しています。
スマホ、財布、ハンカチ・ティッシュ・マスクなど、常に身につけておきたいもののみを入れるのにジャストサイズのバッグです」(吉武さん)
吉武さん 02.jpg
「こちらは、従来の丸底カゴバッグとは異なり、底脇も革で安定感あるタイプで、男女を問わずお使いいただけます」(吉武さん)

吉武さん コラボ.jpg

「オリジナルパターンをハンドプリントされているfabrica uka さんとコラボの内袋をセットしたもの。
入れ替え用の内袋は、メールオーダーも承っていますし、会場には生地サンプルをご用意しています。私の立会い時間に限り、内袋追加のご注文も承りますので、ご興味ありましたらぜひブログやSNSをチェックいただけると嬉しいです」(吉武さん)
ステイホームが欠かせない時代、バッグとインテリア、インドアファッションのボーダーが薄らぎ、自由に楽しめるアイテムが人気を集めています。このかごバッグもそのひとつ。

使うひとのための「余白」が感じられ、それぞれの発想で自由に楽しめます。内袋は洗濯できるのでウイルス対策が気になるかたも安心ですね。
会期は7月8日まで。
まちのかばんやさん2006.jpg
「すみだまち処」https://machidokoro.com/


【出展メンバー】

「丸ヨ片野製鞄所」http://www.maruyo.in/

「HIS-FACTORY」http://his-factory.com/

「ATELIER YAUYAU」 http://atelieryauyau.wordpress.com/

「totokoko」 http://totokoko.jp/

「biz+u」 http://bizulab.com/

光沢・涼感・和テイスト・・・夏気分が人気 #七夕財布 #梅雨財布 【まとめ】

もうすぐ七夕。一年に一度だけ会うことを許された織姫と彦星のロマンティックな伝説のイメージから「サマーバレンタイン」とも呼ばれているそうです。
そんな七夕は、財布を新調する時季としても注目。風水の第一人者、Dr.コパさんが提唱。七夕は地域によって異なり、7月・8月に行われるので、じっくり探せますね。
近年、雨の日や梅雨時期にお財布を買い換えると縁起がいいともいわれます。雨による「水の気」がお金の不浄を取り除き、金運アップにつながるそうです。
コロナ対策と梅雨でステイホームが続きますが、財布を新調して気分を一新。
3つの傾向からセレクトしました。参考にしていただけますように。
\ 光沢&涼感 メタリックレザーの個性派財布 /
老舗ファクトリー「野村製作所」のフラッグシップショップ(エキュート東京/JR東京駅改札内)では動物モチーフの財布・小物がブレイク。
野村さんガマ01.jpg

日本国内最大規模のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード」でも歴代の審査員賞を受賞するなど、高く評価されています。こちらはカエルモチーフ。
野村さんガマ02.jpg
「がまぐち」好きユーザーにとっては、コレクションする楽しみがありますね。「カエル」マニアも多く、専門店があるほど。また、「お金が かえる」とのジンクスも。ユニークなだけではない底堅いニーズがあり、同店の売れ筋です。
野村さんFC01.jpgのサムネイル画像

メタリックレザーのフラグメントケースも好評。小さめで薄く、キャッシュレス時代を反映した新定番ですね。片面はカード収納部、もう一面にもオープンポケットを配しています。レシートの一時的な収納に便利。
野村さんFC03.jpg
感染リスク軽減のため、スムーズな決済が求められる、いまの時期にぴったりですね。
6月からコンビニエンスストア大手、セブンイレブンが非接触型カード決済をスタート。スタッフに渡さずにユーザー本人が決済できるスタイルはさらに広がりそう。
野村さんFC04.jpg

キャッシュレス決済では、パスケースやカード収納部つきスマートフォンケースでも機能的に十分ですが、現金をしっかり収納できるコインケースは、やはり安心感があります。
野村さんFC02.jpg
同素材のストラップが2タイプあり、ライフスタイルや使い勝手に合わせて選べます。
「野村製作所(エキュート東京)」
https://www.ecute.jp/tokyo/shop/896
「野村製作所(KAWANOWA)」
https://shop.kawanowa.com/?mode=grp&gid=1491540
*  *  *
n.n新色ゴールド.jpg

