Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

TOKYO CULTuART by BEAMS にてTATEANA展にD[di:]も参戦します

tatenajomon-1.jpgD[di:]がパーソナリティを務めるJFNのラジオ番組 ON THE PLANETでもおなじみのモッチーこと望月明秀さんが編集長を務める縄文ZINE とTOKYO CULTuART by BEAMSがタッグを組み、「縄文っておしゃれで可愛いアートなんだよ!」

をつたえるべく展示をします。西会津の大木8aという本物の土器も展示するそうですよ!ちなみに、このビジュアルのモデルは、D[di:]のおともらっちの野本かりあちゃんら!

tatenajomon-2.jpg

モッチーからのコメント↓

10/30〜11/11までの2週間弱、新宿のビームスジャパンの4階、TOKYO CULTuART by BEAMSで、縄文ZINEセレクトの縄文グッズや作品の展示イベントを開催します。タイトルは「TATEANA展」。竪穴住居のように環状のスペースに、縄文カッコいいグッズやカワイイ土器などを集めて展示・販売。真ん中には福島県からお借りした本物の縄文土器を展示します。新宿のど真ん中のBEAMSで縄文土器を見れるなんてなかなか胸熱なことなんじゃないかと思います。ぜひ遊びに来てください。楽しいものたくさん用意しているのでグッズも買ってください。

D[di:]からのコメント↓

縄文文化にはじめて興味を持ったのは10年ぽっちほど前。縄文オジさんや専門家がなんと言おうと、私の縄文のイメージってば、「ラブ&ピースなお花畑感」。1万5千年も繁栄してたってゆー、パライソな文明は、ダーティで混沌とした現代をサヴァイヴする、そんでもってハッピーに過ごす叡智と精神がつまっていたにちがいないと思いを馳せて。さあ、みんなもレッツら縄文スピリット♡ワナビー縄文人!

D[di:]は、こんな作品を提出しました

S__6488292.jpg

Lost yet still here : the Dogū
227・158 mm / キャンバスに、ハーモニックペイント

ミクストメディア/ネオシルクプリント、蜜蝋、ガラス、
石膏粉、アクリル絵具、金箔

* limited edition は3までなんだけど、今回の展示では、1つ売り切りで展示いたします〜 

●TATEANA展

10/30(火)〜11/11(日)

11/3 18:00(17:30開場)からはトークイベント「縄文っていいよね。」入場無料。

ビームス ジャパン 4F  TOKYO CULTuART by BEAMSにて

東京都新宿区新宿3-32-6 B1F - 5F MAPを見る

03-5368-7300

11:00-20:00(1F-5F)

参加アーティスト

・土器(西会津町/展示のみ)

・縄文ZINE(書籍、Tシャツなどグッズ)

・TOKYO CULTuART by BEAMSオリジナル縄文グッズ

・JOMONISM(Tシャツ)

・松山賢(作品)

・山内崇嗣(作品)

・渡辺元佳(熊と鹿のお面)

・茂呂剛伸(縄文太鼓)

・藤岡みなみ(サコッシュ、CD)

・D[di:](作品)

・小林亨(グッズ)

・福田康史(木彫り土偶、書籍)

・原なすな(スカーフ)

・うるし劇場(漆器、お箸)

・mogsan(CD)

・coma-chi(CD)

・ OKI DUB(CD)

D[di:]'s Apparel 2018 秋冬物はつばい中です

CC2_hp_top_2018aw.jpgアパレルブランドC.C.CROSSとスタートしたコラボレーションライン『THE DAY DREAM』シリーズの2018 A&W(秋冬)の新作がONLINE SHOPにて発売になっています。

今回はTシャツ3デザイン各4色とジップアップパーカー&トレーナー1デザイン各3色

どれも全て、D[di:]が企画から参加し、フィッティングからデザインまでこだわりを詰めたオリジナルデザインとなっております。

cc2018w_parker.jpg

こちらは、すっごい肌触りのいいパーカー。着心地よすぎて、わたしは最近こればっかり着てるw 

the world is play groundってのは、「この世は遊び場」なんだから、気楽に楽しく行こうぜ!っていう私の好きな言葉

あまりにも深刻に考えすぎちゃう癖があるから、視野がせまくなってるときに思い出すようにしている言葉です

そして、バックプリントになっている鹿のツノとハートの巣とひよこたちは、D[di:]的ドリームキャッチャーのイメージなんだよー

S__6373498.jpg

S__6373562.jpg

フロントには、両胸に鹿のツノがプリントされています

こちら、ゆったりサイズなので、男性でも着れちゃうサイズだよー

cc_2018w_trainer.jpg

おなじデザインで、(こちらはフロントプリントのみ)、プルオーバーバージョンもあるよ。同じ素材でできてるので、こちらも着心地、めっちゃいい

S__6373479.jpg

同じく3色展開(ネイビー/レッド、ブラック/イエローグリーン、杢グレー/ベージュ)

cc_2018_a_foxT.jpgこちらは、魔法の書はバックプリントされた、VネックT 4色(杢グレー、ブラック、ネイビー、ホワイト、)

