Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

Paris et moi #4 パリでの宿泊はCastille Paris, 5つ星のディティールを観察。

パリには早朝4時に到着、その後空港からホテルへ。

今回の旅の宿は Castille Paris (カスティーユ パリ)。
カスティーユ パリはパレ ガルニエなど観光の要所が集まる中心地にありながらも

静かなカンボン通り、シャネル本店のお隣さんの5つ星ホテルです。
castille_19.jpg

castille_01.jpg

すぐ近くにチュイルリー庭園とヴァンドーム広場があります。

↓カスティーユ パリの看板娘エリアットちゃん❤︎ロビーでしばしば遭遇。人馴れしてて可愛い。

castille_06.jpg

施設も充実しており、レストラン、バー、フィットネスセンターなども利用できます。

客室にはエアコン、テレビ、iPod&iPhoneドッキングステーション、専用バスルーム(バスローブ付)、もちろんWi-Fiも完備。

併設レストランAssagioは美しい中庭を望めて、本格的なイタリア料理とコンチネンタルブレックファーストを提供しています。24時間対応のルームサービスも利用できます。

こちらでの朝食はとっても美味しくて、毎日朝食が楽しみでした。朝から本気の食欲...
castille_18.jpg

castille_10.jpg

徒歩わずか2分先に地下鉄マドレーヌ駅があり、エッフェル塔へアクセスできます。オペラ座やルーブル美術館まで徒歩10分の好立地。ホテルの回りを軽く歩くだけで雰囲気満点のパリ気分満々の散歩が楽しめます。
散歩事情は次回ブログで♪

------


私が滞在したのはジュニアスイートだったのですが、ステキすぎて孤独さが悔まれるロマンティックぶり。
二階建て仕様。 無意味に上がったり下がったりしてしまいます。

castille_22.jpg

↓こちら私が宿泊した部屋。調度などディティールが少しずつ違う。
部屋の位置によって窓の数なんかも違って天井まで続く大きな窓からの朝の光なんかも美しい。
castille_04.jpg

二階ベッドルーム。ベッドの左右にウォークインクローゼットあり。計3つのWICという収納、使い切れない贅沢。
もちろんベッドはおやすみ5秒の快適マットレス。

castille_03.jpg

バスルームのアメニティはエトロ(このへんがイタリア系のホテル)

castille_02.jpg

三日目の夜は、ショー鑑賞が夜遅かったので軽いお夜食をカスティーユ パリの客室で頂きました。

近所のモノプリ(パリのメジャーなスーパー)でお惣菜やワインを購入。

castille_08.jpg

パリの野菜系お惣菜のクオリティの高さにウットリ。赤ワイン・ハムにバケットなどなど
大人の女が4人集まっての会合は美味し楽しかったです♪

castille_09.jpg

--------
話を戻しまして

ジュニアスイートでも私には贅沢空間なのですが、更にステキなコンセプトのスイートも見学させていただきました。

■Duplex Living and Dining Room

castille_12.jpg

広々とした設計のこちらはハネムーンなど特別な滞在に利用する方も多いそう。

豪華でスタイリッシュだけど、ゆったりリラックスできる雰囲気は、全館共通の魅力です。
コンセプトが難しすぎたり、家具やデザインがエッジイで攻め過ぎててもなかなか滞在を楽しみきれないので、リラックスしながらも、パリで滞在してる感も持たせてくれる絶妙な采配に感心しました。

castille_13.jpg

次に
Coco Suite
その名のとおり、カンボン通りはお隣シャネル本店やホテルリッツの正面玄関にも面することから、ココ仕様のお部屋。
リッツを定宿としていたココ・シャネルですが、カスティーユ パリにも滞在したことがあるとか。

castille_16.jpg

castille_15.jpg

黒とベージュを基調とたシックな内装。 とっても落ち着きます。
個人的には、窓からお隣のシャネル本社の様子が見えるのがたまらなかったです。

生地の反物とか印刷物とかが肉眼で確認できました。

castille_14.jpg

この日は使用中のため、観ることができなかったスイートもあったのですが、画像をお借りできました。

■Dolce Vita Apartement

castille_21.jpg

castille_20.jpg

見学するだけでも楽しいのだから、気心の知れた楽しい人と滞在できたらどんなに素晴らしいことでしょう。

と思いつつ、最高の三泊を存分に満喫させていただきました。スタッフの皆さんも対応迅速で優しくて素晴らしい。

滞在にぜひオススメです。


Castille Paris SNS,website

Facebook : www.facebook.com/CastilleParis/
Instagram : @hotelcastille
Twitter : @hotelcastille
Castille Paris WEBSite Internet : www.castille.com