シンプルなデザインワークとオリジナリティあふれるレザーにより、バッグ、財布、革小物を展開する「n.number(エヌ・ナンバー)」ではメタリックレザーの財布がロングヒット。この春、新色ゴールドが加わりました。
加工技術に優れた和歌山のファクトリーをはじめ、ほとんどのプロセスを国内で完結。移動や輸送への配慮が必要な、withコロナ時代に相応しいサスティナブルなコレクションを発表。ポップアップイベント、SNSでの情報発信を通して、共感の輪が広がっています。
n.n新色ゴールド ディテール.jpg
「先行してシルバーをリリースしていたのですが、大阪のお客さまから"ゴールドがほしい!"とのお声が多く、リクエストにお応えしてご用意しました。

緊急事態宣言解除後、再び開催したイベントでは、会期中(館の担当者の)ご了解を得て、大阪の店頭と東京のアトリエを結びインスタライブにチャレンジ。
複数回配信し、じっくりご覧いただいたせいか、おかげさまでお買い上げにつながりました」(同ブランド代表、三上直美さん)
 
女性クリエイター、バッグリスト 三上さんが、いまを生きる女性たちにエールを込めて。働く女性にとっての使いやすさ、使いたいもの、ほしいものを追求。時代の空気感をリアルに表現したアイテムが好評です。

次回のイベントは、東京・二子玉川 蔦屋家電(7月22日~28日)、大阪・梅田 阪神百貨店(7月22日~8月4日)の予定です。
  

*  *  *
\ 今年らしい夏色(シャーベットカラー、紫陽花色、パープル) /
インキュベーション施設「浅草ものづくり工房」卒業生「クスグルデザイン」が「 269design(つむぐデザイン)」に組織変更。新会社でも「ニニット」はじめ各ブランドは継続して展開します。
103447934_559946661548596_1128256568801260869_o.jpg

「ニニットは、アラン模様と呼ばれるニット柄からインスパイアされたレザーブランドです。アイルランドのアラン諸島が発祥といわれる伝統的なモチーフをレザーに型押し。
寒く過酷な漁から無事に帰ってほしいとの祈りを込めて編まれたというニット。弊社の製品を使ってくださるかたにも幸運が訪れますように」(269design 山崎美穂さん)
新色のパステルは、ひんやりしたシャーベットカラー。やさしい甘さをすっきりクールに抑えて、夏らしく。
ニニット×佐藤すみれコラボ.jpg

このほか、AKB48出身の女性クリエイター 佐藤すみれさんとのコラボレーション企画も大好評。
レースやパールをプラスし甘やかな仕上がりに。どこかレトロな避暑地スタイルのよう。サマーニットを着こなす気分を味わえそうです。
*  *  *
troomsさん菫色ミニ財布.png

「trooms(ティールームス)」の定番・チョコレートモチーフのシリーズが年々進化。ブラウン以外のカラー展開も増えています。

人気カラー、菫(すみれ)色に加え、紫陽花(あじさい)色もラインナップ。可憐な色合いが涼やか。サマーバレンタインのギフトにも最適です。
troomsさん紫陽花色 財布.png
包装紙のメタリックな部分は箔加工によるもの。レザーの色合い・風合いを生かしながら上質感をキープ。
腕利き職人との妥協のないものづくりへの追求、ブランドの世界観に魅了された熱烈なファンが多数。レザーを通してコミュニティが形成され、いまの時代を反映しています。


「trooms」http://trooms.jp/
*  *  *
七夕財布 タイコウ様 紫紺.jpg

「リュクスソフトクロコ名品」をコンセプトに展開する「Leather Jewels(レザージュエルズ)」。
卓越した染色技術による特殊加工、仕上げを施したクロコダイルレザーを使用し、さまざまなバッグ、革小物をリリース。その秀逸なクオリティと優美なデザインが幅広い世代のユーザーの支持を獲得しています。