S__6373541.jpg

S__6373540.jpgフロントには、Tシャツと同色であつ盛りラバープリントで THE DAY DREAMのロゴは入っています


S__6373632.jpg

こちらも、男性(でも、痩せ型系かな。。)、着れちゃうサイズ〜

cc2018_a_daimondT.jpg

胸ポケットつきのバックプリント、ダイアモンドT、4色(杢グレー、ブラック、ネイビー、ホワイト、)

S__6373650.jpg

cc_2018_A_rabbitT.jpgこちらは、アッシュカラーが、コーデしやすい!

"カリフォルニアの峡谷をドライブしていたら道先案内人の野うさぎが現れました"T

D[di:]でちょうどサイズなので、男性着用は無理そうかな

S__6373618.jpg

お買い求めは、

D[di:]のホームページのオンラインショップにてー

http://deeth.shop-pro.jp/

ビストロミヤマス作品制作こぼれ話/アトリエ杉本、ゴールデンカムイ

s0033.jpg前回ブログアップした、新橋のビストロミヤマスに納品した作品「RE-」ですが、シカのツノ部分は北海道の猟師さんから譲り受けたもので、もともとは頭骨も付いていたの。

今回作品にするために、剥製屋さんに依頼してツノと頭骨部分を切り離して、さらに壁掛けできるよう板に設置する作業をお願いしたんです。

それが、こちら三鷹にあるアトリエ杉本さん

http://atelier-sugimoto.jp/

S__6488251.jpg普通の住宅街というか、裏通りてきな通りに突如ありました。


S__6488274.jpg

店内は所狭しと、剥製たちがたっくさーん!どれも、美人に顔を成形されています!(たまに、剥製ってぶちゃいくなやついるでしょう。あれ、剥製師さんの腕の問題なんじゃないかと思うわけ)

ここのは、みんな可愛かったです。

S__6488252.jpg

で、そこのスタッフのお姉さんたちと、帰りがけに雑談していて、何かの話になった時に私が「ゴールデンカムイみたいだね!」っていったら、お姉さん、「はっ!」とした顔をして

「ちょっ、ちょっとお待ちください!!」

と、ゴールデンカムイ8巻を持ってきてくれて...

S__6488254.jpg

なんと、これが、

S__6488255.jpg

この子!!

S__6488256.jpg頭の上のリスまで完全、一致!

S__6488258.jpgえどがいくぅ〜んの上のほうにある鳥かごも、、、

S__6488257.jpg

ほぼほぼ、一致!!!

すげーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

図らずも、ゴールデンカムイ聖地巡礼!!!!!!!してしまったのだーーーーーーーーーーー!!!!

お姉さんたち、野田サトル氏が、このアトリエ杉本に取材にきたのがだいたい2年くらい前で、ずっと、聖地巡礼しに来る人いないかなーって思ってたところなんだって!!

わっ、わたくし、聖地巡礼ファン第一号っすううううううううう!!!!

ちょうど、この作業やっていたとき、まさにこのゴールデンカムイの8巻〜を読んだばっかりで、なんの奇跡かっと、大感激でした

ちなみに、このあと、北海道では、札幌ビール工場跡地にも行くことがあり(それについては、後日またブログにかくけども)

気がつけば、知らんうちに、ゴールデンカムイ聖地巡礼をしているという...てか、北海道出身なんだから、当たり前か...でも、

東京は三鷹で、こんな奇跡に会えるなんて、ちょっとーーーーーーーーーー!!!

大感激スギッワサーーーーーー!!!

てなわけで、アトリエ杉本さんに加工していただいた作品は、こちら↓

たいへん綺麗な処理具合でしたので、そのあとの私の作業がだいぶスムーズだった。。。

アトリエ杉本のみなさん、ありがとうございました!!!

S__6381598.jpg

常設展示先の、ビストロミヤマス、ワインも美味しいみたいなので、ぜひ、D[di:]作品チラ見しながらお食事しにきてくださいねー

けっこう、予約が先まで埋まっているお店なので、1、2週間の余裕をもっての予約をオススメします〜

Bistoro ミヤマス(新橋) https://bistro-miyamasu.jp/

WINE & Craft Beer Bistro ミヤマス
住 所 東京都港区新橋3-15-1
T E L 03-5777-2730
F A X 03−5777−2729
営業時間 17:00-24:00
定休日 日曜・祝日

4/38 1 2 3 4 5 6 38

MAGAZINE

『装苑』2020年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top