Blog

KITAJIKO

アーティスト

KITAJIKO

東京藝術大学デザイン科卒業後、7年間のデザイナーとしての企業勤務を経て、2010年、雑誌オフィシャルブロガー・イラストレーターとして活動開始。ファッション・アート・旅・グルメ・映画などに関するものについて独自の審美眼・観察眼でリポート。画業はアナログからデジタルまで対応。個展やコラボレーションなどで活動中。

47 SAKIDORI France 2015 で印象派ゆかりの地に思いを馳せる

フランス観光開発機構が、フランス各地のパートナーを迎える恒例のイベント【SAKIDORI France 2015】を今年も開催、ということで 今回初めて伺って参りました。

第一部はシードルをいただきながらフランス各地の企業それぞれブースにて詳しく説明してもらいます。印象的だったのは、各ブースのパンフレットのクオリティ。写真やレイアウトがスタイリッシュで興味を引くものばかり。

05060901.jpg

第二部は会場を移動し、着席のディナー。

05060902.jpg

今年は名誉ホスト出展者パリ イル・ド・フランス地方観光局およびノルマンディー地方観光局と彼らのパートナーによる「印象派ゆかりの地」に焦点を当てた というディナーに舌鼓。
印象派の絵画にインスパイアされた料理は味は勿論、目にも嬉しい美しさ♪

05060904.jpg

映像でフランスの美しい観光地について、来年開催される[ノルマンディー印象派フェスティバル]についても説明を聞きます。
絵描きなので前のめり気味で聞き入ってしまいます。

05060905.jpg

フランス印象派といえば名画が多く、日々何らかのカタチで目にする機会も多いので絵描きならずともよくご存知の方が殆どかと思いますが、印象派芸術運動についてちょっとかいつまんで言うと

19世紀後半のフランスに発した絵画を中心とした芸術運動として、美術史において欠かすことの出来ないそれこそ美術維新ともいえるドラマティックかつ革命的出来事。な訳です。
美術史ではぜったいテストに出るところです。

今でこそアートはその表現を厳しく制限することなく、多岐にわたる感覚の表現を受け入れてくれる受け皿が整っております。自由です。

ですが19世紀の当時は そうではない王道の表現のみをよしとする保守的な思想が絶対的な権力を持ち、印象派と呼ばれる新しい表現に対する厳しい批判や圧力も相当なものでした。
しかしそれらに屈さず革新的表現で志を貫いた偉大なる画家達をバンバン輩出した凄い国なんですよね...フランスって。

印象派のルーツを体感してみたいなあ、気候や人々の気質はどんなだろう?
名画の舞台はどんな場所なんだろう?

などと映像とスピーチを聴きながら改めて感心しきり。

画家同士が描くポートレイトの話も、出てくる画家が伝説のひとたちばかりだったりと、
お話を伺うほどフランスの観光・芸術の規模の大きさにただただビックリです。

05060906.jpg

それにしても盛りだくさんのコンテンツ。満足する日程を組むとしたら何日くらい必要なのかしら?

05060907.jpg

そして、印象派ヘッドドレスのショーも。テーブルごとにお揃いの帽子を被って記念撮影など、とても暖かでステキなおもてなし♪ 皆さん楽しんでました。とっても和やかでいい雰囲気。

05060909.jpg

いくつかのヘッドドレスは、抽選で会場のゲストにプレゼント。
当選した女性もお似合でした^^

05060908.jpg

様々な肩書きの関係者の皆様が一同に介するこのような取材で、こんなに和やかムードの着席ディナーは初めてかもしれないです 笑 すばらしいホスピタリティ。
ますますフランスへ旅行したくなります。

05060910.jpg

フランス観光開発機構
http://jp.rendezvousenfrance.com/


KITAJIKO SNS
sns_icons_insta.pngsns_icons_fb.pngsns_icons_twitter.png

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年12月号、10月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top