Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

NO Relax NO LIFE!(泣) バスルームタイムのあれこれの巻

2.jpg

以前も書きましたが、わたくし、かなりお肌が弱い系です。

ゆえに、頭皮も弱い系。そのうえ、髪の毛も細くて、すぐパサつく...と悩みが多いわけです。

ずっと黒髪なのも、実は、カラーを入れることが頭皮が弱過ぎて出来ないからなの...ああ...。

ちなみに、最後にカラーリングしたときは、頭皮から顔から赤く腫れてケロイドになり、2ヶ月くらいメイクが出来なくなったという悲劇...ぎゃふん!

そんなわけで、普段使いのシャンプーはオーガニックな素朴系シャンプーを使用してるんだけど、たま〜に、素敵な香りのシャンプーが使いたくなるわけで。だって、明日、素敵な人や物事に出会うかもしれないじゃない?

そんな予感がするときは、願掛けみたいにHACCHIのパフュームシャンプーとコンディショナーを使ってます。

んもう、パフュームシリーズってだけあって、この二つ、とってもい〜香り❤

そして、髪の仕上げりもめっちゃ艶やか。パッケージもラグジュアリーかつファビュラスだし。なんだか、ワンランクイイ女になった気分にさせてくれます。

それと、普段の艶髪目指しには、洗髪&ドライのあとは、写真左のglamshine cloudを2プッシュさらりと塗布してます。

31.jpg

カラーリングでの悲劇騒動の後は、もう、髪の毛に対して「触らぬ神(髪)にタタリなし!」ばりに、諦めてたのよ。もう、ごわごわでもぱさぱさでも、たまにベタベタでも、もうしゃーない!みたいな。だから、洗髪もできるだけひかえたり(髪には良いとどこかで聞いたのだった...)

でも、自分磨きに余念のないお友達の髪の毛のツルッツル、ピカッピカが羨ましくなって...www で、教えていただいたのが、青山にあるAMATA

仕事の〆切後のグッタングッタンに疲れたあとを見計らって予約!ボロッボロの状態、もはや心身&頭皮ともにな駆け込み寺。ヘアカウンセリングとヘッドマッサージと、頭皮と髪の毛健康アプローチを月一でやってもらってたら、ずいぶん調子が良くなってきました。

ヘッドスパ、めっちゃ氣もちえ〜!!至福!!

そこで、紹介されたのがこれ、glamshine cloud

せっかくヘアエステしてもらったツルツル具合の寿命がのびるの実感。

いままで、なんで、こんなに髪の毛に私、気をつかって来なかったのかしら!と思う程。

NOBUE さんいつもありがとう〜❤ 

それと、となりのスポイト瓶のはダヴィネス スカルプローション、スカルプケアのためのもの。

Davinesのパッケージ、どれもかわいいから洗面台に並べるために、もはやジャケ買い。

付け心地も、スーッとしてるし、洗髪のあと、乾かすまえに頭皮に数滴たらしてモミモミしてるよ。

41.jpg

そんでもって、毎日、湯船には浸かるようにしています。

北海道生まれのくせに、寒がり屋なので、お風呂はいれないと、マジで眠れない!

最近は、塩が浄化にもよいと言われたので、バスソルトをいろいろ楽しんでいます。サルソマッジョーレのエモリエントバスソルト(右)は、イタリアの環境汚染とは無縁の地下2000メートル、2千万年の地層から採取された塩!という太古の精神と繋がっちゃえそうな...つうか、これまた、瓶が可愛いのでジャケ買い。

香りがないので、フルールドファティマのバスオイルを数滴たらして深呼吸〜

暖まって、リラックス、一日の終わりは、これがないとホント無理!

(だから、海外のホテルでシャワーしかない部屋とか...ほんと涙目)

11.jpg

そんでもって、冬の大敵といえば、乾燥!

ボディケアを怠ると、乾燥肌のわたしは、もう次の日がいろんなところが痒くなったり、ひび割れて血がでたり...いろいろとヤバ!

