Blog

今井清貴

D-due アンバサダー

Kiyotaka Imai 今井清貴

多摩美術大学にてテキスタイルデザインを学び、その後テキスタイルメーカーにて企画・営業を経験。現在は、アッシュ・ペー・フランスにて、スペイン・ガリシア地方のブランド「D-due」のアンバサダーを務める。

Ria de Arousa

Hola!

今日はガリシアレポートの続きをお話します。

0917-1.jpg

D-dueの住むスペイン北西部、ガリシア州にはリアス式海岸の語源にもなった入り組んだ地形のリア(入り江)が複雑に広がっており、その地形を生かした漁業や養殖業が大きな産業として発達しました。この大西洋に面した海がガリシアの文化や伝統を作り上げてきたのです。

0917-2.jpgのサムネイル画像

ガリシアには日本ではなかなか見られないような広大な自然が広がっていて、空気がとても澄んでいるので、最近では避暑地としても人気が出てきているよう。ちょっと車を走らせていると牛さんにも突然出くわします。悠々と育ったからか、とんでもなく大きいので、車高よりも全然大きくて大迫力。

0917-3.jpg

D-dueのアトリエに近いリアンショの街。ガリシアはこのテラコッタのオレンジの屋根がとても特徴的。今回の滞在では初めて雨の多い日が続きました。でもデザイナーのおチャロいわく、こっちのほうが普通らしいです。ガリシアはスペインの中でも特に曇りや雨の日が多く、昔は本当に1日雨、という日が多かったようです。

0917-4.jpg

ネイビーのグラデーションの風景はD-dueのオールネイビーのシリーズ「In Blue」を彷彿とさせます。小船もとっても愛らしい。ここだけの話ですが、このリアンショの街が次の春夏コレクションに大きな意味を持っています。

0917-6.jpg

これはまた別の場所ですが、海の近くにはこんな素敵なレストランもあります。サマータイムのピンクから水色のグレージュの空もとても綺麗じゃないですか!?この空の色は透き通る空気があってこそ、ですね。

0917-7.jpg

食事中のおチャロを隠し撮り。ここでは山ほど出てくるムール貝をご馳走になりました!初めて言ったときにムール貝好き?っていうのを英語でマッスルと呼ぶので、マッスル好き?と聞かれて動揺したのを思い出しました。ああ、なんだ貝ねって笑

0917-5.jpg

話が脱線してしまいましたが、D-dueはそんなガリシアとは切り離せない海のテイストを毎シーズン作品の一部に投影してものづくりをしています。

0917-8.jpg

今期のコレクションにもセーラーをイメージしたようなブラウスも登場します。毎回印象がガラッと変わってこのセーラーの服が出てくるので、それだけでも楽しみです。

先週は涼しい日が続いて、もう秋かなと思いながらも、ガリシアの夏の思い出にひたってしまう毎日です。お店にはもう秋冬の新作が沢山届いているので、是非見に来てください!

チャオ!!

/D-due H.P.FRANCE/

3-7-10 Kita-Aoyama Minato-Ku Tokyo 107-0061 JAPAN

OPEN:11:00-19:30

TEL:03-3409-0627 MAIL:ddue_hpf@hpgrp.com

WEB:d-due.com H.P.F, MALL:www.hpfmall.com

SHOP BLOG:http://www.hpfrance.com/Blog/dduehpf/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2020年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top