Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

49 シャネル 2014/15メティエダール コレクション 新作ショート フィルム「Reincarnation」

シャネル 2014/15メティエダール コレクションのプレビューに伺ってきました。

2002年以降、ボンベイ、エディンバラ、ダラスに続いて今年、カール ラガーフェルドが選んだ都市はオーストリアのザルツブルク。

コレクションが発表されるのは、オーストリアで最も有名な宮殿のひとつである、ロココ様式が美しいレオポルツクロン城。18世紀に湖のほとりに建設され、ザルツブルクの芸術的で知的な社交界と密接に結びついてきたこの城が、12月2日火曜日(現地時間)、コレクションの発表を華やかに演出します。(引用)

パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクション ショーの招待状

150617-34.jpg

2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクションのためにカール ラガーフェルドが監督を務めたショートムービー「Reincarnation」。

ジェラルディン チャップリン演じるガブリエル シャネルは1954年、ザルツブルク郊外で休暇を過ごしています。ホテルでガブリエルはファレル ウィリアムス演じる若いエレベーターボーイと出会います。彼は後にシャネルの象徴となるジャケットを身に纏っています。(引用)

ガブリエルシャネルがある意味運命的なインスピレーションを得る舞台のサイドストーリーなのですが
コレクションのイメージフィルムの域を何処までも超えて豪華です。
全てのエピソードのフィルムを繋げたら、間違いなく壮大な大河ドラマです。

話を戻して リーインカーネーションというのは、輪廻 転生(生まれ変わり)という意味なのですが、エレベーターボーイのファレル・ウィリアムスとウェイトレスのカーラ デルヴィーニュが真夜中にオーストリア皇帝ヨーゼフ一世と皇后エリザベートになって歌いながらダンスをする、 という何ともロマンティックなもの♪

ファレル ウィリアムスはオリジナル曲である「CC The World」を作詞作曲。
『CC』は皇后エリザベートの愛称【シシィ】と、世界を見るseeをかけたって...上手いな。
そんな隠し味もオシャレな二人で歌い踊る幻想的で美しいショートムービーなのであります。

夢オチという憎い演出。むしろ好き。

2014/15メティエダール コレクションのビジュアルも発表されました。

150617-37.jpg

150617-38.jpg

150617-39.jpg

150617-32.jpg

150617-33.jpg

以上source CHANEL NEWS

ほんとに素敵。

これを踏まえて、次回シャネル銀座ビル ネクサスホールでのプレビューのレポートです。
「50 シャネル 2014/15メティエダール コレクション 「パリ-ザルツブルク」プレビュー」

-----
KITAJIKO SNS
sns_icons_insta.pngsns_icons_fb.pngsns_icons_twitter.png


MAGAZINE

『装苑』2020年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top