Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

80 シャネル メティエダール コレクション「パリ イン ローマ」

chanel_parisrome_29.jpg

シャネル メティエダール コレクション、このコレクションはイタリア映画に出演するフランスの女優たちからインスピレーションを得たもの。会場にはイマジネーションと創造力が交差する伝説的な場所、ローマのチネチッタが選ばれました。 

ランウェイはいつも以上にドラマティックにそして精巧に作りこまれ、今にも物語が始まりそう。

chanel_parisrome_28.jpg

chanel_parisrome_30.jpg

ルックブックは新聞仕様。

chanel_parisrome_27.jpg

普通に毎度の妥協ゼロ。

シャネルと女優達の構図は現在でも尚熱い関係性だし、かつて1958年11月、ELLE 誌が「映画界の誰もがシャネルを着たがっている」と書くほどに、シャネルの顧客の多くは女優たちであったことからも「パリ イン ローマ」への期待感は高まります。

メティエダールコレクションということで、メティエダールとは↓

メティエダール (Métiers d'Art)
フランス語のメティエダールは、伝統的な技巧と研ぎ澄まされた職人の技術により、唯一無二の特別なクリエイションへと昇華させる芸術を指す言葉です。比類なきものを創り出す、極めてアーティスティックな匠の技です。


メゾンダール (Maisons d'Art)
シャネルは2002年以来、卓越した技術を有するアトリエを傘下におさめてきました。現在までに、羽根細工とカメリアのルマリエ(1880年)、グローブのコース(1892年)、靴のマサロ(1894年)、ニットウェアのバリー(1903年)、刺繍のルサージュ(1924年)、コスチュームジュエリーとボタンのデリュ(1929年)、帽子のメゾン ミッシェル(1936年)、刺繍のモンテックス(1939年)、プリーツ加工のロニオン(1945年)、金細工のゴッサンス(1950年)などのメゾンダールをその傘下に置いています。 (かっこ内は創業年)

ということで、展示会へ潜入。 詳細を観察してみました。

まず、目に飛び込んでくるアートピースなバッグ。今回はシネマ的フィルムカメラ然としております。

コレクターはもとよりシャネルラバー垂涎の逸品でございます。

chanel_parisrome_19.jpg

ということで、会場内。象徴的なルックを纏った業界屈指の美人マネキン達に吸い寄せられます。

chanel_parisrome_20.jpg

メディア配信では分からない、繊細なレースの質感やアクセサリーの構造など、じかに触れて確認できるのが嬉しい。

chanel_parisrome_23.jpg

こちらは日本でも目にする機会が多そうな一着。 実際に目にすると白い部分も繊細なレースで、細部に色々と宿り美しいです。

chanel_parisrome_22.jpg

chanel_parisrome_21.jpg

chanel_parisrome_07.jpg

chanel_parisrome_01.jpg

「パリ イン ローマ」のコレクションでは黒の質感の幅がすごい。あらゆる黒の表現が見て取れます。

chanel_parisrome_24.jpg

カラーパレットは、晩秋のローマとのこと。
深まる秋の紅葉の盛りを過ぎた枯葉であったり、夜の直前のような深い色合いも。

秋色を纏うメンズモデルのルックも印象的でした。

chanel_parisrome_26.jpg

まだ初夏だが晩秋に想いを馳せる。女優と晩秋、イタリア映画のフランス女優・・・

こちらのバッグは、長ーーーく愛用できそうで、ステキでしたし。↓

chanel_parisrome_04.jpg

ローマがテーマだと、コイン風のレリーフ使いであったり、革のあしらいであったりが、シャネルバッグに面白い効果をもたらしていました。

chanel_parisrome_25.jpg


こちらの袖口などの縁の装飾は、映画フィルムを表現しているそう。 末端への遊び心というか神経の行き届き具合も毎度素晴らしい。

chanel_parisrome_08.jpg

バリエーションもあります。

chanel_parisrome_14.jpg

毎コレクション、実験的にアート作品のように発表している、現代的な素材を使ったルックも。
塩化ビニール系の糸?を生地に織り込んで、なんともいえない風合いに。

chanel_parisrome_10.jpg

chanel_parisrome_09.jpg

--------

こちらも樹脂の加工技が光る、未来的な素材をふんだんに盛り込んだ一着。
パスタのような樹脂には、模様が印刷してあり、陰影を複雑に。

プリントが施されてる個性的なシークインとビーズとともにツイードに装飾され。
このルック、一体何次加工までやっちゃってるんだろ...と工業デザイナ的には戦慄が走るような凝り様で。

chanel_parisrome_05.jpg

しかしながら何処までも優雅で、ニットは美しく。ビジューは贅沢に。

chanel_parisrome_11.jpg

chanel_parisrome_12.jpg

フランス女優とイタリア女優のいいところを融合したヘアメイクにアクセサリーが雰囲気満点。

大振りなアクセサリーもパールの白い輝きもモノクロ映画とかに映えそう。

chanel_parisrome_13.jpg

イタリア美術においても度々モチーフとなる蛇の彫刻が印象的なヒールのシューズ

chanel_parisrome_15.jpg

chanel_parisrome_17.jpg

コスチュームパールがあしらわれたパンプスにサンダル

chanel_parisrome_16.jpg

うっとり!

