Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

100 必見のドキュメンタリー 『メットガラ ドレスをまとった美術館』

気が付けば装苑でのブログが100投のようで。
今後とも変わらずのご愛顧 どうぞ宜しくお願い致します!

100投目が『メットガラ ドレスをまとった美術館』とは個人的に感慨深いのであります。

met_2017add_01.jpg


本作は NYメトロポリタン美術館において開催される年に一度のビッグイベント。
アナウィンター率いるVOGUEが主催する、METの服飾部門の資金集めの為のパーティーなのですが。
レッドカーペットの見応えが他の映画祭やイベントと一線を画していて、VOGUE主催ということで、招待されるセレブリティも超豪華で個性的。

予告編だけでも血圧が上がります。


レッドカーペットを彩る装いはどれもトップメゾンがしのぎを削る最先端のキレキレのモードなドレスばかり!
その最高のドレスをセレブリティがスターオーラで着こなしちゃうわけですから、重力が発生して 時空がねじれます。 まるでパワースポット笑

METガラのレッドカーペットでは、トップメゾンのオートクチュールを纏ったセレブリティこそが、まさに見応えのあるアートなんだなあと思います。

firstmondayinmay_06.jpg

↑昨年かなり話題となったリアーナのこちらのドレス。
本作を構成するキーパーソンの1人ですね。
ドレスも鮮烈ですが、どんな大舞台においても余裕すら感じるリアーナの自信に満ちた表情!!

すごい。

firstmondayinmay_05.jpg

スタアってすごいな。

--------------------------

アカデミー賞ゴールデングローブ賞など映画賞でのドレスアップは、ファッションも女優の美しさを神々しいまでに引き立たせる脇役に徹している印象があります。
どれも最新最高級のオートクチュールですが、やっぱり女優が最高に美しく見える計算されつくした演出の仕上げ(コンサバな傾向)。

ちなみに過去描いたレッドカーペット時のケイトハドソン+ドレス。

女優all原寸170227.jpg

ハリウッド女優のドレスアップはこうでなきゃ・・・的、圧倒的華やかオーラでドレスに打ち勝つ存在感。


グラミー賞はミュージシャンの個性や世界観、主張を体現できるドレスをチョイスしますし、
レッドカーペットと一言で言っても目的が微妙に違ってきてすんごい面白いのであります。


私みたいな一般人は、トップメゾンの超モードなドレスに袖を通そうものなら、魂吸い取られそう。

というかんじで、METガラは

映画賞より服の個性とセレブリティの個性がぶつかって融合して誕生した何だか凄いものが観れる
最も刺激的なレッドカーペットだともいえます。

-----------------------

華やかなMETガラと同時に、ご存知美術展も行われます。
最高入場者記録を塗り替え続ける最高の展覧会。
本作でフューチャーされたのは2015年の『China: Through the Looking Glass』
中国がテーマの美術展とそれに先駆けて行われたMETガラ。を追いかける8ヶ月の記録。

firstmondayinmay_10.jpg

アナ・ウィンター氏と メトロポリタン美術館服飾部門主任キュレーター、アンドリューボルトン

演出・展示を巡ってのディープでナイーブな課題山積、【装飾】と【美術】の認識もだいぶギャップがある。
ひとつの展覧会を開くのに関係者の意識を共通のものにすることの難しさ 既に賞賛を得ている過去の展覧会を超えなければいけない重責などなど、恐らく撮影中 胃に穴が開いたんじゃないかと心配なメトロポリタン美術館服飾部門主任キュレーター、アンドリューボルトン氏の苦悩が後半キリキリと。
アナウィンターのMETガラパーティーの席次表作成なんて想像しただけで恐ろしい。
小規模な結婚式ですら悩ましいのに、出席者は全員セレブリティというMETのガラパーティー。。。
常人の心では折れてしまいそう。

アンドリューボルトン氏が、ジョン・ガリアーノ氏を訪ねる一連のシーンがありましたが、
自らが手がけたDiorのオートクチュールに再会したジョン・ガリアーノの「生き別れの子供に再会した」ような嬉しそうな顔に、こみあげるものがありました。
今観ても素晴らしいクリエイションだらけ。

firstmondayinmay_03.jpg

たくさんの貴重なアーカイヴ映像が観れて、夢中で観ていた当時の記憶がもの凄い勢いで再生されます。
90s後半~00s代のランウェイを愛する人には、もーたまらんことと存じます。
あとはウォン・カーウァイ映画。『花様年華』好きさんにも・・・私だ。
全編を通して胸が熱くなるドキュメンタリーです。


永きに渡り
【ファッションはアートか】【ファッションデザイナーはアーティストか】
という論争は大小さまざま、古今東西で繰り広げられ、永遠のテーマとでもいいましょうか。

【イラストはアートなのか】みたいなのか...?