それに

毎日ピラティス行ってるんだけど、そこでまず裸足になるので、かかとがカサカサだと、かなり恥ずかしい。

目の前にとなりの人の足が伸びてくるエクササイズ多いから、つい、目がいくんだよね。

で、もう2年くらい愛用してるのが、このONE THING のクラックドヒールリペアーバーム。

スティックのりの要領で足のうらに、うりゃうりゃっと塗り、そのあと、全体をマッサージ。足の裏には、全身のツボが集中してるので、寝る前にマッサージしておくと、次の日の足運びがぜんぜん違うし、浮腫もなくなるのでおすすめ。香りも良いです。

最強コスパ脳を求めて!②腸に関する〜腸と脳はつながっているですと!?

01.jpg

先週に引き続き、腸についてのあれやこれやレポートその2でございます。

みなさん、知ってました? 太古の昔、生物の進化の過程において、一番始めにできたのが腸で、そのあと腸の細胞が分岐して脳ができたんだそう。故に、脳と腸というのはつながっていて、これを「脳腸相関」というんだって。

なので、

「脳にストレスを感じる」→ 「腸の調子が悪くなる」

逆も言えて、

「腸の調子が良くなる」→ 「脳も正常に機能し、セロトニンが活性化」→ 「脳は最高のパフォーマンスを発揮できる!」

んだって。

ちなみに、このセロトニンとは、「幸福ホルモン」と言われていて、95%がなんと小腸で分泌されてるんだそうだお!わお!

そして、この「セロトニン」は、不足してしまうと、

やる気をなくす

集中できない

過食に走ってしまう

依存症を発動させる(アルコール、甘いもの、しょっぱいもの、辛いものなどを爆食いする)

寝付きが悪くなる

遊びに行く気にもなれないわ、仕事の妨げにはなるわ、ダイエットの大敵だわ、不眠は引き起こすわ...

完全にバッドスパイラルの引き金ですよ。セロトニン、君がいないと!!

どんな人でも、この逆の状態になれば、そりゃハッピーだよね!

てなわけで、このハッピーになれる「幸せホルモン」どうやったら増えるのでしょうか。

02.jpgはい。それも調べましたよ。みなさんも、これらを実践して、早速セロトニンを大発生させちゃおうではありませんか!

03.jpg

①起床後に朝の日光を30分程度浴びる!

まさに早起きは三文の得っつーわけですわ。

これは、外にでて30分ボーッとしてろってことではなく、家の中でも、カーテンをあけて日光をとりいれればオッケーだって。

04.jpg

②リズミカルな運動をする。

「一定のリズムを伴った運動の反復」が、なんとセロトニンを増やしてくれるそう。カンタンなところだと、歩いたり、自転車をこいだりかな。これらは5分以上20分程度継続して行う必要があるそうです。

他にも、「階段の上り下り」、「ヨガ」、「座禅」、「深呼吸/腹式呼吸」、「太極拳」、「歌唱」などが効果的なんだって。

05.jpg

③食事のとき、よく噛む。

これは、②の一定のリズムを伴った運動と同じになるんだけど、一口で30回くらい噛みたいところ。

たくさん噛めば、その分消化もよくなり、胃腸にかかる負担も減るので、腸内でのセロトニン消費量も減るしね。

06.jpg

④腸内環境を整える

腸内環境が整えるば、セロトニンがたくさん脳に運ばれるようになる。

ちなみに、小腸には乳酸菌、大腸にはビフィズス菌が腸内細菌のバランスをよくするために必要です。これらを各々バランスよく増やすと、免疫力もUPし風邪をひくことはなくなるんだって。

しかし...可愛く書ことしたんだが、完全にマーズアタックみたいになってしまった。。。

07.jpg

⑤グルーミング、スキンシップが効果的

恋人とのスキンシップ、家族や友人とのおしゃべり、マッサージを受けるなど。

そんな相手がいない!ときは、なんと「髪の毛をブラッシングする」のもグルーミングになるみたい!ストレス耐性になるそうです。

08.jpg

⑥トリプトファンを食べる食品を多く食べる。

トリプトファンは、セロトニンの原料となる必須アミノ酸で、セロトニンは、安眠ホルモンであるメラトニンになります。

トリプトファンを多く含む食品には、豆乳、そば、赤身魚(イワシ、鯖、かつお、マグロなど)、納豆、バナナ、胡桃などのナッツ、などだそう。

さて、いろいろ書いてきましたが、どれを実践するか、どれもこれも実践するかは自由として、一番重要なのは「継続すること」

セロトニンの活性には、3ヶ月ほどの継続が必要で、セロトニンを増やすサプリでどうにかなるわけではなーいっ!ってさ。

どれも、さほど難しいことではないとも思うので、レッツ!セロトニン大発生プロジェクト♥あなたも実践してみては?