-----------

パリの観光情報はこちらから。http://ja.parisinfo.com/

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

Paris et moi #3 シャルル・ド・ゴール空港内の楽しみ方

パリリポート第三回です。
今回は前回のフライトレポートに引き続き、ヨーロッパいち忙しい空港といわれるSDGの施設のリポート。

ロワシー=シャルル・ド・ゴール空港 (Aéroport Roissy-Charles-de-Gaulle) は、ヨーロッパ第2、世界でも6番目の利用旅客数を誇り、ヨーロッパのみならず世界的にも重要な空港です。

そのためさすがの規模!そして出店している名だたる店舗!!空港にいながらにしてまるで市街地でショッピングや散策をしているかのような充実ぶりなのです。

↓結構壮観な高級メゾンの立ち並び。 カルティエ→シャネル→エルメス→ディオール→プラダ

CDG_AF01.jpg

ターミナルを繋ぐ電車やバスなども充実し、次々に話題の店舗もオープンするなど、新陳代謝も盛んな華やかさ。

いくつか出店しているお店をご紹介いただき取材しました。

まずは日本でも大人気のパリの老舗ショコラトリーメゾン デュ ショコラの店舗へ。
CDG_AF07.jpg

広々としてゆっくりショコラを選べる贅沢な空間。
メゾンの説明から、商品ラインナップの説明。

CDG_AF09.jpg

試食も気前よく振舞っていただき...ランチでお腹一杯にも関わらず、別腹にて堪能させていただきました。

このとき初めてメゾン デュ ショコラマロングラッセを頂いたのですが
びっくりした。美味しくて。

CDG_AF08.jpg

そしてコスメコーナーでは【ラ・プレリー】へ。

CDG_AF12.jpg

ラ・プレリーといえば、高嶺の花!いつかフルラインで使用してみたいコスメブランド。

空港では、ベストセラーのセラムがお得なパッケージで発売されてます。

CDG_AF11.jpg
超有名キャビアシリーズはもちろん、新作のラインやファンデーションについても教えていただき、最後にはアイケアのマッサージも体験。
爽快感もありながら、極上の香りに包まれ、あまりの気持ちよさに つかの間でしたが寝落ちしました。

館内の移動中も、CDGの木を基調にした有機的で高級感のある空間にウットリ。
空港って無機質で若干冷たい印象を抱きがちなのですが、CDGは温かみがあります。
CDG_AF13.jpg

お次はお酒の免税店。
CDG_AF14.jpg
ヴィンテージシャンパン、ワイン、コニャックなどなど、フランス産のお酒だけを取り揃え、ディスプレイを眺めているだけでトキメくのです。

ヴィンテージシャンパンというのは、一体どんな世界なのでしょうねー。

CDG_AF17.jpg

免税店という事を忘れる、本気の空間構成。商品ラインナップ。
ゴールドを基調としたディスプレイ棚に美術品のようなボトルたちが鎮座。

CDG_AF15.jpg

↓世界に30本しか無い、23000€というスペシャルなヴィンテージヘネシーも。(左写真上から三段目。300万オーバー...)

CDG_AF16.jpg

こちらはヘネシーの世界観あらわすチャート式プレゼン器具☆
こちらを使用しながらプレゼンテーションを聞くことで、視覚・聴覚・触覚そして嗅覚でヘネシーについて奥行きのある理解ができます。風水とかの道具のようだ。

CDG_AF18.jpg

お酒は香水の世界観に似てるなあーと思いました。
はたまたその逆か。それとも同じか。
大事にしてるポイントが似ているというか。

これはパリで観てきたものすべてに共通するのですが、楽しみ方やコンセプトの練り方が大人っぽいな。と思います。
体感しコンセプトを受け取る側にもある程度の教養のような受信感度ありきのものが多いというか。

下調べしていけばいい、ということでも無くて 日頃から想像力を鍛えないとな、と思うことが多かったです。

日本のように至極丁寧に、子供も大人も分かるようにという思いやり、という考え方とは根本的なものが違うのかも。どちらも味わい深いけどー

お酒と香水は実際大人の領域とも言えますし^^

そして試飲。 ルイナール♪ 透明度の高い明るい琥珀色に血圧急上昇。

CDG_AF19.jpg

結局能書きはいいって美味しさでした...

