Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

87 今こそ知りたい!フランス アルザス/ロワール/ミデ​ィ・ピレネーの魅力

お彼岸だというのに高温多湿で滅入ります。
そんな中、フランスのアルザス、ロワール、ミデ​ィ・ピレネー地方の観光担当者の来日に伴い、三都市について詳しく伺ってまいりました。

アンスティチュ・フランセ東京 ブラッスリーが今回の会場。
素敵な緑たっぷりの庭と建物がいい雰囲気です。

160923_france_03.jpg

内装も落ち着く。ワインセラーがやはり立派。
160923_france_05-02.jpg


ロケーションも手伝って、会場は参加者と主催側の距離も近く、ほんわかムード。

フランス観光開発機構 在日代表 フレデリック・マゼンク氏の挨拶からスタート。

淀みなき流暢な日本語に毎回聞き入ってしまう。

160923_france_08.jpg

マリー=レーヌ・フィッシャー氏(アルザス地方観光局)

160923_france_09.jpg

ピエール=アラン・ロワロン(サントル・ヴァル・ド・ロワール観光局 会長)

160923_france_10.jpg

ジャック・ダウラス(ミディ・ピレネー地方観光局広報部長)

160923_france_11.jpg

アルザス、ロワール、ミデ​ィ・ピレネーの特色や現在の観光トレンド、今後予定しているイベント情報、食もアートも宿もアクティビティも!
どの地域も「これでもか!」といわんばかりの推しポイントがとめどなく溢れ出るさまは、
フランスという国の底知れない観光ポテンシャルを感じます。

四月にパリに行ったけど、まるで違う世界のような、目くるめくプレゼンテーションにどんどん引き込まれました。

会場はパワポを使って、3地方の魅力についてQ&Aで画像を見ながら分かりやすく解説。

160923_france_12.jpg

フランス観光開発機構広報チームのお二人の和やかなプレゼンテーション★
リラックスムードで3地方のトピックスを教えてくださいました。

160923_france_07.jpg

160923_blog01.jpg

場所を把握。地図上の配置からみても、個性のありそうな3地方だろう予感がします。

それぞれ有する世界遺産についても、歴史的価値や地域のこころみなど、詳しく。

160923_blog04.jpg

リバークルーズも、スケールがすごい。船からチラチラ見える小さな村が、物凄く雰囲気が素晴らしかったり。

何て気持ち良さそうなんだ。 トレッキングにも興味が出てきたので、凄く興味が・・・

160923_blog09.jpg

160923_blog08.jpg

↓こんな絶景ホテル、泊まってみたい。(取材というより個人の意見)

160923_blog07.jpg

こちらは、絶対美に包まれること必至の ヴィラ・ルネ・ラリック。
聞くと6の客室全てがスイートルーム、レストランは星つき。

160923_blog06.jpg

絶対に外せない楽しみの一つ、美食ももちろん詳しく。

食べた事のない郷土料理や、日本でも人気の料理も現地で食べるとどんなギャップがあるかしら、など
妄想は尽きないです。

160923_blog10.jpg

160923_blog17.jpg

160923_blog18.jpg

取材しにきたつもりが、私だったら何したいかの妄想に終始していたような...

3地方の見どころ解説を終えて、地方料理とワインを囲む懇親ビュッフェ。

和やか。

160923_france_05.jpg

そしていつも美味しい。

160923_france_02.jpg

160923_france_01.jpg

フランス観光開発機構 http://jp.france.fr/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

86 シャネルクルーズコレクション 舞台はキューバ・ハバナ

シャネルの2016/17クルーズ コレクション ショーの舞台となったのは、キューバの首都、ハバナのプラド通り。

chanel-cruise-2016-17-show-decor.jpg

夕刻から夜にかけてのショーだったようです。

映像を眺めるだけでも凄くいい雰囲気でした。

chanel-cruise-2016-17-show-finale.jpg

そんなわけで、都内での展示会の模様です。

会場に足を踏み入れると、そこはキューバ・ハバナです。

20160913_chanel_01.jpg

屋外にはカクテルが頂けるバーも。

20160913_chanel_27.jpg

ドリンクもキューバ色濃厚! 亜熱帯東京にてダイキリが実に美味い。

早速コレクションを拝見致します。

カラーパレットは、英雄チェ・ゲバラのイメージからのミリタリーなカーキの色調・南国の花を髣髴とさせるカラフルなイエロー・ピンクなどなど。 カーキ×ピンクはとっても雰囲気があって素敵。さりげなくホワイトも効果的に刺してきて、今回もテーマの土地を徹底スタディの香り。

20160913_chanel_04.jpg

ミリタリーなアイテム達はやはり今回のコレクションを象徴する雰囲気で印象的でした。

20160913_chanel_08.jpg

20160913_chanel_25.jpg

20160913_chanel_26.jpg

20160913_chanel_18.jpg

結構あった、カーキもの。 シャネルのミリタリーは不思議な魅力。

↓↓ おお・・・ スリッパまで・・・!!

20160913_chanel_10.jpg

眺めているだけで楽しいルックに、行ったことも無いキューバに想いを馳せます。

20160913_chanel_05.jpg

20160913_chanel_02.jpg

懐かしい気分になるソックスとエレガントなシューズ

20160913_chanel_03.jpg

Tシャツも印象的でした。 ツイードスーツとのスタイリングも新鮮♪カラーがパステルだし。

20160913_chanel_15.jpg

プリントもののテキスタイルも、毎シーズン密かに楽しみにしているポイントなのですが、今回もクラッシックカーの絵を大胆に配置した色彩豊かなテキスタイル。
ドレス以外にも スイムウェアや、男性の纏っていたガウンなどもあり、かなり派手でかわいい。

20160913_chanel_11.jpg

もちろんウットリするような仕事も満載です。

20160913_chanel_06.jpg

アーティー★

20160913_chanel_07.jpg

20160913_chanel_16.jpg

20160913_chanel_19.jpg

20160913_chanel_20.jpg

揺ぎ無いものは押さえつつ、新たな挑戦にも積極的という姿勢はずっと変わらず。

20160913_chanel_21.jpg

バッグやシューズ、アクセサリーも豊富でした。

こちらはアートピースでありコレクターズバッグの一点。
過去のアートピースなバッグのアーカイヴを並べただけで、美術館で展覧会ができます。
見応えありそう。
20160913_chanel_13.jpg

そのほかのプロダクトもどうぞ~

20160913_chanel_22.jpg

20160913_chanel_14.jpg

20160913_chanel_17.jpg

20160913_chanel_24.jpg

素材のユニークさはもちろん、マスキュリンフェミニンといいますか、
勲章やコルク、シューズやパナマ帽など、男性キーワードなモチーフをアレンジしており、興味深かったです。

20160913_chanel_23-02.jpg

Chanel Cruise 2016/2017

Photo・Karl Lagerfeld 

Model・Mica Arganaraz

Chanel

20160913_chanel_a.jpg

20160913_chanel_b.jpg

11月には店頭にて展開予定だそうです。待ち遠しい。

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年7月号、5月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top