Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

Paris et moi #12 アールヌーボーを巡るパリ散歩(後編)

前編から、アールヌーボーを求めてパリを散歩です。

華麗なるモザイク装飾に圧倒された歴史あるブラッスリー・モラールを後にした我々が次に向かったのはパリの老舗デパート【オ・プランタン】。

美しい外観。中も物凄いのですが、のちほど・・・

art_nouveau2_01.jpg

まずプランタンの屋上に上ってみました!
プランタンの屋上はオススメしてもらって、とっても行ってみたかった所!願いが叶う!

うわあーーーー!
art_nouveau2_04.jpg

art_nouveau2_03.jpg

「↓あそこはモンマルトルの丘でサクレ・クール寺院やアメリの舞台やら芸術関係の...」
モンマルトルの丘...あそこが...

art_nouveau2_05.jpg

やっぱり高いところっていいですね。無条件にテンションがあがります。お天気なら行くべきでしょう。

art_nouveau2_02.jpg

【街角スケッチ①】

女性おふたり。デパートは特にオシャレでキレイな人が多い。

マダム01.jpg

お次は黄金のエレベーターに乗ってプランタンのドームへ。

art_nouveau2_07.jpg


うわああーーー! (本当にそんなかんじ)

art_nouveau2_08.jpg

art_nouveau2_09.jpg

こんなん初めて観るわ~本物の迫ってくる感...

art_nouveau2_10.jpg

いちいち妥協なしの細かい装飾... 執拗なほどに繰り返される模様とライン。しかも立体的。

装飾細か過ぎで画像容量大きすぎて脳の容量が足りない。処理しきれない。

-------

お次はプランタンから程近い、銀行へ。
ガイドのソレーヌさんが口座をお持ちということで、すこしだけ見学。
こちらの画像は壁に貼ってあった資料の写真より。

art_nouveau2_14.jpg
こちらは撮影禁止ですが、とてつもなく素晴らしい建造物そして装飾でした。
銀行という事もあり、デパートの華やかさを荘厳さに変えて、心地よい威圧感とでもいいましょうか。

そしてギャラリーラファイエットのドームも外せない! ということで、移動。

現存するけど稼動はしていない、歴史的な建造物の一部が残っていたりして、歴史ある建造物を保存して残そうという気概が随所に感じられます。

art_nouveau2_12.jpg

こちらのドームもまた・・・高密度。

art_nouveau2_13.jpg

そんな訳で、想定を遥かに超えるスケールと密度を見せ付けられたアールヌーボーツアーなのでした。

アールヌーボーというピンポイントテーマがこんなに濃いとは...
街歩きと美術鑑賞を兼ねて、如何でしょうか。

【街角スケッチ②】

散歩した界隈はとりわけ人の多いところ。人間観察には飽きないわけで...

パリでは、中むつまじく手を取り合う中高年のカップル率がとっても高く微笑ましい。

しかも男性が幾つになっても全て荷物を持つ姿に男気をみる。

カップルのスケッチ640.jpg

恋人達や親子連れはどうやったってパリの街に祝福されてるかの如くステキだった。

パレガルニエのミュージアムショップでも、こんな本発見。

要約すると【どこでキスする?】っていう本だ! 
もちろんお土産に買ってとても仲の良いパリ好きなお友達夫妻に。

le_palais_garnier_21.jpg

こういうサラリとステキなことをやってのける気概が日本にはない文化よね。

パレ ガルニエのミュージアムショップは、バレエファンならずとも堪らない内容でした。こちらもオススメです^^

le_palais_garnier_20.jpg

le_palais_garnier_19.jpg

前編はこちら

-----------

パリの観光情報はこちらから。http://ja.parisinfo.com/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

MAGAZINE

『装苑』2020年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top