Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

58 ジュエリーブランドHARIM展示会へ

ユニセックスに提案するジュエリーブランドHARIMの新作展示会へ。
harim15-01.jpg


今回のキービジュアル。意味深であります。
harim15-13.jpg

昨年からHARIMのアクセサリーをつけてる人にやたらと遭遇し、性別問わずイイ雰囲気で身につけている様子を見る度気になっておりました。


こちらのお兄さんがデザイナーの加藤由将さん。
今年、東京から金沢へ拠点を移して益々ご活躍です。

スマートでサラッとしった雰囲気とは裏腹に、高い美意識と確かな技術の裏づけが取れるものづくりをなさる、今時珍しい硬派な仕事人^^
harim15-12.jpg


HARIMのアイコニックなフェザーのデザイン。
harim15-03.jpg

harim15-05.jpg


harim15-10.jpg

harim15-07.jpg
フェザーリングは私もゴールド愛用中ですが、性別年齢問わず通年で人気。
本当に美しいディティールで、繊細さ大胆さを絶妙なバランスで兼ね備えてて優秀。

本当に末端まで美しい処理で嬉しくなります。


モニタで気になってたアクセサリーも、実物見るとやっぱりかわいい。
harim15-02.jpg


今回の新作もドキドキしますよー。
なんか色っぽい。

harim15-06.jpg

harim15-11.jpg

harim15-04.jpg

こちらのリングも、シルバーっていうと無骨でワイルドにもなりそうで、三十代も後半の女には若過ぎるかと思いきや、
装着してみると、とってもあたりが柔らかくて温かみのあるフォルムがむしろ上品で、もしかして私の大きい手がどことなく華奢に見えるのでは...
という印象。 いいなあ...うん良かった。

harim15-09.jpg

ということで、今週末関西の皆さんに朗報。

梅田阪急で明日10月10日に来店イベントですって!!
ぜひお誘い合せの上、こぞってお越しください☆
詳細→「HARIM」デザイナー来店のご案内。


HARIM FBpage


----------------------
KITAJIKO SNS
sns_icons_home.pngsns_icons_insta.pngsns_icons_fb.pngsns_icons_twitter.png

56 CHANEL CRUISE 2015/16 IN SEOUL

シャネル2015/16クルーズ コレクション ショーの舞台はお隣韓国ソウル。


会場となった韓国ソウルの東大門デザインプラザ(DDP)は、建築家ザハ ハディドが手掛けた超未来的な大型展示・商業施設です。可愛らしく鮮やかな色彩とグラフィックなシルエットが織りなす、韓国のインスピレーションとシャネルらしさの巧みな融合。伝統衣装(韓服)からK-Popの美学に至るまで、カール ラガーフェルドが韓国文化を幅広く再解釈し生み出した、アバンギャルドでエネルギッシュなコレクションです(引用)。

chanel-cruise-show-2015-16-final-show.jpg

chanel-news-press-kit-by-karl-lagerfeld.jpg



最新のテクノロジーと儒教の文化が調和し様々な表情をみせる韓国ソウル。
シャネルのフィルターを通したコレクションは沢山の素晴らしい化学反応を起こしたかのようなカラーパレット。
ポップだけど伝統的な雰囲気を併せ持つテキスタイルが今回のストーリーを案内してくれてるかのようです。

