Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

ART trip to Vienna #12 ウィーンのカフェ文化

ウィーンの「カフェハウス」ユネスコの無形文化遺産にも登録されている、守り続けるべき文化として人々とともにあります。

cafevienna1_00.jpg

つい最近、日本の「和食」が無形文化遺産に登録されたので、なんとなく想像はつきやすいかもしれません。

ということで
ウィーンに行ったら、何はともあれ「カフェ」と「美術館」!と思ってた私は、出来る限りカフェに行ってみました。

まずは、ウィーンのカフェのなかでも老舗中の老舗 トラディショナルな有名老舗カフェ【カフェ シュペール】。

Café Sperl  Gumpendorfer Str. 11, 1060 Wien, Austria

cafevienna1_26.jpg
1880年創業、ウィーンにおけるカフェハウスの伝統 を今日まで守り続けています。
クリムトやレハールも常連だったそうなので、

何かしらあやかりたいということでウィーンカフェ一発目はシュペールです。

「敷地の角に入り口」スタイルの独特の伝統的なカフェ建築。一区を見る限りかなり多いです。
カフェ自体も相当数存在していて、どこも地元の方から観光客で賑わっています。

そのせいか、ウィーンにおけるスタバの控えめさが凄過ぎ。

cafevienna1_25.jpg

この日は入り口に「カフェ協会の舞踏会」告知ポスターが。

cafevienna1_32.jpg
こちらはウィーンのカフェがこぞって参加の如何にも素敵そうな大人気の舞踏会ということでした。
舞踏会も観光客向けなど参加可能なものもあるとか。ダンス必須でしょうけど...

こちらのカフェシュペールは、ガイドブックにも載っている超有名店なので活気があります。

cafe-sperl-vienna.jpg

伝統的なカフェには、新聞吊るしや大きな鏡などがお約束で設置されています。
理由については諸説あるようですが、大きな鏡はウェイターさんが店を見渡しやすいように、とか広く見えるようにとか。
お店の構造は、思い出しスケッチで恐縮ですが、恐らくこんな感じ。


カフェシュペールに限らず、角地のカフェは割とこんな構成が多い。

角カフェ640.jpg

ウィーンのコーヒーの種類は20種類以上とも言われていて
どれも美味しそうなのですが、ケーキが大きいのでどうしても基本のメランジュを頼んでしまう。

cafevienna1_08.jpg

コーヒーについて精通してないので、細かい事はわからないのですが
とってもケーキに合うので大好きです。

そして日本のようにお水のサービス。ただしアルプスのお水(普通に美味しいし口直しになる)。

コーヒー種類01640.jpg

他にもいくつかご紹介。

有名人の名前を冠したコーヒーは、アルコールリキュールが入って更に特別感があります。

コーヒー種類02640.jpg

ウィーンに於ける生クリームは甘くないのですが、
コーヒーのクリーム濃度の調節に思いっきり入れてる印象。甘さはかなりお好みで調整と言う感じ。

コーヒーひとつに本当に色々な種類があって、若者からご年配、家族連れまで

思い思いにそれぞれの時間を過ごしているカフェ。

文化として興味深いと思います。 無形文化遺産なの納得。

勿論軽食もありますが大量の炭水化物でかなりパンチある。 

cafevienna1_03.jpg

次回はケーキについてです。

オーストリアの観光情報はこちらから。http://www.austria.info/jp

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram


MAGAZINE

『装苑』2019年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top