Blog

有坂塁

移動映画館 キノ・イグルー

Rui Arisaka 有坂塁

2003年に中学校時代の同級生・渡辺順也とともに「キノ・イグルー」を設立。東京・吉祥寺を拠点に全国各地のカフェ、雑貨屋、書店、パン屋、美術館など様々な空間で、世界各国の映画を上映している。また多彩なアーティストとのコラボレーションを始め、夏の野外上映会、クリスマスパーティー、ショップのアニバーサリー・パーティ、こどもえいがかい、全国ツアー、映画祭のディレクションや、ホテルやライブラリーのDVDセレクトまで、自由な発想で映画の楽しさを伝えている。

ニワコヤ映画祭2016

niwacoya3.jpg


◎ ニワコヤ映画祭 2016
Kino Iglu × niwa-coya × 山フーズ

キノ・イグルーが映画を選び、
上映とおはなしをします。

ニワコヤ山フーズが、
その映画にまつわる「ごはん」を用意します。

そしてみなさんは上映後の余韻のなか、
テーブルを囲んでごはんを食べます。

仙川駅にある小さな手作りの小屋で、
映画とごはんがセットになった世界一小さな映画祭。
今年もやります。

niwakoya4

***

【上映作品】

テーマ:オリジナリティ

観終わった後に、価値観が揺らいでしまう、
そんな個性的な映画ばかりを集めてみました!
オリジナリティのある映画と、独創的なごはんをお楽しみください。


①『黒猫・白猫』
1998年 ユーゴスラビア 130分

black_cat__white_cat

監督:エミール・クストリッツア

夢のように美しいドナウ川のほとりで生活するマトゥコとザーレの親子。
石油を買ったつもりがだまされて水をつかまされ、
挽回とばかりに一攫千金を狙っ
て列車強盗を企てるマトゥコだったが、さらにヘマを重ねたせいで、
ザーレは新興マフィア・ダダンの妹と結婚させられる羽目に...。
ヴェネチア国際映画祭では、スリルとギャグの連打で爆笑を呼び、
感動の熱い拍手に包まれて、銀獅子賞最優秀監督賞を受賞した。


②『いとしきエブリデイ』
2012年 イギリス 90分

everyday

監督:マイケル・ウィンターボトム
音楽:マイケル・ナイマン

4人兄妹は毎日学校に通い、
母は子どもたちを送り出した後、
昼はスーパーで
働き、夜はパブでも仕事をしている。
他の家庭と違うのは父親が刑務所にいて家にいないこと。
会えるのはわずかな面会時間だけだったが、
それでも季節はめぐり、父親がいない時間が過ぎる中で子どもたちは成長していく。
実の4兄妹を起用し、
それぞれ8歳、6歳、4歳、3歳だった兄妹が成長していく過程を、
実際に5年間の歳月をかけて撮影した。



③『トム・アット・ザ・ファーム』
2013年 カナダ 100分

tom

監督:グザヴィエ・ドラン

モントリオールの広告代理店で働くトムは、
交通事故で死んだ恋人のギョーム
の葬儀に出席するために、
ギョームの実家である農場に向かう。
そこには、ギョームの母親アガットと、ギョームの兄フランシスが二人で暮らしていた。
人を救えなかった罪悪感から、次第にトムは自らを農場に幽閉するかのよう
フランシスの暴力と不寛容に服していく......。
弱冠25 歳の美しき天才グザヴィエ・ドランが、監督と主演を務め、
ベネチア国際映画祭において国際批評家連盟賞を受賞



④『夏をゆく人々』
2014年 イタリア 111分

natsuwoyukuhitobito_02

監督:アリーチェ・ロルバケル

4人姉妹の長女ジェルソミーナは、
気難しい父親ウルフガングから独自の教育
を受け、一家の暮らしを支えていた。
ある夏の終わり、一家はひとりの少年を預かることになり、
その一方でテレビ番組「不思議の国」の取材を受けることに。
これをきっかけに、
これまで社会と隔絶されてきた彼らの生活にささやかな変化が訪れる。
イタリアの新鋭女性監督アリーチェ・ロルバケルは
本作にて、カンヌ国際映画祭で審査員グランプリを受賞。

*****

【タイムテーブル】

●11/9(水)
11:00 『黒猫・白猫』+ ユーゴスラビアランチ
19:00 『いとしきエブリデイ』+ イギリスディナー

●11/10(木)
11:00 『いとしきエブリデイ』+ イギリスランチ
19:00 『トム・アット・ザ・ファーム』+ ケベックディナー

●11/11(金)
11:00 『トム・アット・ザ・ファーム』+ ケベックランチ
19:00 『夏をゆく人々』+ イタリアディナー

●11/12(土)
11:00 『夏をゆく人々』+ イタリアランチ
17:00 『黒猫・白猫』+ ユーゴスラビアディナー

●11/13(日)
10:00 「こどもえいがかん」+ おやつとココア
17:00 「スペシャルイベント」+ お楽しみディナー

*****

【詳細】

日程: 2016年11月9日(水)〜11月13日(日)
会場: 仙川 niwa-coya
定員: 各回22名限定
料金: 3,800円(映画にまつわるごはん付き)/ こどもえいがかん 1,000円(おやつ付き)
予約: ニワコヤまで。
03-5315-2848 / alafura@ybb.ne.jp

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年7月号、5月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top