chanel-cruise-seoul-2015-16-graphic-prints-1.jpg
以上 CHANEL NEWS

美しくも不思議な調和。この匙加減、バランス感覚がさすがのシャネルですよね。
ロゴマークを忍ばせて、絶妙の遊び心も健在。

02.jpg

29.jpg
アクセサリーやツイードのカラーも、やっぱり韓国を髣髴とさせる構成。
04.jpg


05.jpg

06.jpg
かなりのリサーチ、スタディを重ねたに違いない、歴史と文化を研究し尽くした答えだと感じます。


同時に樹脂など近代的素材を織り交ぜたり、フランスの贅沢なレースを組み合わせたり。
18.jpg
03.jpg

伝統工芸である、螺鈿細工をイメージソースとしたルックも。ホンモノを観れて嬉しい♪

28.jpg

装飾への繊細な美意識もシャネルの技術によってルックに落としこまれます。

19.jpg

こちらのスイムウェアは素材感が面白く、思わず凝視

17.jpg

31.jpg


バッグやシューズも、とっても素敵だったので、一気にどうぞ!
08.jpg

09.jpg

11.jpg

10.jpg

13.jpg

ネオンカラーがカワイイし新鮮。

16.jpg


↓こちらは、宮廷女官の枕からインスピレーションを得たバッグ。着眼点が面白すぎるしドラマを観てるのでは。というマニアックさではあります。

27.jpg

立体的で樹脂の造形が印象的なのフラワーモチーフがあしらわれていますが
こちらモデルのヘアアクセサリーなど、色々な箇所でリンクしてました。

23.jpg

↓↓ こちらのアイウェアも、リリーローズ・メロディ・デップの起用で話題騒然の。

14.jpg

chanel-eyewear-2015-mof-dsc8859.jpg

15.jpg

↓ こちらのバッグは今回一番高額バッグだそうで、仕様を伺うと
総刺繍on刺繍+ハンドペイントというオートクチュール並みの構え。
私の中ではアートピースの位置づけになる、特別バッグ...眩しい。

12.jpg

21.jpg

c0922.jpg

c0924.jpg

c0925.jpg

c0930.jpg

c0926.jpg
細部のディティールに至るまで、シャネルの精神と、クルーズコレクションの舞台である韓国ソウルに対する敬意が感じられる、とても素敵で楽しいコレクションを堪能させていただきました。
店頭でまた見かけるのが楽しみです!

01.jpg

-----

KITAJIKO SNS
sns_icons_insta.pngsns_icons_fb.pngsns_icons_twitter.png

52 シャネル 15-16AW オートクチュールコレクション② 「オートクチュール3D装飾」

前回はコレクションのテーマ「カジノと3D」について触れましたが
今回は実際に実物に触れ観察したレポートです。

オートクチュールコレクションが終了すると、息つくヒマもなくいくつかの世界の都市をプレゼンテーションして巡る旅に出るオートクチュールドレス達。
cchc1521.jpg
毎回、ラックに吊られたドレス達を目の当たりにするだけで、鳥肌がたつような言葉にならない感情がこみ上げます。
目の前にあるのは紛れもなく美のひとつの最高峰であるからして、しょうがない。

cchc1501.jpg

今回は、いつもの着席サロン形式のプレゼンテーションではなく、自由に回遊しながら気になるルックを存分に観察できるスタイル。
会場はグラン パレのカジノさながら、今回の為の特別な設えで世界観を再現。

cchc1503.jpg

↑↑↑ カーペットもシャネル仕様!

ボタンや糸などがカジノのコインや積み上げられたチップ、ダイスなどに見えてくる~
cchc1502.jpg

cchc1504.jpg

細かいところまで堪らない~毎回唸ってしまう...

ということで☆
本題のドレスのディティールについて。

cchc1514.jpg

cchc1513.jpg

cchc1520.jpg

毎度とにかく圧倒的な仕事量で息が詰まりそうな程美しい刺繍はいつもに増して迫力があり素晴らしかったです。
繊細なんだけど、美を凝縮して凝縮して凝縮される情報量が重力帯びちゃうっていうんですか、全く以って宇宙です。


今回、一番戦慄だったのがこちら。ブラックホールの塊みたいなパワーを放つこちらのドレス...
選ばれし美女だけにのみ着ることが許された伝説のドレス、とか言われても納得してしまいそうな。
普通の女は着れない近寄りがたいほどの気高いオーラw

cchc1519.jpg

とにかく今まで持ったドレスの中で最重量だとおもうんですが、どうでしょう。多分13キロ前後くらいあるのでは?
cchc1518.jpg
撮影の為に持っていただく手もプルプル震えておりました(本当に有難うございました!)。

