Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

75 「PARISオートクチュール 世界に一つだけの服」展

本日から開催の「PARISオートクチュール 世界に一つだけの服」展。
paris_hc01.jpg

いつも通りかかるだけでも気分のいいこの界隈。丸の内に展覧会メインビジュアルのドレス写真が華やかです。

paris_hc01-02.jpg


パリ・モードの殿堂、[ガリエラ宮パリ市立モード美術館] 館長のオリヴィエ・サイヤール氏監修のもと2013年パリ市庁舎で開催され大きな話題となり好評を博した展覧会を、三菱一号館美術館仕様に再構成して、日本でのオートクチュール鑑賞という今回の展覧会という運び。

プレス向け説明会は美術館内のCafe1894にて行われ、オリヴィエ・サイヤール氏、三菱一号館美術館館長高橋明也氏のスピーチと解説を伺います。
paris_hc03.jpg
パリ市庁舎開場の大きな空間での展示と打って変わっての、三菱一号館美術館の建築様式のような部屋が連なる建物での展示ということで
見せ方に様々な配慮と工夫があったこと、ドレスの構成も今回の展覧会に合わせて選ばれていること
もう今後出てこないんじゃないか、という貴重なルックが展示されている などなど

ファッションマニアにはたまらない内容のよう。

展覧会のみどころは公式ウェブサイトに詳しくあります☆
「PARISオートクチュール 世界に一つだけの服」展 公式サイト

一般的に【オートクチュール】と一言で言っても、どんな歴史でどんな定義で成り立っている産業で、どんなブランドが現存し、どのような役割を担っているのか。
何故フランスパリなのか、クチュリエと職人はどう違うのか。
プレタポルテとの違いは何なのか・・など
成り立ちから現在の立ち居地という学問的産業としての側面からも本展覧会では詳しく解説されていました。


こういう系譜図みたいなのは分りやすいし新しい興味が出てくる。観る人に優しい^^
交流関係があらわになるクチュリエ相関図とかもあったら楽しい(ただの願望ですが)。
paris_hc15.jpg

アトリエやらメゾンマップも眺めながら妄想がはかどりますよね。
なんで集まってるのとかやたら離れてどうした、とか。
こういう図から土地に興味が沸いたり思わぬアーティストに繋がってたりしそう。という妄想。

paris_hc14.jpg

神々しく芸術性を帯びるほどに美しい装飾や、ファッションにおける実験的な試みなどの素晴らしさに関心が向かいがちなのですが、オートクチュールドレスを美術展の美術作品と同じく時代背景やドローイングや過去と現在など、資料的な展示を絡めながら鑑賞するという形式を体感すると、キュレーションという職業の奥行きが鮮明に感じられて大変興味深かったです。
展覧会を通して「この角度から見るとそうなんだ!」という感覚があり新鮮でした。

展示の模様を、ざっと。

展覧会は8章構成になっていて、時系列でドローイングや写真などの資料と比較したりしながら鑑賞できます。

「第3章:贅沢なエレガンス」のココは、何と撮影が可能。(もちろんドレスの保護のためフラッシュなどは厳禁)

paris_hc04.jpg

もちろん伝説のドレスも肉眼で観れます。
paris_hc06.jpg

paris_hc08.jpg

paris_hc09.jpg

paris_hc05.jpg

paris_hc11.jpg

歴史的にも貴重なルックから、つい最近発表されたばかりのルックまで、間近で観ることができて幸せです。

paris_hc13.jpg

最後に展示されていたクチュリエの手の写真が、ステキでした。

paris_hc16.jpg

↓上段中央の手がシャネルだそうです。煙草☆

paris_hc17.jpg


PARIS オートクチュール展--世界に一つだけの服 展
会期:2016年3月4日(金)〜5月22日(日)
会場:三菱一号美術館
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
開館時間:10:00〜18:00
※入館は閉館30分前まで。
※祝日を除く金曜、会期最終週平日は20:00まで。
休館日:月曜日(祝日と5月2日、5月16日は開館)
入館料:
当日券 一般 1,700円、高校・大学生 1,000円、小・中学生 500円
前売券 一般 1,500円 ※大学生以下、ペアの前売券は無し。
【問い合わせ先】
三菱一号美術館 http://mimt.jp/paris-hc/
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

(ご参考までに) 私の最近のシャネルオートクチュール取材のアーカイヴ↓


■20 CHANEL 2014/15年秋冬 オートクチュールコレクション/ プレゼンテーション編

■21 CHANEL 2014/15年秋冬 オートクチュールコレクション/ ディティール編

43 シャネル オートクチュール 2015ss -プレゼンテーション編

44 シャネル オートクチュール 2015ss② -ディティール編-

-----------------------
KITAJIKO SNS
sns_icons_home.pngsns_icons_insta.pngsns_icons_fb.pngsns_icons_twitter.png

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年8月号、6月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top