Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

71 「ことほき」の正月注連飾りワークショップで新年を迎える準備を

お正月を迎える準備に、玄関に注連飾りを飾る風習が日本にはあります。
注連飾りを玄関先にかけると、いよいよ年末の暮れ感が最高潮となりますね~。

そんな2015年 年末、念願の「ことほき」のワークショップで注連飾り作りを体験してまいりました。

ことほき=言祝き 寿き 寿
「ことほき」は2人のクリエーター(鈴木 安一郎 氏・ 安藤 健浩 氏)が日本の民芸と稲作文化に魅了され立ち上げた注連飾り(しめかざり)作りプロジェクトです。(引用)

kotohoki15_15.jpg

kotohoki15_16.jpg

場所は目黒CLASKA Gallery &Shop"Do"。
kotohoki15_01.jpg

新年用の飾りに使う青々とした藁。 お米が実前に手で刈り取り特別に保管...青い藁を作るにも大変な手間隙が。
稲作からお飾りまでの一年通じての壮大なプロジェクトだな、と思います。


作業の折々に登場する【巻き結び】の説明書。 これだけは押さえねばならない...。

kotohoki15_02.jpg

巻き結びは藁をしっかり結びとめる結び方。 結び技というのは奥が深くて広いものだなあ、と思いながら出来る様になるのに苦労しました。

kotohoki15_03.jpg


藁を濡らして、まずは三等分、

kotohoki15_04.jpg

注連縄をクルクル・・
テキパキとリズミカルにどんどんできていくけど、見てるのとやってみるのはちょっと違ってかなり体力と技術のいる作業!

kotohoki15_05.jpg

おおー!

kotohoki15_06.jpg

私の縄は(右図左側)、親の仇!位の力をこめてガッチガチに絞めたので、後に後悔することに...

↓こちらは三等分の最後の一本をさらに巻き込みます。
すると、注連縄然とした美しい姿が!ツイストではなかったんですね...

kotohoki15_07.jpg

縄を板と板に挟んで転がすと、益々形は美しく整います。ウットリです。

kotohoki15_08.jpg

注連飾りも装飾的段階に進みます。
結構じぶんの好みが反映されて面白い工程でした。

水分が抜けると藁の形が記憶される特性を利用して形をクセ付ける。
私はかなりキツめキツめな感じ...

kotohoki15_09.jpg

ハイ、ここで自分がガッチガチに絞めた藁に、稲を通します。通常でも通すのには道具を使います。

自分では通せず、先生にお願いして通して貰いました。ギリギリいってた。

kotohoki15_10.jpg

ソレっぽくなってきて、嬉しくなる。
この時点でかなりいい運動になってる。

kotohoki15_11.jpg

そして麻紐でマークしてある要所を男結びの縄で飾ります。
男結びがまた難しいけどカッコイイ☆

kotohoki15_12.jpg

最後は、各自好きな長さを先生に切ってもらいます。(藁の固い部分でハサミも特殊なため先生にお任せ!)
材料の質や稲作文化や民芸への思いはもちろんのこと、
こういうビシーーーー!っと一糸乱れぬ断面だったり、キメるところをことごとく美しいくキメるのがことほきクオリティなのかも...。日本人の美意識☆

kotohoki15_13.jpg

ということで完成!!!

kotohoki15_14.jpg

左はこの日同行していただいた友人の、右が私の。 長さ違いすぎw
このように個人差も出て、とっても楽しいものでした。

帰宅後、自宅の玄関にも飾ってみてご満悦でした。
なんという達成感。

kotohoki15_20.jpg

日本で永きにわたり受け継がれてきた民芸の技や、稲作文化へ思いを馳せてみるのもいいかも・・・!

↓↓ 更に詳しくはこちら! ↓↓

ことほき ウェブサイト

Facebookページ

-----------------------
KITAJIKO SNS
sns_icons_home.pngsns_icons_insta.pngsns_icons_fb.pngsns_icons_twitter.png

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年6月号、4月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top