この議題についても、何人かの著名なデザイナーにインタビューしています。
各人認識が様々で益々迷宮入りの永遠のテーマであります。

アートとファッション、親和性が高いようで、中心部は決して融合しないのか。どうなのか。
結構デリケートで深い議題なので、答えはぜひ映画を観て自分の中に見い出してみて欲しい内容でした。

firstmondayinmay_09.jpg

監督アンドリュー・ロッシキャスト
アナ・ウィンター、ウォン・カーウァイ、アンドリュー・ボルトン作品情報2016年/アメリカ/91分
Bunkamura ル・シネマ ほか2017年4月15日(土)より全国公開
『メットガラ ドレスをまとった美術館』公式サイト

©2016 MB Productio

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

99 エールフランスビジネスクラスの機内食スケッチ

シャルル・ド・ゴール空港見学ツアーの番外編。

シャルル・ド・ゴール空港では、バレンタインに向けてフォトスポットもオシャレ。
プロカメラマンが撮影してくれるイベントも開催されたとか。
16681487_1220940187972228_5875228088639741019_n.jpg

つかの間ですが、市内にも行く事ができました!
af_cdg20170209_40.jpg
パリの空気吸ってきた~泣

帰りのフライトは、ビジネスクラスで超快適に。

行きは余り寝付けず、真冬の大地の景色を眺めておりました。
地球すごい。

16711528_1220940087972238_1078390421649497755_n.jpg

前回のビジネスクラスのブログリポートの時は、泥のように寝てしまい、いろんなことが出来ず悔いが残ったので、今回は目に焼き付けてきました。
(因みに前回のエールフランスビジネスクラスのブログ ←設備などもこちらにリポートしてます)

お腹も空いていたので、ゆったり美味しくいただきましたー^^
今回のシェフが担当した魚料理を頼まなかったのが反省点。

AF_dinner600.jpg

完全に乗り遅れ気味の【ゴジラ】を鑑賞し、前回できなかったリフレッシュメントを。

満たされる~ アジアンヌードルも食べてみたい。

af_seat201702_600.jpg

そして一眠りして朝食。

パン美味しい。全く動いてないのにこんなにモリモリ食べてしまうなんて。
でも...ビジネスクラスのチャンスは堪能しないとね!

AF_breakfast600.jpg

・・・
ということで、想いは果たせました。
それにしてもこの快適さ...本当に凄い。

ビジネスクラスに乗りたいがために お仕事を頑張りたい。そんな快適さ。

エールフランス公式HP www.airfrance.co.jp/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

98 あたらしいパリ空港へ シャルル・ド・ゴール空港見学ツアー②

いよいよツアーが始まります。

広大すぎる空港の敷地は、電車やバスなど乗り物を利用します。

af_cdg20170209_41.jpg

空港内は様々な便利機能とフォロースタッフが待機。
機械操作などの不安もなし。

af_cdg20170209_07.jpg

パリのディズニーランドへのバスのチケット売り場も。
カワイイ子発見。

af_cdg20170209_339.jpg


こちらは2EターミナルのMゲートにある、エールフランス航空の付き添いなしで旅行する子供のための専用ラウンジ。

af_cdg20170209_06.jpg
本格的なオープンは今年4月になります。
世界中のエールフランス便を使って一人で旅行する子供の数は年間30万人以上。


そのうち、2016年には約6万人がCDGから旅立っています。エールフランスの子供専用サービス"キッズソロ"
そんな子供達のために生まれました。

空港で子供がひとり時間を過ごすのは、不安だし怖いし。ときに危険な可能性も・・・
送り出すご両親の心配もこの施設で解消!

