Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

50 シャネル 2014/15メティエダール コレクション 「パリ-ザルツブルク」プレビュー

前回はパリ‐ザルツブルク メティエダール コレクションの新作ショートムービー「Reincarnation」について書きましたが(前回のブログ)、後編は銀座のネクサスホールで開催された特別プレビューのレポートです。

シャネルが2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクションの舞台に選んだのは、ロココ様式が壮麗なレオポルツクロン城。今回のショーはオーストリアの歴史からインスピレーションを得ています。(引用)
150617-35.jpg


こちらがショーの模様。凄い規模です。


そしてメイキング

シャネルの「Par affection」プロジェクトと称する 年に一回、シャネル傘下のクチュールアトリエの職人技術を駆使した作品を発表するプレタポルテコレクションがメディエダールコレクションなのですが、オートクチュール並の刺繍など、シャネルのアトリエの高度な職人技を惜しげもなく取り入れたルックや、毎回ガブリエル シャネルと その象徴的な出来事やアイテムに縁のある土地をフューチャーした豪華なコレクションとして様々な面で大注目なのであります。

----

と いうことで
東京のシャネル銀座ビル、ネクサスホールには「パリ-ザルツブルク」の世界観で満たされておりました。

150617-01.jpg

150617-02.jpg

150617-03.jpg

150617-04.jpg

150617-05.jpg

それぞれのカラーに染められたいくつかのブース、マネキンのウィッグまで完璧に整った空間デザインにまず圧倒されます。

こういったとことん作りこんだ空間や作品に出会う度に「ブログやっててよかった...」と幸せを噛み締める訳なんですが。今回もそんな感じです。パリのショーの空間にお邪魔なんかしたら倒れるな、といつも思いながら映像を観てます。

それでは、シャネル傘下のアトリエの職人さんの技術満載のコレクションを見ていきましょう。


いきなり真打登場、みたいなバニティバッグ。フェザーがあしらわれてバッグの中にもマークが。

150617-13.jpg

ワッペン的な立体感の強い装飾がとっても素敵。スポーティーでエレガントな印象。

150617-12.jpg

アクセサリーもとっても繊細で美しい。

150617-14.jpg

夢のようなパールのシリーズ。

150617-15.jpg

寄ります。幸せ。

150617-16.jpg

いつも思いますが、マネキンが美人。

150617-10.jpg

↓ヴァネッサパラディが持ってるビジュアルを見ていて、実物が見れて嬉しいシャネルジャケット斜めがけバッグ。

150617-09.jpg

150617-08.jpg

素敵。

150617-11.jpg

150617-21.jpg

150617-18.jpg

150617-19.jpg

150617-17.jpg

150617-20.jpg

150617-30.jpg

150617-27.jpg

150617-25.jpg

150617-07.jpg

150617-31.jpg

150617-26.jpg

150617-22.jpg

かわいすぎる。↑↓

150617-24.jpg

150617-29.jpg

150617-28.jpg

愛らしいモチーフやポップな色のアイテムでも、よくみれば見るほどディティールが美しく、凄みすら感じる職人技の集合体だったりして、そういった随所に高い技術力に裏づけられた伝統と経験がありながらの冒険や遊び心であって
このバランス感覚は一朝一夕では成しえないもので、まさにシャネルの真髄なのかもしれません。
上手く言えませんがとっても大事なことなのだろうな、と思いました(個人的に)。


最後は特設ウィーンカフェでお菓子を頂きました。
150617-06.jpg

幸せ。 ごちそうさまでした。

この圧巻のメディエダールコレクション、店頭展開は今月下旬。
素晴らしい職人技を、ぜひ足を運んで見てみていただきたいです。

CHANEL.COM

-----
KITAJIKO SNS
sns_icons_insta.pngsns_icons_fb.pngsns_icons_twitter.png

48 シャネル2015AWプレタポルテ 一日限りの"ブラッスリー ガブリエル"

シャネル2015AWプレタポルテコレクション。 

2015-03-04 01.40.jpg

Photos c 2015 by Karl Lagerfeld


パリのグラン パレにはこの日の為に一日限りのパリ風ブラッスリーがお目見え。
その名も【ブラッスリー ガブリエル】。
chanel-fall-winter-2015-16-ready-to-wear-decor.jpg

ブラッスリー ガブリエルに登場した"フレンチ コレクション"は"フランスらしさ"を前面に打ち出しシャネルのアイコニックなスタイルを現代に蘇らせます。
ブラッスリーのテーブルにつくのは カール・ラガーフェルドが「ニューブルジョワ」と称する人々。(引用)

chanel-fall-winter-2015-16-ready-to-wear-finale.jpg

全員の足元を飾るアイコニックなバイカラーのバックストラップシューズは、カール・ラガーフェルド氏曰く
「脚を美しく見せる、最も現代的なシューズと言えるでしょう」

chanel-fall-winter-2015-16-ready-to-wear-show-look-01.jpg

source CHANEL NEWS

ということで、先日日本でも一日限りの「ブラッスリー ガブリエル」がオープン。
コレクションを拝見してまいりました。
会場は丸の内【三菱一号館美術館Café1894】。