chanel_parisrome_31.jpg

ということで、コレクションは6月下旬に店頭にお目見えのようです。 ぜひ実際にご覧下さい!

chanel_parisrome_03.jpg

CHANEL

-----------

KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

Paris et moi #20 パリとわたし後記と旅のあったらいいな

parisblog20_10.jpg

4日間駆け足でパリを観てきましたが、どれも貴重な体験となりました。

が、ギリギリまで動きます。

最終日の午前中にフリーの時間!ギャラリーラファイエットの食品フロアへ!
小一時間ですが家族くらいにはとあるものを買いに行きました。

お目当てはフランスバター。

目にも胃にも刺激的で魅惑的すぎる食品フロア!色んなものを横目に地下の乳製品コーナーを目指します。

parisblog20_05.jpg

ディスプレイだけでも一日楽しめる...!
パッケージ・容器・レイアウト全てが見応えあるしとにかくデザインが尽くオシャレだなーーー!!
などと思いながら小走りです。

parisblog20_09.jpg

・・・

あった!

parisblog20_04.jpg

うんうん、これこれ!・・・と思いきや、 側面の棚にも違うバターがひしめき合ってる!!
種類多過ぎ!!! どうするのこれ!

parisblog20_03.jpg

とりあえず、もはや味の事など想像つかないのでジャケ買いも数個してみる。

お目当てを買ってホテルに戻って出発時間までパッキング!! 

帰国後、ボチボチバターを食べてみた感想は以下の通り。

家族に圧倒的人気がボルディエでした~ 私は毎朝ホテルの朝食で食べてたベイユヴェールのバターが好きになりました。

どこのバターも、素晴らしい個性でほんとうに美味しい。バターだけ食べたい。というかパリ中ずっとバター食べてた...。

parisblog20_02-2.jpg

↑こちらの持ち帰り方は、あくまで個人的な処置ですが。
4月だったのでなんとか問題なく持って帰りましたが、真夏はどうだろう~。

-----------

それから、旅スタイルについても毎度悩みの種なのですが、国によって事情が違ってくるので悩ましいです。

旅ブロガーの場合、観光とレストランの間にホテルで着替える時間が取れない場合が多いので

動きやすくてある程度きちんとしてレストランにも行ける装いというテーマになってきます。

持ち物もシンプルに軽くしたいけど、行く先々でSNSに投稿したり、カメラやi-phoneのバッテリー問題などかさばる小物は商売道具なので外せないし。

一日中快適に歩き回って記録もストレス無く楽しめる装備って無茶なのかしら...
と旅ブロガーをやる度に「あったらいいな」が沸々沸いてくるのです。

parisblog20_01.jpg

①の食事中の写真撮影も、SNS全盛のご時勢で、取材とはいえお行儀のいいものでもないし、気持ちのいい光景ではないわよね~何かいい方法が無いかしら、、、と思いつつ、写真をなるべくきれいに撮ることが優先になってしまいます。

軽量・小型・高画質・シャッター音問題対応・暗い店内も接写も景色も... (無茶なのは承知だけど要望だけなら泉のようだ......)

