Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

107 メタリックな光沢に酔いしれる シャネル2017春夏オートクチュールコレクション 前編

カンボン通り31番地を包むアールデコの雰囲気と、マドモアゼル シャネルが自らデザインした有名な鏡張りの階段に戯れる光。これらにインスパイアされた2017春夏 オートクチュール コレクション ショーの舞台が、パリのグラン パレに登場しました。

Chanel_HC17ss_34.jpg

CHANEL NEWS

ステージの中央に屹立するのは、無数の鏡で装飾された巨大な円柱。

床に敷き詰められたスモーク仕様のガラス ミラーが、シャネルを象徴するキルティング パターンを形作ります。

Chanel_HC17ss_33.jpg

CHANEL NEWS

大輪のカラーの花の香りが会場を包み、華やかさを添えています。鏡を張りめぐらせたこの壮大な会場は、カール ラガーフェルドがデザインした約70点のルックを発表するのにふさわしい完璧なステージでした。(引用)

Chanel_HC17ss_36.jpg

CHANEL NEWS

今回もパリのグラン パレはカンボン通りのシャネル本店のような空間となり、更に夢のようなドレスの数々がこの完璧な舞台で発表されました。

Chanel_HC17ss_37.jpg

CHANEL NEWS

毎度のことながらこの無双ぶりには終始圧倒されっぱなし。

このフィナーレを飾ったルックも、物語から飛び出してきたような美しさ。

Chanel_HC17ss_35.jpg

CHANEL NEWS

というわけで

今期も半期に一度の聖地巡礼へ行って美の充電をして参りました。

豪奢なブーツがお出迎え。

Chanel_HC17ss_19.jpg

中央には優雅で軽やかなフェザーとミラー加工のシークインの高密度刺繍が眩しい華やかなドレスが。

Chanel_HC17ss_38.jpg

会場には、今最も輝いているオスカー女優、エマ ストーンが英国アカデミー賞で着用したドレスが展示。

額装された装飾のサンプルとともに奥に鎮座。

Chanel_HC17ss_01-02.jpg

Chanel_HC17ss_01.jpg

あのドレスの実物! 豪華な刺繍の細部に至るまで、好きなだけ観察致しました。

Chanel_HC17ss_01-03.jpg

今回のキーとなる素材はメタリック・ミラー・大きめのビジュー、シークインなど。
とてもハードな素材ながら、繊細な色調やシックでミニマルなフォルムのドレスによってハード感相殺。

ハードな素材やモチーフを、絶妙な按配で上品に落とし込む高度なセンスと技術がシャネルたる所以なのでしょうね。

--------------

目の前のこの嘘のように美しいドレスを

Chanel_HC17ss_12.jpg

モデル着用も見れる!!!

モデルが袖を通したドレスは、女体の立体的で滑らかな曲線に沿って更に魅力を増します。

Chanel_HC17ss_15.jpg

モデルが動く度にそれはもう信じられないくらい優美に揺れるオーガンザとフェザー。

目の前の美に酔いしれてずっと眺めてられる。3時間くらいお酒飲めるわ。

これが美といわずして何だって言うんだ。

Chanel_HC17ss_05.jpg

ということで!
次回後編はディティールについて!

宜しくお願い致します。

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年10月号、8月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top