150616-01.jpg
高層ビルとの対比が美しい外観。ランチライムは人気でいつも一杯。
建物の中も、今回のコレクションテーマの「ブラッスリー」にこれ以上に無いほどピッタリ。
050616-02.jpg

妥協なき空間演出。毎回空気から本当に作りこまれてるので気持ちがグッと入って行きます。

050616-14.jpg

050616-03.jpg

お茶してるし。

050616-05.jpg

瞳のハイライトだってシャネルマーク。

050616-24.jpg

050616-13.jpg

一点一点がアートピースであろう感覚で毎回見て(鑑賞して)しまうアクセサリーやバッグ。

050616-06.jpg

050616-07.jpg

カトラリーバッグとセラミックプレートのクラッチ。遊び心満載で思わずウキウキしてしまう。

メニュー表だってこの通り。。コレクターならずとも「おお・・・!」と唸ってしまいます。

050616-11.jpg

宝石のようなバッグも。

050616-21.jpg

050616-23.jpg

まさに宝飾美術作品の域でため息しか出ない。

050616-22.jpg

コレクションルックも「ニュー ブルジョワ」のテーマを美しく解釈したシャネルらしい"フランチ コレクション"。

150616-04.jpg

050616-08.jpg

050616-09.jpg

050616-10.jpg

050616-12.jpg

シャネルならではの凝った装飾のディティールは今シーズンももちろん健在。

050616-17.jpg

050616-18.jpg

050616-20.jpg

050616-15.jpg

これらのコレクションが店頭に並ぶのが楽しみです。
ウィンドウディスプレイもどんな風になるか、今から気になります。


-----
KITAJIKO SNS
sns_icons_insta.pngsns_icons_fb.pngsns_icons_twitter.png

47 SAKIDORI France 2015 で印象派ゆかりの地に思いを馳せる

フランス観光開発機構が、フランス各地のパートナーを迎える恒例のイベント【SAKIDORI France 2015】を今年も開催、ということで 今回初めて伺って参りました。

第一部はシードルをいただきながらフランス各地の企業それぞれブースにて詳しく説明してもらいます。印象的だったのは、各ブースのパンフレットのクオリティ。写真やレイアウトがスタイリッシュで興味を引くものばかり。

05060901.jpg

第二部は会場を移動し、着席のディナー。

05060902.jpg

今年は名誉ホスト出展者パリ イル・ド・フランス地方観光局およびノルマンディー地方観光局と彼らのパートナーによる「印象派ゆかりの地」に焦点を当てた というディナーに舌鼓。
印象派の絵画にインスパイアされた料理は味は勿論、目にも嬉しい美しさ♪

05060904.jpg

映像でフランスの美しい観光地について、来年開催される[ノルマンディー印象派フェスティバル]についても説明を聞きます。
絵描きなので前のめり気味で聞き入ってしまいます。

05060905.jpg

フランス印象派といえば名画が多く、日々何らかのカタチで目にする機会も多いので絵描きならずともよくご存知の方が殆どかと思いますが、印象派芸術運動についてちょっとかいつまんで言うと

19世紀後半のフランスに発した絵画を中心とした芸術運動として、美術史において欠かすことの出来ないそれこそ美術維新ともいえるドラマティックかつ革命的出来事。な訳です。
美術史ではぜったいテストに出るところです。

今でこそアートはその表現を厳しく制限することなく、多岐にわたる感覚の表現を受け入れてくれる受け皿が整っております。自由です。

ですが19世紀の当時は そうではない王道の表現のみをよしとする保守的な思想が絶対的な権力を持ち、印象派と呼ばれる新しい表現に対する厳しい批判や圧力も相当なものでした。
しかしそれらに屈さず革新的表現で志を貫いた偉大なる画家達をバンバン輩出した凄い国なんですよね...フランスって。

印象派のルーツを体感してみたいなあ、気候や人々の気質はどんなだろう?
名画の舞台はどんな場所なんだろう?

などと映像とスピーチを聴きながら改めて感心しきり。

画家同士が描くポートレイトの話も、出てくる画家が伝説のひとたちばかりだったりと、
お話を伺うほどフランスの観光・芸術の規模の大きさにただただビックリです。

05060906.jpg

それにしても盛りだくさんのコンテンツ。満足する日程を組むとしたら何日くらい必要なのかしら?

05060907.jpg

そして、印象派ヘッドドレスのショーも。テーブルごとにお揃いの帽子を被って記念撮影など、とても暖かでステキなおもてなし♪ 皆さん楽しんでました。とっても和やかでいい雰囲気。

05060909.jpg

いくつかのヘッドドレスは、抽選で会場のゲストにプレゼント。
当選した女性もお似合でした^^

05060908.jpg

様々な肩書きの関係者の皆様が一同に介するこのような取材で、こんなに和やかムードの着席ディナーは初めてかもしれないです 笑 すばらしいホスピタリティ。
ますますフランスへ旅行したくなります。

05060910.jpg

フランス観光開発機構
http://jp.rendezvousenfrance.com/


KITAJIKO SNS
sns_icons_insta.pngsns_icons_fb.pngsns_icons_twitter.png

6/6 1 2 3 4 5 6

MAGAZINE

『装苑』2019年9月号、7月26日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top