af_cdg20170209_10.jpg

様々な年齢層の子供に向けて、遊具やおもちゃ、テレビゲームに本...
あらゆるものがあります。

af_cdg20170209_09.jpg

すごい。 気遣いの方向性が。
着眼点がユニークだし、なにより本当に安心。

-------------

昨年11月にオープンした アンスタント パリ では、本気で寛ぎを追求してきてます。

受付から早速スタイリッシュ。 洗練されている...

af_cdg20170209_08.jpg

アンスタント パリ の意味は"パリでのひと時"。

パリの高級アパルトマンをイメージしたインテリアです。
誰かのお宅に招かれたような雰囲気でゆったり過ごせます。
2EターミナルのLゲートにあります。

af_cdg20170209_11.jpg

中にはカフェテリア、図書室、リラックススペースなどオシャレで快適、開放感溢れつつ落ち着ける空間です。

af_cdg20170209_12.jpg

af_cdg20170209_13.jpg

af_cdg20170209_16.jpg

見学というか、話題のオシャレなスポットを探索してるようです。
小一時間寛ぎたい。

af_cdg20170209_17.jpg

そして、ながーーーーーい廊下の突き当たりに宿泊施設も。

af_cdg20170209_15.jpg

近未来的でモダンでクリーンなイメージの内装。
トランジット利用とは贅沢。

af_cdg20170209_21.jpg

ハイテクな機能も充実してそう。

af_cdg20170209_22.jpg

af_cdg20170209_18.jpg

そして4月に取材した[I love paris]。
そのときのブログ

af_cdg20170209_23.jpg

そして外へ。稼働中の航空機を間近にしばし興奮。

af_cdg20170209_24.jpg

みんな、明らかにテンションが上がっていました。

af_cdg20170209_25.jpg

エレベーターで地下へ。
そこには驚くべき広さの巨大地下空間。

af_cdg20170209_26.jpg

謎の新しい機械

af_cdg20170209_27.jpg

どうやら、バゲージハンドリングのシステムを更に改善し強化するという話のよう!

問題に対して全力対応! トラブルの可能性が減るのは本当に素晴らしい。

af_cdg20170209_28.jpg

再び地上にでると、送迎バスがスタンバイ。

af_cdg20170209_29.jpg

バスで向かった先はMの建物。

af_cdg20170209_32.jpg

ショッピングエリア。本当にカッコいい。

当然ながら、ショッピングエリアの充実振りは説明不用ですね
買い忘れたものも、お土産も大丈夫。

af_cdg20170209_31.jpg

見切れていますが中央に鈴木太朗さんの作品[WATER CANVAS]も発見。

このタイミングで拝見できるとは!

ここに噂の空港内美術館がありました!ピカソ展中。
入り口が一際目を引くデザイン。

af_cdg20170209_33.jpg

af_cdg20170209_34.jpg

クラクラするようなピカソの真作が旅人を迎えるんですね。贅沢。
思わぬ眼福に気分も高揚。

そして今回の取材のゴール、エールフランスラウンジ。

af_cdg20170209_35.jpg

ラウンジ内は有機的で落ち着いた雰囲気。
のんびり寛げそう。 もちろんドリンクやフードも大充実。シャワールームやリラクゼーションなど至れり尽くせり。

af_cdg20170209_36.jpg

af_cdg20170209_37.jpg

航空機マニアも楽しめる!

af_cdg20170209_38.jpg

というわけで。

新しく便利に進化を遂げたシャルル・ド・ゴール空港の施設をじっくり見学させていただきました。

利用客としてぜひ滞在してみたい施設もたくさんありましたし、
とてつもなく広大な空港とその機能や細かなデザインまで、改めて見ると 見応えがあるものも沢山。
わざとトランジットの時間を長めにして空港内探索も、面白いかも...などと思ったりして。

"空港で過ごす時間"について、じっくり考えるいい機会となりました。

盛りだくさんすぎて3万歩くらい歩いたんじゃないかという一日でした。

エールフランス公式HP www.airfrance.co.jp/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

5/35 1 3 4 5 6 7 35

MAGAZINE

『装苑』2018年1月号、11月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top