最低限、周囲の人やお店の雰囲気や気分を害さない、撮影方法またはカメラは無いものか...課題。

③も、増えがちな荷物をスッキリ収めてチャックや蓋など防犯面はクリアしながらも高級感があってコーディネートし易いバッグ探しは永遠のテーマだし。

④も矛盾しているようだけど、あったら最高です。

今後も気にしながら色々チェックしていこうと思います。

画期的かつ新しい定番アイテムの開発を切に希望です^^

私などは、旅慣れしてなくて毎回フライトで上手に眠れずマゴマゴしてしまうタイプなのですが、

今回ご一緒したほんまちゃん「飛行機に持っていくものを見せて!参考に!!」とお願いしたら快くOKしてくれました。

parisblog20_07.jpg

ほんまちゃんは、毎月のようにどこかの国を旅してる旅人のような女の子。

いっつも元気に現地を動き回ってリポートしているので、フライトの過ごし方を聞いてみたかったのです。

ほんまちゃんのフライトアイテムはシンプルながら上質ってかんじ!身につけて心地いいものを厳選ですな。

parisblog20_08.jpg

真似しよ。

ちなみに、私の無くてはならないアイテムは耳栓です。

parisblog20_12.jpg

フライト快眠法を引き続き研究したいと思います。

とにかく、あったらいいなはワガママなのでした...でも妥協したくないこちらも引き続き研究。

-------------------

ということで、全20話にも及んでしまった【パリと私】・・・。

初めてのパリは想像以上に天気も人も優しく、何処を歩いてもステキで。有名スポットもとてつもない規模で圧倒され・・・
美食も走馬灯のように・・・

parisblog20_13.jpg

人生には美しいものと美味しいものは欠かせないのだな~とつくづく思いました。

本当に これ以上ないくらいの"はじめてのパリ"となりました。

「最初に行きたい所」は全部行きましたが、行く先々で色々な発見があり更に行きたい所が増えてしまいましたので、なるべく近いうちに再訪できたらと思います。


-----------

パリの観光情報はこちらから。http://ja.parisinfo.com/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

Paris et moi #19 ル・グラン・ヴェフールの最高に優美なひととき

ル・グラン・ヴェフール  Le Grand Véfour
le_grand_vefour_24.jpg
パリ最後の食事にセッティングいただいたのはル・グラン・ヴェフール。

ル・グラン・ヴェフールは言わずと知れた世界最高峰のフレンチレストランで、その歴史と栄光は華々しく アレクサンドル・デュマ、ナポレオンとジョゼフィーヌなどなど教科書級の顧客の席も残る、生ける伝説のレストラン。

le_grand_vefour_00.jpg

美食の都なパリに於いても他に代わりが無い特別な存在のレストランであるといえます。


ジョルジュ・サンドもここに来ていただなんて(サンドはショパンの愛人。もちろん美人。)。そういうのに興奮するミーハーな私です。

私は どんな文化もできれば正面玄関・王道から攻めたいと思っていて。

基本を知ってから、やっと前衛やアングラがやっと楽しめるかどうかタイプの私にとって、
ル・グラン・ヴェフールはパリ文化を知る入り口として正統派の最高峰を体感する、というこれ以上ないほどの王道にして最高の正面玄関となりました。

本物に触れるというのは、私にとってとても貴重で重要なこと。

こういった日本ではきっと体験できない歴史や空気感を含めた「これぞフレンチ!」な王道こそ知りたかったし、旅先ではその国の文化に敬意を表して伝統を体験したい。人も国もルーツが気になるわけで。

そういう王道の物語の中で「王子様より悪役よね」とか、細かい好みはあるのでしょうけど(脱線)。
最先端や前衛の美を理解するにも、クラッシックを知っているとより楽しめるというか。

今まで、漠然と観て感じていたそういう自分の好みや傾向を客観的に知ることが出来たのも、パリの旅での発見でした。

------------

案の定前置きが長くなりましたが、めくるめくル・グラン・ヴェフールでの食事リポート、ご覧下さいませ。

ル・グラン・ヴェフールパレ・ロワイヤルの優雅な回廊と、緑溢れる庭園の一角にあります。
創建当時からの豪華な内装は、フランス歴史建造物指定され、映画の撮影の現場にもなるほどの美しさを誇っています。

le_grand_vefour_01.jpg

le_grand_vefour_02.jpg

日本では実現し得ない独特の雰囲気を醸しておりました。
煌びやかだけどシックで重厚。言葉にならない高揚感に支配されます。緊張感を高揚感が上回る。
きっとこの空間を日本で再現しようとしたら、どうにも残念な何か違う感じになりそう。

le_grand_vefour_03.jpg

着席・・・と思いきや
いきなりギィ・マルタンシェフお出迎え! メディアでよく拝見する有名人が目の前に!

le_grand_vefour_00-02.jpg
ル・グラン・ヴェフールを三ッ星に押し上げた張本人にして、業界を牽引するスターシェフ。

(間もなく還暦とは仰天です。爽やかすぎる。)

「日本は桜の頃ですね!」と季節のご挨拶。ギィ・マルタンシェフは日本通。かなりお詳しい。

とっても華やかな雰囲気をお持ちの方。天性だろうなー。

そして一気に厨房へ通され・・・
まさかのル・グラン・ヴェフールバックヤード見学会。 すごい展開に目が回りそう。

「彼は奥さんが日本人で・・・」 バックヤードで料理される皆様ご紹介も。(サービス精神凄過ぎる)
ギィ・マルタンシェフの世界観を色々と教えてくださいました。

le_grand_vefour_05.jpg

日本人も活躍する職場で、ご挨拶させていただきました。
すごいなあ。尊敬&応援してしまう。

le_grand_vefour_06.jpg

・・・と、滅多に足を踏み入れることも叶わない聖域にお邪魔させていただいて、事の重大さに後から恐縮しております(当時は必死だったからな...)。

-------------------

いよいよ着席してル・グラン・ヴェフール体験!!!!

