Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

106 ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣 ジャパンプレミア

映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』の日本公開を記念したライブプレミアイベントが4月27日、東京藝術大学・奏楽堂にて行なわれ、2011年の公演以来、6年ぶりの来日を果たしたセルゲイ・ポルーニンが出席。

新ビジュアル画像.jpg

会場の奏楽堂にはたくさんの人!奏楽堂は実に15~6年ぶり、卒業式以来ですが こちら側は変わらない雰囲気。

本編上映後のステージでは、YouTubeで1,900万回以上も再生された独創的なパフォーマンス『Take Me To Church』を生披露し、続くトークコーナーでは、プレゼンターを務めたクリエイティブディレクター・箭内道彦氏と共にアートへの思いを熱く語った(引用)。

映画の余韻がまだあるのに、ご本人降臨しかもライブで『Take Me To Church』披露って...

ものすごい事ですよ。しかも直後にトークイベントも控えてます。
18156578_252140881920929_2629930773640274674_o.jpg

写真:ハービー・山口

トークでは会場が芸大ということもあって、アート観やアートを志す学生にメッセージといった内容でした。

ちょっと達観してるかんじの、アーティスト然とした意見を述べておられて
異端児でバッドボーイな印象からはちょっとかけ離れた受け答え。
色々あったけど到達した心境なのか、それとも・・・

ガラスのように繊細で優しい青年なのだろうなーという雰囲気は映画を通して伝わってきます。

普通の純粋で多感な年代の男の子の部分と、トップアーティストの部分がいびつにせめぎ合い、絶妙な危うさがあるんですが、彼の美しさをもってして耽美な少女漫画に出てきそうな ちょっと皮肉屋で影のある美少年のようだよ。

映画で観た彼の半生と、直後にステージに現れたご本人の表現力と躍動感には素晴らしく説得力があり

ビリビリ伝わってくるものがありました。

一朝一夕では到底到達できないその体の使い方であったり、パフォーマンスを最大限に発揮できる柔軟性や筋肉、纏うオーラまで。

文化として成熟を極めたバレエの国に生まれて
分厚い層の中で突出した存在として更に精進してるってどれだけ高み。。

幼少期からの鍛錬と恵まれた容姿も含めた輝かしい才能で芸術を体現してるんだもの、この方に言葉は要らないわーホント。

しかしこの目で動くセルゲイ・ポルーニンが観れて感無量。
意外に少年のような繊細な肢体で驚きました。

18121485_252141848587499_6194426040529232343_o.jpg

C-fEYTtUIAAHpvh.jpg

写真:ハービー・山口

みなさん興奮気味に会場を後にしてらっしゃったのが印象的でした。

--------------------------

映画のほうは、バレエドキュメンタリーとしてはちと異質。

セルゲイ・ポルーニンの幼少期からの映像・画像をたっぷり使った記録としても貴重な前半。

10歳くらいまでのポルーニン氏、天使です。

dancer_sub08.jpg

才能を端々から感じ、めきめき上達する美しい息子セルゲイ。

期待し全てを捧げる家族

プレッシャーに耐えながらも懸命に努力を続け、才能を開花させるのですが。


ご存知異端児・問題児としてのセルゲイ・ポルーニンというスターダンサーについて...

dancer_sub11.jpg

dancer_sub02.jpg


彼はどうしてスキャンダラスな存在になったのか。なにがあったのか。


という流れで。

これは芸術と家族、芸術と子育て、多感な時期をどう眺めるかというか

観る方の立場や環境で感想も大きく違うでしょうし、性差もありそうだし。

一概に言えない感じです。


そんなシリアスなテーマも漂いながら

優雅に舞うポルーニン氏の映像が眩しいくらいの美しさ。

dancer_sub06.jpg

dancer_sub05.jpg
よくもまあこんなに美しいバランスで存在してるなって感心致します。

誰もが酔いしれる素晴らしい才能、がありながら苦悩する美しいセルゲイ・ポルーニン氏の全てをぜひご覧下さい。

dancer_sub09.jpg

British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

◇ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣◇

監督:スティーヴン・カンター
『Take me to church』演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル
出演:セルゲイ・ポルーニン、イーゴリ・ゼレンスキー、モニカ・メイソン他
配給:アップリンク・パルコ
(2016年/イギリス・アメリカ/85分/カラー、一部モノクロ/16:9/DCP/原題:DANCER)
2017年7月15日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

■公式サイト
http://www.uplink.co.jp/dancer

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

104 エールフランスのコスチュームのアーカイヴからタラップのスターまで 「エールフランス航空-旅の美学-」

4月18日(火)より所沢の航空発祥記念館にて
企画展「エールフランス航空-旅の美学-」が開催中です。
大迫力の飛行機展示を横目に奥の凱旋門から展示スペースへ。
20170417_af_17.jpg

同時にアイテム展示やイヴ・サンローランやエリザベス・テイラー、ショーン・コネリーをはじめとする、エールフランス航空で旅する伝説的セレブリティの搭乗風景の写真展を同時開催。
その他 コンコルド関連資料(搭乗証明書・食器セット・機内グッズ等)まで、充実の内容!

