Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

Paris et moi #11 アールヌーボーを巡るパリ散歩(前編)

滞在中のとある日の午後。

ランチを済ませて次の待ち合わせ場所はサン・ラザール駅(Saint-Lazare)
art_nouveau_01.jpg


パリ旅ツアー(Paris Tabi Tours)ソレーヌさんと合流。アールヌーボーツアーの案内をしてくださいます。

art_nouveau_01-01.jpg

ソレーヌさんは、日本語が堪能なので、色々な疑問にも優しく答えてくれて、私のような初心者でもとっても安心して観光できました。

-------

サン・ラザール駅は、フランス国内の近郊列車の乗り入れもあるパリの主要駅の一つです。

art_nouveau_05.jpg

art_nouveau_05_01.jpg
1837年に開通したこの駅は、パリの中で一番古い歴史を持つ駅で、日本でいうなれば東京駅みたいな感じです。

駅に併設する建物も3フロア80の店舗からなる巨大駅ビルとして多くの人が往来しております。

公共のピアノもあるんです。絵になるなー。

設立された1837年以来のパーツを残す駅構内、光が降り注ぐ駅。

art_nouveau_03.jpg

あちこちのディティールにアールヌーボーが見受けられます。

↓この赤い天井なども当時のまま。

art_nouveau_02.jpg

ガラスに施されたノルマンディ地方の絵。こちらもアールヌーボーの特徴が色濃く。

art_nouveau_04.jpg

サン・ラザール駅を後にして、我々は駅から程近いブラッスリー・モラール(Brasserie Mollard)へ。

100年続く、老舗中の老舗です。

art_nouveau_06.jpg


外観も雰囲気満点だったのですが、驚くべきはその内装。衝撃です。

art_nouveau_07.jpg

モザイク画とタイル画で溢れた、徹底的に雰囲気が統制された空間。

ここまでやっていただけると、本当にきもちいい。

art_nouveau_09.jpg

art_nouveau_10.jpg

イタリアからわざわざモザイク職人を呼び寄せたという芸術的なモザイクの細工は、ブラッスリーのあらゆる箇所に。

art_nouveau_11.jpg

バリバリ当時の空気感を含んだ紛れも無い時代のテイスト...
ジャポニズムすら新しかったころのタイル画がまんま残ってるんですけど...。

art_nouveau_17.jpg

■...そもそもアールヌーボーって何だ!↓■

アールヌーボーは、19世紀に端を発する美術運動で、当時は【これぞ新しい芸術!!】とヨーロッパを中心に広がり、花や植物のラインを多く用いた有機的なラインが装飾として、絵画や建築、ファッションなどでヨーロッパ席巻したってブームがあったんです。

要は、ミュシャなどに代表される、雰囲気ですね。

そのあと、第一次世界大戦、第二次...と世界的に混沌とする情勢下で、
アールヌーボーのキレイで華やかで軽やかな世界観は時代にそぐわなくなっていくわけです。

そんなとき、ブラッスリー・モラールは壁を覆うなどして、一旦この装飾を封印してしまいます。

戦後、誰かが発見して「これは凄いものが隠されてた!」→ブラッスリー・モラール復活となる訳らしいです。

私のざっくりとしすぎたアールヌーボーとブラッスリー・モラールの話・・・大丈夫でしょうか。

そんな歴史あるブラッスリー・モラールで、お茶休憩。

art_nouveau_15.jpg


art_nouveau_12.jpg

やっぱり おおきい・・・ そして美味しかった。

そしてウェイターさんはクラッシックでカッコいいおじさまだった。(絵は色んな店のウェイターさんだけど)

classic_waiter.jpg

聞くと無表情で黙々とスマートな動きなのは、そういうものみたい。美学ですね。
一糸乱れぬ7:3ヘア、清潔感のある佇まいは食べ物扱うのでマストです。

板前さんやシェフの白衣や、ウェイターのタキシードと白いエプロンは心が洗われますな。

コスプレではなく、ちゃんと目的を持って正しく機能している職業制服フェチなので嬉しい♪

観光客に向けて、古き良きパリを演出して見せてくれる一面ももちろんあるのでしょうけど、いいものはいい☆

------

19世紀の当時は、最先端のアートだったアールヌーボー。

今はすっかりレトロとか昔のブームという位置づけなのだけれど、その華やかさは未だに世界中に根強いファンを持ち、当時の作品やデザインは強さもあり魅力的。

art_nouveau_08.jpg

時代の気分と時の流れについて少々考えてしまいました。

art_nouveau_14.jpg

長くなってしまったので、後編に続きます。

-----------

パリの観光情報はこちらから。http://ja.parisinfo.com/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

MAGAZINE

『装苑』2020年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top