Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

Paris et moi #14 パリの理想的なロケーション デザインホテル 5Codet(ル サンク コデ)

5Code(ル サンク コデ)はアンヴァリッドとエッフェル塔に近い、シックな7区の中心部に佇む5つ星ホテル。

5codet_01.jpg
1930年代の建物をもとにジャン=フィリップ・ニューエルによって設計され、5Codetには至るところにアートを用いた客室の展開。もとはフランス・テレコム社の社屋で、建物の半分はいまだフランス・テレコム社とのこと。

現代的で温か味のある木調デザインのロビー。
5codet_02.jpg

フランスは本当に歴史を感じる古い建物が現存していて、こうやって内装をリノベーションして店舗や住宅などにしているケースが多いです。

足を踏み入れるとやたらとハイテクで驚くこともしばしば。

5codet_03.jpg

素晴らしい中庭。(中庭?)
暖かくなったらこちらで食事やお茶したくなりますよね。

5codet_05.jpg

↑↓ 中央の白い機械は傘らしく、暖房も装備されてるらしい。雨でも真冬でも外という気合。

5codet_04.jpg


というわけで、館内も案内いただきました。


モダンだなあーーー!高い天井が開放的。
5codet_08.jpg

壁掛け可動式のテレビ。各種操作はスマホで。 
なにげに至るところにハイテクギミック満載!!
これはインテリアはじめ建築好きにも機械好きな現代っ子にはたまらん仕様です。
5codet_09.jpg

見学していた皆さん建築大好きメンバーで、異様な盛り上がりをみせる5Codet見学会。

浴室へ。すべて最新!! ある意味パリっぽい??

5codet_10.jpg

興奮気味に次の部屋へ向かう一行。
スパとジムもございます。 マシンもこれまた凄くハイテクそうでした。
5codet_18.jpg

途中の廊下にもエッフェルポイントが。

5codet_11.jpg

次に案内されたお部屋は
きゃーーーーーー!泊まりたい。

5codet_12.jpg

みなさん、こちらステキでした。 まずテラスに出ましょう。↓


わ~! 映画か...つばめまで飛んじゃって
5codet_13.jpg

ジャグジーもあるよ!涙

5codet_16.jpg

パノラマ撮影すると、こんな感じです。
エッフェル塔からの街並み~アンヴァリッド、最後に東の空に月。ため息でました。

こんな夢みたいな所に滞在かあー。・・・ ・・・ 妄想もはかどります。

5codet_17.jpg

ベッド周りには、絵画や写真があるのが統一されてるみたい。ベッド横のスマホでだいたいの操作を行います。

5codet_14.jpg

バスタブに浸かりながらアンヴァリッドが借景とか、とにかくすごい。

5codet_15.jpg

嗚呼、目だけが肥えていく。

-------

客室見学でテンションが上がり過ぎて、すっかり日も暮れ、お腹もすいたところで、ホテルのダイニングでディナーをいただきました。

デジタルな暖炉のムービーが面白い。

5codet_06.jpg

5codet_07.jpg

5codet_22.jpg

5codet_21.jpg

5codet_19.jpg

ゆったりと料理を頂きながら会話も弾む寛いだ大人の空間で、とても居心地がよく...



現代的な設備を搭載しながらも温かみと高級感あふれるホテルでした。
ぜひ滞在してみたいホテルのひとつとなりました。
5codet_20.jpg
-----------

5 rue Louis Codet Paris 7th
Tel: +33 (0) 1 53 85 15 60
www.le5codet.com
フォトギャラリーも。http://www.le5codet.com/photo

-----------

パリの観光情報はこちらから。http://ja.parisinfo.com/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

MAGAZINE

『装苑』2020年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top