意欲作・紫紺(紫紺)のウォレットは、クロコダイルの草木染めを実現! 熟練職人の技術が紡ぎ出した色合いが絶妙。ワンアンドオンリーの存在感を放っています。
「Leather Jewels」http://www.taikohnet.com/
爬虫類等皮革製品の魅力を発信する新アカウント「Exotic leather News CLIP by JLIA」では、七夕財布企画を本日公開分からスタート。併せてチェックしてください。

「Exotic leather News CLIP by JLIA」

フェイスブック

https://www.facebook.com/e.l.newsclip.byjlia/

ツイッター

https://twitter.com/ExoticClip

*  *  *
\ ゆかた気分を楽しめる、和の魅力 /
人気クリエイター「YOSHIHARU WADA」の新プロジェクト「藍するブルー」。
百貨店からのオファーが相次ぎ、各地でポップアップイベントを続々開催。

天保8年より代々受け継がれてきた武州中島紺屋5代目 伝統工芸士・新島大吾さんの協力により、意匠性の高い唯一無二の後染めを用いたコレクションを展開。トータルファッションを提案しています。
和田さんpu会場ヒキ.jpg

植物由来の本藍染を手間を惜しまず、丁寧にひとつひとつ染め上げた作品は使うほどに藍が褪め冴えて風合い豊かな(経年美化)色味に。
同じく藍染めの牛革で革財布、革小物を発表し好調です。内装には、栃木レザー牛ヌメ革を贅沢に使用。構想から完成まで3年かけた力作は、大人世代を中心にヒットしています。
「藍には消臭・抗菌作用があるといわれますが、こちらの製品は、繊維の原材料から製品までの一貫した検査を行う我が国屈指のグローバルテスト機関、<カケンテストセンター>で消臭・抗菌性の有用を検証いたしました。安心してお使いいただけます」と和田さん。さらには防虫効果も。ウイルス感染対策、アウトドアへのお出かけにうれしい。
和田さんマスク.jpg
「藍するブルー」は、財布、革小物のほか、鹿革製京扇子、ストール、帽子、日傘、マスクなどバリエーション豊富。酷暑に負けない凛とした着姿に。ジャパンブルーのワントーン・コーディネートが粋ですね。
なお、次回のイベントは、横浜そごうで開催。どうぞお見逃しなく。

「YOSHIHARU WADA」https://www.yoshiharuwada.com/
*  *  *
tz003.jpg

国内有数の鞄産地、兵庫・豊岡の地域ブランド「豊岡鞄」に続き、「豊岡財布」、「豊岡小物」がラインナップ。新企画「TOYOOKA ZAIFU PROJECT」が6月5日、情報解禁となりました。
第一弾は京都府の「丹後織物」とのコラボレーション。技術に優れた豊岡鞄職人と日本の伝統文化によるミックスアップウォレットが新鮮です。

鞄産地・豊岡の源流、「柳行李」をモチーフにカットワークを施したレザーと
「丹後織物」を組み合わせて。きもの生地をアップサイクル。きもの文化のひとつ「重ね」と、その美意識も感じられます。
tz001.jpg
「地域の伝統産業の活用や日本というアイデンティティを表現できるモノにフォーカスすることでこれまでに無い製品を生み出しカタチにしていく。多様な素材と様式を交換し、財布というフォーマットに落とし込むことで面白さや違和感が商品の価値に変わる製品づくりに取り組みます」(「TOYOOKA ZAIFU PROJECT」特設ページより)

8月から店舗販売開始とのスケジュールが公式インスタグラムアカウントで告知されました。
戦後初!? 花火大会が行われない今年。ゆかたを着る機会が少なくなる夏、新しい和テイスト・レザーファッションを、豊岡財布で楽しんでみてはいかがでしょうか?
「TOYOOKA ZAIFU PROJECT」
(初出:一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」)
元記事・アーカイブ記事はこちらからご覧ください。
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/
(最終更新:7月3日)

1/581 1 2 3 4 5 581

MAGAZINE

『装苑』2020年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top