Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

112 マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年

数々の伝説をもつイギリス発のシューズブランド「マノロブラニク」。

blog171125_01.jpg


世界中の女性が恋するこの有名過ぎるブランドを手がけるデザイナーのマノロ・ブラニク氏について
幼少期の思い出から若き日の輝かしい交友関係
現在までのクリエイションを余すことなく盛り込んだ贅沢なドキュメンタリーである今作。

ここ数年、ビッグメゾンや重鎮にフォーカスしたドキュメンタリー映画が本当に豊作で
ブランドの世界観や交友関係、トップを走り続けるデザイナーや表現者の ものづくりに対するビジョンが語られ、時代の流れとともに変わらないもの・消費されるものが浮き彫りになったり。

そんな中数十年ずっとトップをひた走るモチベーションとバイタリティをマノロ・ブラニク氏には感じずにはいられなかったです。

blog171125_03.jpg

私が語るまでも無くマノロブラニクの靴と言ったらアンタ...泣く子も黙る印籠のようなエピソードが数え切れないほど。

個人的には大女優アンジェリカ・ヒューストンと共にVOGUEの表紙を飾ったマノロ・ブラニク氏のエピソードにもグッっときましたし。

blog171125_13.jpg


それはもう、交友関係だけで映画が数本撮れそうな豪華さで
映画を鑑賞しながら次々と登場するセレブリティに呆然。

blog171125_05.jpg

blog171125_09.jpg

ドラマSex and the Cityでは主人公キャリーがマノロマノロって何度叫んだことか。
ひったくりに遭うエピソードを観て少々ショックだったことが鮮明に思い出されます。

ソフィアコッポラの映画『マリーアントワネット』のシューズがマノロブラニクというエピソードでも、華麗なアーカイヴの連続で眼福。

blog171125_07.jpg

アナウィンター氏がマノロブラニクを語る姿は、いつもとちょっと違って恋する少女のような語り口調で。
全体を通してみんなアイドルファンっぽい。
それだけでマノロブラニクの靴の素晴らしさ、引力の強さが推し量れる。

blog171125_04.jpg

少年時代を思い出させる庭園でのガーデニング、植物を愛でてインスピレーションを得る少年のような表情

blog171125_02.jpg


デパートで自身の靴や写真集にサインをしたり顧客サービスするマノロ・ブラニク氏の柔らかな姿

blog171125_11.jpg

それらとはまた全く別の
工房で無心で作業に勤しむマノロ・ブラニク氏の人を寄せ付けない職人の顔も印象的。

blog171125_06.jpg
どれもまぎれもない素顔なんだろうな、と思いながら映画を眺めておりました。

blog171125_14.jpg

12月23日(土・祝)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー!
監督・脚本:マイケル・ロバーツ
出演:マノロ・ブラニク、アナ・ウィンター、リアーナ、パロマ・ピカソ、シャーロット・オリンピア、イマン、
アンジェリカ・ヒューストン、ジョン・ガリアーノ、ソフィア・コッポラ、ルパート・エヴェレット

2017年/イギリス/89分/原題:Manolo: The Boy Who Made Shoes for Lizards
配給:コムストック・グループ 
配給協力:キノフィルムズ


(C)HEELS ON FIRE LTD 2017

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年4・5月合併号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top