Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

116 KLMオランダ航空の新ミールサービス『Anytime For You』

先日KLMオランダ航空のワールドビジネスクラス
【Anytime For You-お好きな時に】ミールプレゼンテーションにお邪魔してきました。

ワールドビジネスクラスのリニューアルに際して、各人のご挨拶及びプレゼンテーションがあり・・・

klm_180419_03.jpg

KLMオランダ航空本社の機内プロダクトやサービスについて詳細を伺い

klm_180419_04.jpg

ワールドビジネスクラスのフルフラットシートは、何と180度のベッドポジションまでリクライニングが可能で、しかも全長207センチ!!!もはや自宅のベッド気分です。

新機材のボーイングB787や一部のボーイングB777では機内wifiも利用可能で、各種最新技術を駆使した快適空間を実現。
旅行前なら英気を養い、帰路ならば完全回復を約束されたような環境だな、と思いました。

-----------------

コレクター垂涎のアメニティプロダクトも。

どれもデザイン性が高く、気分が高揚しそうなものばかり。

klm_180419_08.jpg

klm_180419_07.jpg

こちらも世界中にコレクターがいる、デルフトブルーミニチュアハウス。ずらっと揃うと迫力。

klm_180419_01.jpg

オランダと言えば美術や工芸品に関しても、実物を観てみたいような有名な作品が数多いので是非訪れてみたい国なんですが、
こうして機内アメニティやテーブルウェアなどのプロダクトからも、オランダの美意識を詰め込んだ妥協なしのクオリティを見せ付けられてしまうと 更に旅してみたい願望がムクムクと膨らみます。

------------------

そして空の旅のお楽しみはやっぱり食事~!

ということで、引き続き新ミールサービスのプレゼンテーション。

klm_180419_09.jpg

スターシェフを揃えてのミールサービス。

洋食・和食のテーブルウェアはカトラリー、おはし、お皿、カクテル用のマドラーにいたるまで、オランダの世界的デザイナーマルセル・ワンダーズのデザイン。

パッと目に飛び込んでくる華やかなテーブルウェアが女心を刺激...

オランダの日本料理店で唯一のミシュラン1つ星を獲得している「山里」の日本食総料理長である富川正則氏が考案した贅沢な和食の紹介も。

klm_180419_11.jpg

この日は会場にも富川シェフがいらっしゃって、お話を伺ったり、実際にサービスのメニューも振舞われました。

klm_180419_06.jpg

klm_180419_16.jpg

klm_180419_12.jpg

オランダ銘菓『ストロープワッフル』も。

klm_180419_14.jpg

食事から甘味まで本当に充実の内容。

klm_180419_15.jpg


新ミールサービス『Anytime For You』では、通常の食事に加えて好きなときに、好きなものを頼める無料ミールサービス。お料理4種、デザートディッシュ1種から選べます。

自分のタイミングで好きなものを食べられる(しかも選べる!)なんて、夢のよう!

klm_180419_13.jpg

着陸直前に提供されるという緑色でキュウリが入った「グッドバイドリンク」。

青汁...? と一瞬たじろぐ見た目ですが、これが美味しくて元気がでるそう。飲んでみたかった。

klm_180419_02.jpg

KLMオランダ航空公式サイト

99 エールフランスビジネスクラスの機内食スケッチ

シャルル・ド・ゴール空港見学ツアーの番外編。

シャルル・ド・ゴール空港では、バレンタインに向けてフォトスポットもオシャレ。
プロカメラマンが撮影してくれるイベントも開催されたとか。
16681487_1220940187972228_5875228088639741019_n.jpg

つかの間ですが、市内にも行く事ができました!
af_cdg20170209_40.jpg
パリの空気吸ってきた~泣

帰りのフライトは、ビジネスクラスで超快適に。

行きは余り寝付けず、真冬の大地の景色を眺めておりました。
地球すごい。

16711528_1220940087972238_1078390421649497755_n.jpg

前回のビジネスクラスのブログリポートの時は、泥のように寝てしまい、いろんなことが出来ず悔いが残ったので、今回は目に焼き付けてきました。
(因みに前回のエールフランスビジネスクラスのブログ ←設備などもこちらにリポートしてます)

お腹も空いていたので、ゆったり美味しくいただきましたー^^
今回のシェフが担当した魚料理を頼まなかったのが反省点。

AF_dinner600.jpg

完全に乗り遅れ気味の【ゴジラ】を鑑賞し、前回できなかったリフレッシュメントを。

満たされる~ アジアンヌードルも食べてみたい。

af_seat201702_600.jpg

そして一眠りして朝食。

パン美味しい。全く動いてないのにこんなにモリモリ食べてしまうなんて。
でも...ビジネスクラスのチャンスは堪能しないとね!