ということで、前日の設営に特別にお邪魔させていただきました。

20170417_af_05.jpg

休館日の博物館で皆さん淡々とお仕事されておりました。

今回の展示の為に貴重な歴代コスチューム(制服)のアーカイヴを携えて、フランスからアーカイヴ担当者が来日。

中央がエールフランス本社のアーカイヴ担当の方。

エールフランスのユニフォームはクリスチャン・ディオール、クリスチャン・ラクロワ、クリストバル・バレンシアガ・・・などなど
ため息が出るようなメゾンが並びそれぞれ服飾資料としても貴重なものばかり。

アーカイヴ担当の方は手袋着用で大事にコスチュームをセットしておられました。

20170417_af_06.jpg
細かいフォローテクニックなど目撃できてとっても新鮮で楽しかったです。

20170417_af_07.jpg

見飽きない♪

20170417_af_09.jpg

↓こちらの「雲のイメージ」のスカーフが、とにかくトキメキました。

オートクチュールブランドの細部に宿るこだわりと美意識を制服に落とし込む。
衣装はもちろん機内のテーブルウェアやカトラリーなど細部からもフランスの心意気を感じます。

20170417_af_16.jpg

一方では写真展「エールフランスとタラップのスター」のセッティング。

20170417_af_11.jpg

↓鍵のついた厳重な木箱に貴重なセレブリティの写真がピッタリ納まっていました。
写真はどれも強烈なスターオーラを発する凄い写真ばかり。

20170417_af_12.jpg

旅立つセレブ、降り立つセレブ・・・ どれも華やか!

ジェーン バーキンとセルジュ ケンズブールの写真。
なんだこの恐ろしいほどのカッコよさと存在感・・・

20170417_af_13.jpg

展示ではこちらの捨身に解説もつくので、見入っちゃうこと間違いなしです。
時を経ても色褪せませんね。

ということで、設営完了で以下のようになりました!

20170417_af_04.jpg

20170417_af_03.jpg

20170417_af_02.jpg

20170417_af_01.jpg

航空関係に興味がある方はもちろん、服飾関係の学生さんなどにも大変おすすめの展示となっております!

ぜひ足を運んでみてください!

企画展「エールフランス航空-旅の美学-」
展示期間:平成29年4月18日(火)~5月28日(日)
場所:所沢航空発祥記念館 館内 展示室内
[所沢航空発祥記念館ウェブサイト]
費用:展示館通常入館料のみ

エールフランス航空

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

101 ミュシャの傑作『スラヴ叙事詩』が東京に

去年発表された『スラヴ叙事詩』20枚集結&展覧会開催の発表。
大きなニュースで業界騒然だったのは記憶に新しい。
ホントかな?いやいや来ないでしょ・・・などと、ちょっと動向が気になってしまった展覧会は後にも先にもこちらだけだったような。

mucha2017_17.jpg

いよいよこの日がきちゃった・・・ということで、かなり張り切って観に来ました。

あわわわ・・・・・・

mucha2017_05.jpg


やっぱりスラヴ叙事詩が観れるなんてにわかに信じ難く、自分の目で確認しないとっ!!

などと思っていましたが、目にした瞬間感謝です。

mucha2017_01.jpg

この『スラヴ叙事詩』を観たいがためにチェコ行きの機会を探り続けていた私は、ひとつの時代を創った偉大な芸術家としてアルフォンス・ミュシャから多大なる影響を受けております。

日本でのミュシャといえば、上品でロマンティックなドレスを纏った表情豊かで優美な美女
美しく咲く花々など有機的な装飾がまさにヨーロッパ的でアールヌーボーそのもの!

その天才的なデザイン構成力と豊かな画力に、絵を描くのが好きな子だった私は当然真似や模写しちゃいましたよね...。


というわけで、ミュシャの作品は その明快な優美さから日本でも大変人気で、知名度も抜群

下図がムハ様(チェコ読みではムハ。ミュシャはフランス語読みなんですって)
mucha2017_21.jpg
ミュシャ自身は、27歳でパリへ行き絵を学び、

34歳の時に、女優サラ・ベルナール主演の舞台「ジスモンダ」のポスターを手がけ、

アールヌーボーの申し子的時代の寵児としてパリで空前の大成功をおさめ

その後50歳で故郷のチェコにUターンして

16年の歳月を賭けて 国の為、民族の為に20点の連作『スラブ叙事詩』を完成させます。



『スラヴ叙事詩』は、最大縦6メートル、横8メートルという圧倒的スケールでスラブ民族の受難と栄光の歴史をキャンバス地に油彩とテンペラで表現。

mucha2017_03.jpg

mucha2017_06.jpg

mucha2017_08.jpg

相当な志がないとこんなチャレンジ到底達成できない!
ミュシャのモチベーション、この大作に賭ける想い、国への想いなどが大変なものということがビシビシ伝わってきます。
16年モチベーションを高めに保つってだけでも超人だと思います。
精神が肉体を超えてる芸術家だってことは 間違いない。

