Blog

鈴木清之

オンラインライター

Kiyoyuki Suzuki 鈴木清之

文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務を経て、日本国内のバッグブランド、皮革産業を中心にブログ執筆、ソーシャルメディアのコンテンツ運用を担当。イースト東京エリア・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋 台東区南部)で行われる、ものづくりイベント「モノマチ」ソフトブレーン、デコクロ(デコレーション ユニクロ)部 発起人、書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”としても活動。

自然の恵みを生かし、さり気なく暮らしのなかに「ジビエ展」(東京・松が谷)スタート

先日もお知らせしましたが、イースト東京・かっぱ橋道具街周辺エリアの人気ショップ<と革>で注目イベント「ジビエ展」が本日6月14日からスタート。

「現在の日本では鹿や猪による農作物被害が大きな問題となり、害獣駆除として各地で捕獲が進められています。
肉はジビエとしての利用が全国的に広まっていますが、革や角の活用は多くありません。SDGsが叫ばれる昨今ですが、まだまだ一般的には知られていないのが現状です。

3回めの開催となる本展では、作家それぞれのアプローチにより、小物や装身具 カトラリーなどへと活用され、作品へと昇華されています。

自然の恵みに想いを馳せ、多様な創造性を愉しんでいただければ幸いです。ぜひ、 ご高覧ください」(と革 店主 高見澤篤さん)。

農林業への被害対策として有害駆除された猪、鹿を利活用。「ジビエ革」とネーミングし、革製品化する高見澤さん。生命の証をたいせつに思い、生命のバトンをつなぐような取り組みが素敵ですね。
共感する作家たちとともにそれぞれのクリエイションをお披露目します。参加ブランド<加藤キナ>では植物モチーフのコサージュを出品。SNSアカウントから画像とテキストを転載させていただきました。現物もぜひ、それぞれの作品世界が表現された空間でご覧いただけますように。
*  *  *
加藤キナさん@ジビエ革展1906 02.jpg

ツユクサ

月草

青花

昨年の今頃は
夏の展示会に向けて
テーマの「露草」に
夢中になっていました

見ればみるほど変わった花

ピンセットで分解しながら
自然の神秘に触れる日々

今年も
涼しげな青の季節到来です

西洋では
ツユクサの青色は
聖母マリアの衣の色に
例えられているとか

とても儚く
何処か和風な花ですが
日本だけでなく
遠い異国でも愛されているのかな

そういえば
昨年 展示会の終わりに
あひろ屋さんが
贈ってくれたのは
フランスアンティークの
露草のハンケチーフでした

世界は遠いようで
実は近いのかもしれません

加藤キナさん@ジビエ展1906.jpg

青い花

アザミ
ヒナゲシ
スズラン
ハス
ツユクサ
アジサイ

ーーー

6/14(金)-18(火)
12:00-18:00

ジビエ展 自然の恵みを頂く

と革 @tokawa2298
〒111-0036
東京都台東区松が谷2-29-8#105
tel.070-5589-5934
www.to-kawa.com

〈在廊日〉
six coup de foudre
@atsushitakamisawa 全日

meguru @daichigoda
15.16日

加藤キナ
14.16日終日
18日(16:00〜)

会期中 ジビエ缶やパテなどの
ご用意もございますので
ぜひ お出かけ下さいませ

と革店主 高見澤さんより
お声掛け頂き 3人展に参加いたします

ジビエ革の普及に
国内外で活躍されている
Six coup de foudre
@atsushitakamisawa
高見澤さん

ご自身も猟師をしながら
鹿角でカトラリーや装身具を制作されている
meguru
@daichigoda
合田さん

私たちは
シックなお色の財布
植物コサージュを

今回はオリーブの枝を作ってみました

(画像、テキスト:<加藤キナ>SNSアカウントより)
*  *  *

「本日は革日和♪」が出展! 「素材博覧会 -KOBE 2019夏-」スタート

ハンドメイド素材の未知なる魅力と出会うイベント「素材博覧会 -KOBE 2019夏-」が
兵庫・神戸 デザイン・クリエイティブセンター神戸で6月13日(木)からスタート!

今回も「本日は革日和♪」がブース出展。計6社が参加し素材、道具などの展示販売に加え、人気インフルエンサー 村木るいさんによるセミナーが好評。
「人に話したくなる革セミナーぷち 革の買い方や歴史編(無料)」「人に話したくなる革セミナー 革が出来ること・革じゃないと出来ない事(無料)」「ハンドメイドイベントレポート2019春~売れる売れないの線引(有料)」「お金の話をしよう! ハンドメイドの値段の付け方セミナー(有料)」など超充実!
hkb01.jpg
このほか、革小物をはじめ、さまざまなDIYワークショップもお見逃しなく。


「素材博覧会」http://sozai-expo.com/

ジャパンレザーとのコラボが好評 「日本元気プロジェクト2019」レポート

世界的ファッションデザイナー・山本寛斎さんが総合プロデュースを手がけるイベント
「日本元気プロジェクト2019『スーパーエネルギー!!』Produced by KANSAI YAMAMOTO」が6月8日(土)、東京・六本木 六本木ヒルズアリーナで開催。今年も約1万人が来場するなど盛況でした。
日本元気19 会場.jpg
元サッカー日本代表のラモス瑠偉さん、プロスキーヤー、冒険家、クラーク記念国際高校校長 三浦雄一郎さん、元総理大臣の福田康夫さん、東京都知事の小池百合子さんなど著名人も観覧し、客席も華やぎに満ちて。
日本元気19 会場観客ヒキ.jpg