AF_breakfast600.jpg

・・・
ということで、想いは果たせました。
それにしてもこの快適さ...本当に凄い。

ビジネスクラスに乗りたいがために お仕事を頑張りたい。そんな快適さ。

エールフランス公式HP www.airfrance.co.jp/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

98 あたらしいパリ空港へ シャルル・ド・ゴール空港見学ツアー②

いよいよツアーが始まります。

広大すぎる空港の敷地は、電車やバスなど乗り物を利用します。

af_cdg20170209_41.jpg

空港内は様々な便利機能とフォロースタッフが待機。
機械操作などの不安もなし。

af_cdg20170209_07.jpg

パリのディズニーランドへのバスのチケット売り場も。
カワイイ子発見。

af_cdg20170209_339.jpg


こちらは2EターミナルのMゲートにある、エールフランス航空の付き添いなしで旅行する子供のための専用ラウンジ。

af_cdg20170209_06.jpg
本格的なオープンは今年4月になります。
世界中のエールフランス便を使って一人で旅行する子供の数は年間30万人以上。


そのうち、2016年には約6万人がCDGから旅立っています。エールフランスの子供専用サービス"キッズソロ"
そんな子供達のために生まれました。

空港で子供がひとり時間を過ごすのは、不安だし怖いし。ときに危険な可能性も・・・
送り出すご両親の心配もこの施設で解消!

af_cdg20170209_10.jpg

様々な年齢層の子供に向けて、遊具やおもちゃ、テレビゲームに本...
あらゆるものがあります。

af_cdg20170209_09.jpg

すごい。 気遣いの方向性が。
着眼点がユニークだし、なにより本当に安心。

-------------

昨年11月にオープンした アンスタント パリ では、本気で寛ぎを追求してきてます。

受付から早速スタイリッシュ。 洗練されている...

af_cdg20170209_08.jpg

アンスタント パリ の意味は"パリでのひと時"。

パリの高級アパルトマンをイメージしたインテリアです。
誰かのお宅に招かれたような雰囲気でゆったり過ごせます。
2EターミナルのLゲートにあります。

af_cdg20170209_11.jpg

中にはカフェテリア、図書室、リラックススペースなどオシャレで快適、開放感溢れつつ落ち着ける空間です。

af_cdg20170209_12.jpg

af_cdg20170209_13.jpg

af_cdg20170209_16.jpg

見学というか、話題のオシャレなスポットを探索してるようです。
小一時間寛ぎたい。

af_cdg20170209_17.jpg

そして、ながーーーーーい廊下の突き当たりに宿泊施設も。

af_cdg20170209_15.jpg

近未来的でモダンでクリーンなイメージの内装。
トランジット利用とは贅沢。

af_cdg20170209_21.jpg

ハイテクな機能も充実してそう。

af_cdg20170209_22.jpg

af_cdg20170209_18.jpg

そして4月に取材した[I love paris]。
そのときのブログ

af_cdg20170209_23.jpg

そして外へ。稼働中の航空機を間近にしばし興奮。

af_cdg20170209_24.jpg

みんな、明らかにテンションが上がっていました。

af_cdg20170209_25.jpg

エレベーターで地下へ。
そこには驚くべき広さの巨大地下空間。

af_cdg20170209_26.jpg

謎の新しい機械

af_cdg20170209_27.jpg

どうやら、バゲージハンドリングのシステムを更に改善し強化するという話のよう!

問題に対して全力対応! トラブルの可能性が減るのは本当に素晴らしい。

af_cdg20170209_28.jpg

再び地上にでると、送迎バスがスタンバイ。

af_cdg20170209_29.jpg

バスで向かった先はMの建物。

af_cdg20170209_32.jpg

ショッピングエリア。本当にカッコいい。

当然ながら、ショッピングエリアの充実振りは説明不用ですね
買い忘れたものも、お土産も大丈夫。

af_cdg20170209_31.jpg

見切れていますが中央に鈴木太朗さんの作品[WATER CANVAS]も発見。

このタイミングで拝見できるとは!

ここに噂の空港内美術館がありました!ピカソ展中。
入り口が一際目を引くデザイン。

af_cdg20170209_33.jpg

af_cdg20170209_34.jpg

クラクラするようなピカソの真作が旅人を迎えるんですね。贅沢。
思わぬ眼福に気分も高揚。

そして今回の取材のゴール、エールフランスラウンジ。

af_cdg20170209_35.jpg

ラウンジ内は有機的で落ち着いた雰囲気。
のんびり寛げそう。 もちろんドリンクやフードも大充実。シャワールームやリラクゼーションなど至れり尽くせり。

af_cdg20170209_36.jpg

af_cdg20170209_37.jpg

航空機マニアも楽しめる!

af_cdg20170209_38.jpg

というわけで。

新しく便利に進化を遂げたシャルル・ド・ゴール空港の施設をじっくり見学させていただきました。

利用客としてぜひ滞在してみたい施設もたくさんありましたし、
とてつもなく広大な空港とその機能や細かなデザインまで、改めて見ると 見応えがあるものも沢山。
わざとトランジットの時間を長めにして空港内探索も、面白いかも...などと思ったりして。

"空港で過ごす時間"について、じっくり考えるいい機会となりました。

盛りだくさんすぎて3万歩くらい歩いたんじゃないかという一日でした。

エールフランス公式HP www.airfrance.co.jp/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

1/17 1 2 3 4 5 17

MAGAZINE

『装苑』2018年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top