着用モデルさんも今回はゆったりと会場を回っておりました^^
本当に豪華な装飾、豊かなライン、豊かな質感。モデルさんが纏うと益々生き生きとするのを見ると
やはり衣装は纏うものなんだなとつくづく。

cchc1511.jpg

ヘアメイクも今回はとっても特徴的。

official05.jpg

どんどん見ていきましょう。

cchc1515.jpg

cchc1517.jpg
こちらの美しいグリーンが一際鮮やかで目をひくルックは
ブラックジャックのテーブルのグリーンからインスピレーションを得た一着だそうです。

cchc1516.jpg

cchc1522.jpg

cchc1523.jpg

cchc1525.jpg

↓↓↓ さりげなくカジノのカラーパレット☆
粋だよ・・・

cchc1526.jpg

cchc1527.jpg

cchc1528.jpg

cchc1529.jpg

cchc1539.jpg

cchc1530.jpg

何シーズンか継続して素材を実験的に使用し表現の幅を広げている樹脂でコーティングしたレースのドレス。
こうやってちぎりっ放しの素材が独特の退廃的な美しさを演出してて面白い。
現代的で頑丈なイメージのこの素材で儚さ満点です。

cchc1531.jpg

cchc1540.jpg

ここにも美しい現代感のある素材。シャネルのオートクチュールにはこうして伝統を継承して進化し続け
新しいものを積極的に取り入れる体制が整っているように感じました。
その姿勢はごく普通に継続しています。
そういった素材と技術の美しい違和感を心から楽しんでいるようにすら見えます。

cchc1542.jpg

cchc1543.jpg

+++++

3DプリンタSLSを使用した3Dシャネルスーツについて前回触れましたが、
今回は装飾・刺繍での3Dについて。

左は比較的平面的なビーズによる刺繍、右の画像の中央部分の刺繍は立体的でZ軸方向に向かって装飾を増殖させるイメージ。
cchc1535.jpg
cchc1532.jpg
cchc1544.jpg

シャネルの3DなZ軸刺繍については、初めてオートクチュールのプレゼンテーションを観た数シーズン前から数多くのバリエーションを発表していて、立体に対する考え方が完全に日本人と西洋の感覚では違いがあるのだな、と思ったものです。

↓↓ 日本人は特に「層と積載」は好きな傾向にありますが、こういうZ軸方向への思いの馳せ方ってなかなか出来ないような気がします。(画像はCHANEL/HC14-15AW)
こちらは何度見ても息を呑む、物凄い衝撃とともに記憶に残ったドレスなんですがシークインを折ったり、こんな風に重ねたり、平面脳の私にはとにかく衝撃的だったのです。

34.jpg

話は脱線しましたが、
このような古いイメージに囚われない自由な感覚に伝統の超絶技巧がフュージョンすると
遊び心と新鮮な驚きに満ちた、珠玉の美が誕生するって了見なのです。

cchc1536.jpg

まさしく3D刺繍☆

cchc1537.jpg

氷柱を顕微鏡で見たみたいな幻想世界。これ纏うんですか...(ため息)



デジタルの寸分の狂いもない精巧な幾何学模様とはまた違う趣の
手仕事が織り成す味のある規則性がなんとも優雅。

cchc1538.jpg
デザイナーや伝統を受け継ぐ職人さんの感情や美意識が刺繍に宿るからこそオートクチュールの刺繍はこんなにも素晴らしいのかも。

最後はとっても素敵だったマリエ。
cchc1506.jpg

いつもの夢のような優雅で豪華なマリエとは一線を画す、端麗なホワイトスーツ。
おおー!ホンモノ!と思いました^^


そんなかんじで
今回も新しい発見がたくさんのオートクチュールコレクションでした。
これで半年間頑張れます。

この場をお借りして このような貴重な機会にご招待くださいました関係者の皆様に心より御礼申し上げます。



-----
KITAJIKO SNS
sns_icons_insta.pngsns_icons_fb.pngsns_icons_twitter.png

5/7 1 3 4 5 6 7 7

MAGAZINE

『装苑』2020年3月号、1月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top