ちなみに、毎日毎日、腸内環境について考えていたら、なんと腸のイラストを描いてくれという依頼が来たww...

あまりにもタイムリーすぎて、少々驚いた。普段だったら受けない話なのだけど、「お導き」すぎるのでお受けさせていただくことにして、今週は腸を描いています。

********

さて、前回に引き続き今回、誰に頼まれたわけでもないんですが、以前から描いてみたかった「イラストエッセイ」風なブログにしてみましたが、いかがだったでしょうか? 

自分キャラってのを、先日風邪ひいて、仕事もしたくなくて書いた落書きでかいてみちゃったもんだから、やってみたくなっちゃってさ。

まあ、しょうじき、手間もヒマもかかり面倒がすぎるので毎回はやらないですけど、また、写真も撮ってなくてレポートしたいことでてきたら、やろうかな。

ちなみに、このD[di:]キャラの帽子、なんなの?という質問がきたのでお答えいたしますと。

11411468.jpg

↓これが、2000年に出版した私のデビュー本「ファンタスティック・サイレント」(KKベストセラーズ/オビ文は、畏れ多くも敬愛しすぎてる宮崎駿監督にいただいた!)という本なんですが、このころ、自分キャラを、この頭に簡易アクマ角をつけたテディベアで表現してたのよね。

S__11403316.jpg

11403317.jpg

中身では、こんなかんじ...やさぐれてますね...

興味を持っていただたそこのアナタ、ご拝読いただければこれ幸い。絶版してっけどね!aha!

「FANTASTIC SILENT/ファンタスティック・サイレント」D著

KKベストセラーズ/2000年/ハードカバーA5版・ポスター付き、¥1500+税

最強コスパ脳を求めて!①腸に関するエトセトラ♥〜きっかけは、オナラから!

1.jpg

はい、こんばんは。今回は、年末から私がマジで困っていた悩みの種から始まった、腸に関するetc...果ては、"最強のコスパ脳コンディション"を求める旅のはじまりでございます。いろいろ腸のすごいコトが分かったから、恥をしのんでご報告っw

てゆーのもさ、年末あたり、やたらと旅行行っては美味しいものをたらふく食べ過ぎていたせいか、暴食癖がついてしまい、お腹にガスが溜まってしまうようになっちまったの。基本的に一人で作業してるだけなので家では何ら問題ないのだけど、ラジオの本番中にやらかしたらどうしよう?!シャレにならんぞ!全国に流れちまうぞっ!ってんで実は数週間の間、人知れず恐怖にうちひしがれておったのです。

そう...お腹のガス大爆発...オ・ナ・ラ!!

で、ネットでいろいろ検索していたら、ガス=つか、オナラの出所である腸についていろいろ出てきて...ともかく

『腸内環境をよくしないと、ガス大爆発は止めらんない!』

そして、

『腸内環境を良くすると、脳パフォーマンスが良くなる!』

つか、

『お肌にも良い!』

そんでもって、

『精神状態も安定する!』というような夢のようなトピックがイッパイじゃないのさ!

S__11395099.jpg

で、そういや同業者の友人カオリンが「腸内洗浄」なるもの行ってたなあ〜、つか、こんな本『美女になる腸トレ/齋藤早苗 著』のイラストも書いてたなーと思い出し、早速とりよせ読んでみたところ、どうやら私は、「過敏性腸症候群 ピリピリタイプ」という状態ぽい。

ストレスに弱く、神経疲労をおこしやすい人。頑張りすぎて、過重労働してしまう人に多い。お腹全体が硬くポッコリ。

腸が過敏になっていて、腸のけいれんでガスが大発生している。

実際には、たぶん、食い過ぎなんだが、まあ、ストレスめっちゃ多めのフリーランスな仕事柄、当たってないわけではない。

てなわけで、とりあえず腸内洗浄して、このガスなんとかしてもらおう!