空港内のショッピングゾーン後にしてI Love Paris by Guy Martin】へ。

CDG_AF20.jpg
こちらはパレ・ロワイヤルの回廊にある世界最高峰のフレンチレストラン、 Le Grand Vefour ル・グラン・ヴェフールのオーナーシェフのギィ・マルタン氏がプロデュースするこれまでの空港レストランの概念を吹き飛ばすような素敵な場所。

大きな窓から飛行機を眺めながら、空港の時間を楽しみます。

CDG_AF30.jpg

CDG_AF31.jpg

CDG_AF21.jpg

オーダーはi-padから。 ギィ・マルタン氏のレストランの雰囲気を楽しみながらもリラックスしたカジュアルなスタイル。

CDG_AF22.jpg

タブレットでは日本語の案内も。【I Love Paris by Guy Martin】のコンセプトも読めるのでオーダーが楽しいです。

CDG_AF23.jpg

CDG_AF24.jpg

料理もサービスも空港とは思えない充実ぶり。
割と長い時間を過ごす空港だからこそ、過ごし方にこだわってステキな時間を満喫するのもいいなと。

CDG_AF25.jpg

I Love Paris by Guy Martin

-----------

パリの観光情報はこちらから。http://ja.parisinfo.com/

■フランス旅行が当たる【フランス体験キャンペーン】に二組四名をご招待!
応募方法は、フランスへの想いを綴った個性的な「オリジナルビデオ」で投稿↓
http://jp.france.fr/ja/taiken-report/about

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

Paris et moi #2 エールフランスで行くパリ CDGエールフランスラウンジリポート

前回はエールフランスビジネスクラスのフライトリポートでしたが、
今回はシャルル・ド・ゴール空港にあるエールフランスラウンジを利用した際のリポートです。

フライト前に案内していただいたラウンジは広々としたパーソナルスペースを確保できる余裕あるレイアウト。

CDG_AF04.jpg

新聞や雑誌も大充実!気分に合わせて好きなだけ。

CDG_AF03.jpg


↓予約なしでトリートメントが受けられるクラランスのサロンがあったり(凄く体験してみたかった)

CDG_AF02.jpg


↓フライト前に疲れもメイクも流れ落ちそうなシャワールームに、お子さんも大喜びのゲームコーナー。

CDG_AF28.jpg

各種ドリンクも。
フライトまでの時間を有意義に、ゆったりと過ごせる工夫が盛りだくさんでした。

CDG_AF05.jpg

CDG_AF29.jpg

CDG_AF06.jpg

エールフランスのオフィシャルアイテムの販売も。
エールフランスのテキスタイルパターンを大胆にあしらったトートやパスポートケースがやっぱり気になる。

このパターンのグッズ、他にも気になるのが一杯でしたが迷った末、使いやすいと評判パスポートケースを購入!
デザインは、Édouard Rambaud(エドゥアール・ランボー)氏。
空間デザイナー兼、インテリアデザイナー、スタイリストも手がけているそうです。

CDG_AF26.jpg

お買い物を終えたら搭乗時間が迫っておりました。

ラウンジは空調も気持ちよく、静かで快適。
あまりにも居心地が良かったので、もう一箇所あるという、新しいラウンジも、ぜひ観てみたいなーと思いました。


エールフランス WEBSITE

-----------

パリの観光情報はこちらから。http://ja.parisinfo.com/

■フランス旅行が当たる【フランス体験キャンペーン】に二組四名をご招待!
応募方法は、フランスへの想いを綴った個性的な「オリジナルビデオ」で投稿↓
http://jp.france.fr/ja/taiken-report/about

-----------
KITAJIKO SNS

website / facebook / twitter / instagram

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年8月号、6月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top