ルイナールで乾杯。 今回の旅で魅惑の味を覚えてしまったルイナール。悩ましい

le_grand_vefour_07.jpg

メニューは、直感で選ばせて頂きましたがもっと冷静に構成を組めるようになりたい、今後の課題。

そしていきなりメニュー以外の料理登場。 おいしい牡蠣。 器がいきなりツボ。

le_grand_vefour_07-01.jpg


↓いろんなお店でさらっと登場するラビオリ。 抜群に美味しかった。ある意味一番印象的だったかも。

le_grand_vefour_07-04.jpg

le_grand_vefour_08.jpg

こちらも新作といって颯爽と登場したスープ。 見た目がグラフィカル。色彩も憎らしいほどにステキ。

お味は美味し過ぎる野菜ジュースのようなほんのり甘酸っぱい爽やかなかんじ。 凄くボリューミー。

le_grand_vefour_09.jpg

フードジャーナリストの里井さんのル・グラン・ヴェフールリポートは更に詳しく解説されております!
高級レストランから街角食べ歩きまで、食を楽しむ彼女に多大な影響を受けちゃいました^^

前菜のフォアグラ。 これメインじゃないの!?という濃厚さとボリューム。フォアグラ立ってますね。
フルーティーで薫り高くクリーミーっていう魔法みたいな一皿でため息とともに項垂れる。

le_grand_vefour_07-03.jpg

↓目の前、フロアの中央には配膳用の大きなテーブルがあって、ここから一斉に料理を持って各テーブルへ、というシステム。

私はこのスタイルを目にするのが初めてで、ベテランサービスマンの的確な判断と、各テーブルへ完璧タイミングで流れるように料理を出すさまをウットリと眺めておりました。 

まさに機能美。みんな意味のある動きをして仕事人ステキ。見飽きない。

le_grand_vefour_10.jpg

驚愕の美味しさ、グリンピース。

le_grand_vefour_11.jpg

生まれも育ちも田舎な私は、新鮮野菜だけは人並み以上に食べたつもりでいたのですが、知らないことばっかりだ...
美味しいお野菜にたくさん出会えて嬉しい。

le_grand_vefour_12.jpg

le_grand_vefour_22.jpg

le_grand_vefour_13.jpg

今回の構成。

le_grand_vefour_14.jpg

le_grand_vefour_15.jpg

↓そしてチーズのワゴンが・・・フロマージュっていうか 空母みたいだよ?

le_grand_vefour_18-02.jpg

別アングルも。(あまりの迫力に連写してしまった)

お兄さんの二丁ナイフ捌きと的確サーブもなかなかウットリだった。

le_grand_vefour_18.jpg

「私は食べやすいのと...一番個性的なチーズはどれですか??」
と聞くと、世界で年間160個生産というヘルミニョンというチーズをくれました。上図右画像一番上の段の右から二番目の背の高いチーズがヘルミニョンです。

le_grand_vefour_19.jpg

そんな貴重なヘルミニョン、例えるなら味噌みたいな味でした(オシャレな例えが思い浮かばない)。濃いいィ。

そしてココから怒涛の甘味ゾーン! 次々出てきて終わらないし、アスパラまで登場。 把握しきれないくらいサプライズも多い!

le_grand_vefour_23.jpg

le_grand_vefour_21.jpg

そしてまたまた驚愕の美しいパフォーマンスと共に芸術的なものが...!!!

le_grand_vefour_20.jpg

インスタグラムにもムービーをupしたら、ギィ・マルタン氏のいいねも頂きました 笑

ウットリ #Paris_et_moi #paris #trip #パリ #パリとわたし #legrandvefour

KITAJIKOさん(@kitaji_ko)が投稿した動画 -



ということで、これ以上はなというくらい完膚なきまでにもてなされ、完璧過ぎるはじめてのパリの旅は最高の美食にて終幕となったのであります。

次のパリの為に脳の容量増やさないと・・・と痛感いたしました。 やりたいこといっぱい。

最後に、奥様のお誕生日を祝うご夫婦。生花のあしらわれたデザートかしら。
とってもいい雰囲気。 あー私もいつかこういうの。いくつになっても憧れるわ。

le_grand_vefour_16.jpg

-----------

パリの観光情報はこちらから。http://ja.parisinfo.com/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

1/4 1 2 3 4 4

MAGAZINE

『装苑』2017年12月号、10月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top