展覧会の設営も、とんでもない規模。SNSでの配信にドキドキしながら開催日までのカウントダウン。
(写真はミュシャ展twitterからお借りしています。)
mucha2017_01-02.jpg

mucha2017_01-03.jpg

mucha2017_01-04.jpg

mucha2017_01-01.jpg

バックステージレポート、好き過ぎてたまりません。

展覧会自体は、その作品の大きさにただただ圧倒されっぱなしです。
天使や神様のような色々超越した存在は、大きく描かれ益々偉大に、益々神然として、宗教画として最高に効果的だなあ~などと思いつつ。100余年前の作品とは全く思えない構図!新鮮でカッコイイとさえおもってしまう。
そして間違いなく現代のゲームやコミック映画など、ファンタジー関係のアートワークの原点というか礎というか。

眩しいくらいの幻想的な美しい色彩もさることながら、

特徴的なのは登場する人物の眼力かとおもいます。

目力つよすぎて、漫画っぽいと思う方も多くいらっしゃるかも。

この絵の「団結は力!」って言ってる、輪っかを持った手前の男性の
mucha2017_09.jpg

左下に居るかわいい子供の流し目!

mucha2017_09-02.jpg

ズーム。

嘲笑してるのか、期待の眼差しなのか

mucha2017_10.jpg

本当のところどうなの!?ねえ!

・・・などと、大作の中の無数の登場人物の意味や関係性だったり、

生き生きと意味深な表情に思いを馳せてたら
三回くらい観にいっても足りないかもしれないです。

----------------------

ミュシャといえば、淡いトーンでキラキラ美女と花が優美で少女漫画のような華やいだ世界~☆


という印象をお持ちの方も多いと思いますが、今回の『スラヴ叙事詩』では、夜の世界や影の描写など
光の階調と同じくらい、影の色幅の豊かさ、表現の深さも素晴らしかったです。



こちらの↓『原故郷のスラヴ民族』は、ホンモノの星降る夜空のようでしたし

手前のスラヴ民族のアダムとイヴの浮き上がりも本当に幻想的。

いきなりカミナリに打たれるような衝撃。

mucha2017_19.jpg

目力!!!! 夢に出そう。

mucha2017_20.jpg

緊張感や息遣いが伝わってきそうな表情に思わず目を奪われ

↓このくさりかたびら?の質感にも目を奪われ。気になってきて解説資料をさがす。。

mucha2017_18.jpg

昔はテレビなどの視覚メディアは無いものの
やはり読み書きが出来ない庶民にも、民族の歴史や宗教の逸話を伝えシェアする必要があり


一枚の絵に壮大なエピソードを込める為に 様々な要素を描き込み時に記号化し
「ああ、これはあの場面だな」と万人が理解し易い様に、かつ威厳は損なわず。

絵画はそんな視覚伝達の重要な使命を持ったメディアだったので。

ミュシャの本作における気合いは想像を絶するものだったことと想像できます。

----------------------------

展覧会は四部構成。

mucha2017_12.jpg

mucha2017_13.jpg
アールヌーボーの仕事や、下絵など資料としても貴重な展示が多数。
100点からなるかつてない規模の展覧会でした。

mucha2017_15.jpg

mucha2017_14.jpg

図録も。内容充実、かなり安いです。
mucha2017_16.jpg


間違いなく、ことし一番の混雑必至の展覧会ででありましょう。
早めの鑑賞をお勧めいたします!


会期:2017年3月8日(水)~6月5日(月)
休館日:毎週火曜日
開館時間:午前10時~午後6時
会場:国立新美術館企画展示室2E
主催:国立新美術館、プラ八市、プラ八市立美術館、NHK,NHKプロモーション、朝日新聞社
後援:外務省、チェコ共和国大使館、チェコセンター
協賛:日本写真印刷
特別協力:伊藤忠商事株式会社、堺市
協力:ルフトハンザ カーゴ AG
監修:ヴラスタ・チハーコヴァー(美術評論家)、本橋弥生(国立新美術館主任研究員)

『ミュシャ展』公式サイト:http://www.mucha2017.jp/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

1/9 1 2 3 4 5 9

MAGAZINE

『装苑』2017年6月号、4月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top