メインイベントとなる、ショウ昼夜2回それぞれ総勢約200人が出演。山本寛斎さんにとってブランド設立50周年の節目となる2019年の今回のイベントをパワフルに盛り上げました。
日本元気19 オープニング.jpg
「ファッション×人間力でこの国の元気を呼び覚ます」ことを趣旨とし、六本木ヒルズアリーナでの開催は今年で3回め。
日本元気19 サイン ヒキ.jpg
昨年に続き、皮革産地、兵庫・姫路の地域ブランド「姫革」、そして、「東京レザーフェア」とのコラボレーションが実現。国産天然皮革の存在感も際立っていましたよ。
日本元気19 クレジット.jpg
「若き才能が燃えられる機会をつくりたい」という寛斎さんの発案による「国際文化交流プロジェクト」に参加した、日本とイギリスの7校の各学校選ばれた代表者1名ずつによる作品が発表。
日本元気19 交流p選抜.jpg
文化服装学院から選出された代表作品、素敵でした。
日本元気19 交流 文化代表.jpg
プロジェクトの初回となる今年は、イギリスの大英博物館で開催中の海外過去最大規模のマンガ展「The Citi exhibition Manga」のフリンジイベントとなる『Late ? Manga: Colour and Style』と連動。
日本元気19 文化代表  作品.png
7月5日に大英博物館のグレイトコートで行われるファッションプレゼンテーションでもこの作品を発表されるそうです。
日本元気19 フィナーレ.jpg
フィナーレでは「東京レザーフェア」とコラボレーションした革半纏が登場! これらの素材として「姫革」が使用されています。
日本元気19 半纏ヨリ.jpg
寛斎さん監修のもと、台東区立富士小学校の6年生約70名が「太陽」と「富士山」をテーマにペイントを施した革半纏。「東京レザーフェア」100回記念前夜祭、同会場に続き、晴れ舞台でのお披露目となりました。
日本元気19 半纏ヒキ.jpg

クラーク記念国際高等学校、岩倉高等学校の学生約50名が革半纏を着用。「21世紀の三三七拍子」を情熱的に踊り、作品に生命を宿して躍動感ほとばしるエンディングに。当日はインターネットでもリアルタイム配信。ファッションや表現することの楽しさをたくさんのひとたちと共有できたのではないでしょうか。
また、当日は、姫路市のタンナー 有限会社大昌 代表取締役 大垣昌道さん、兵庫県皮革産業協同組合連合会 事務局長 北野和夫さんも駆けつけました。

「寛斎さんはもちろん、現在、世界的なブランドとの協業も進行中です。その成果を大英博物館で発表することになりました。姫革をはじめとする国産天然皮革の革づくり・ものづくり文化と、時代に合わせた新しい考え方を積極的に海外で発信していきます」と大垣昌道さん。
兵皮連トップ.png

「ひょうご天然皮革(HYOGO LEATHER)」を打ち出す、兵庫県皮革産業協同組合連合会では日本の技術、ひょうごレザーとデザイナーがひとつになり、『ひょうご天然皮革を世界へ』をスローガンに海外進出を目指す試みも実施。
「パリメンズファッションウィークFall-winter 2019-20」出展するとともに、セレクトショップ Bows & Arrows / Japan-Best にて、レザーバッグ、アクセサリーブランドURBAN BOBBYポップアップショップを開催し、手ごたえを得ています。
兵皮連プレスリリースより.jpg
展示会で好評だったのが、和牛を生かした新企画。

海外でも広く認知される高級和牛、神戸ビーフを利活用した製品化・ブランド化も推進しています。旨味のもと、サシと呼ばれる脂肪交雑、皮の厚みなどにより、和牛の製品化は困難といわれますが、姫路の秀逸な技術力で突破。個体識別番号で管理するなど、牛皮の選別から取り組み、姫路に伝わる伝統技法「白鞣し」により革の強度を高めているそう。脂肪分をあえて残して仕上げることで色合いに深みが。
「姫路の革づくりの歴史、技術を象徴する白鞣しの魅力もアピールしていきたい」(大垣昌道さん)。そのようすが「産経新聞」で取り上げられ、話題になっています。

leatherfes100-18-747x497.jpg
(画像:「東京レザーフェア」公式サイトより)
「東京レザーフェア(TLF)」を主催する資材連 理事長 富田 常一さんもご来場。「東京レザーフェア」のSNSでは、革半纏のプロジェクトを3分間にまとめたスペシャルムービーを公開し話題となっています。
TLF100 半纏.jpg
「江戸の町火消しが使ったといわれる長い半纏をモチーフに赤・白・黒の3色でつくりました。SNSでは数多くのシェアにより拡散され、ソーシャルなプロジェクトになったことを感謝申し上げます。富士小の生徒さん、岩倉高等学校ダンス部メンバーをはじめ、多くの皆さんと記念すべき第100回をともに祝うことができて万感の想いでした!」と富田 常一さん。
レザー先進国 イタリアで皮革産業に携わるエキスパートたちからも「ニッポン」への惜しみない賞賛が。世界に誇る、日本のタンナーたちの新しい挑戦、ジャパンレザーのさらなる飛躍、ご注目ください!
「日本元気プロジェクト2019」http://www.kansai-inc.co.jp/ngp2019/
 
兵庫県皮革産業協同組合連合会 http://www.hyohiren.or.jp/
「東京レザーフェア」http://tlf.jp/
このエントリは、一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」とのシェアコンテンツです。
元記事・アーカイブ記事はこちらからご覧ください。
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

1/495 1 2 3 4 5 495

MAGAZINE

『装苑』2019年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top