しかし、この本の著者の齋藤先生のいるクリニックは1ヶ月先まで予約でいっぱい...ともかく今すぐ受けたい!てなわけで、すぐめで予約がとれて、お値段もちょっぴり安めのクリニックを予約してみた。

2.jpg

歩いている最中も数分おきに、ブーブーブー! 

年末でキラキラしたカップルだらけの銀座を、人知れず雑踏の中でブーブーしながら、そんでもって元来の方向音痴ゆえ2kmくらい歩きすぎて、汗だくで到着するも、なんかこのクリニック...変だぞ...。

受付のお姉さんの愛想が恐ろしく悪いし、医院の壁がかなり汚いし、照明の蛍光灯は薄暗いし、待合室にはBGMさえ流れていない...。

1時間近く待たされ、

通されたのが、寝台ひとつおいたらビチビチな畳1畳半くらいのセッマイ...えーと、これは、部屋じゃなくて...ベニヤの囲い?!

白く塗られた薄いコンパネの壁が思いっきり、、、びろ〜んって...反り返って飛び出てるンですけど...これ、誰も気にならんのかいな。

そして、施術してくれることになっている看護師(?)の方が、どうみても数年前までギャルってたでしょ?ってかんじの美容クリニック勤務のわりに恰幅のイイ化粧濃いめの黒いおねーちゃん...。看護師の人にはなんかこう...清潔感みたいなもの欲しい...だって、何をきいても、ギャル語で適当すぎる返しだから、なかなかに身を委ねる気分になれない。しかも、お尻にチューブさしてお水をお腹に通したら、さっさとどっか行っちゃうし...ぎゃー!!独りにしないでー!と思ったけど、なんか言いづらい感じだし...。

4.jpg

マッサージ好きなので、過去にいろいろ腸マッサージはうけてきたけど、こんなポンポコたぬきの腹太鼓みたいなマッサージは受けた事がないよ...。その上、自分の腸の状態についていろいろ聞きたかったのに、なーんにも説明してくれない...。施術自体は、お尻の穴から、チューブでお腹のなかにお湯と水をいれていくんだけど、かなり痛い。最後にチューブぬくとき、中の液体がべっしゃり足にかかったり...汚すぎる。終わった後は、げっそり...受付でお得な回数券について説明されたが逃げるようにあとにした。

キラキラ銀座を、フラフラで青ざめて帰宅。。。その日はものすごく具合が悪く、速攻で就寝。。。

しかし!

なんだか納得できない初めての腸内洗浄であったけども、翌日は、お腹がぺったんこ!ダイエットして一番痩せたときでさえ、なんだか下腹部がポッコリだったのに!

久々に見たよ、ハロー!ぺったんこなお腹!

で。しばらく、快腸!だった。ええ、ええ、ガスも出なけりゃ、腹も張らない。最高や...!

と思っていたのもつかの間、正月のご馳走三昧でまたしても、お腹が張り...そして、ガス大爆発...まじかよ...。やはり、週一ペースで一月は通わなあかんのかいな...。

で、今度こそ、齋藤先生在籍のクリニックを予約して、自分の腸の状態について、詳しく聞きたい!!と思い、試しに予約してみたら、正月あけそうそうはさすがに腸内洗浄する人もすくないのか、予約がとれた!

3.jpg

というわけで、またしてもブーブーいわせながら、銀座にある●コロンハイドロセンター(対馬ルリ子 女性ライフクリニック銀座)へ。

前回のクリニックが、なかなかの残念ぶりだったので、こちらのクリニックの駅近ぶり(迷わない)と、院内の綺麗さ(受付の方優しいし、部屋もきれいだし、間接照明だし)ぶりにホッと一安心。

そして、齋藤先生登場。「あー、本の人だ...」と思わずぽつりとつぶやいてしまった。なんだかドキドキするもんだね。

さて、施術。ベッドは、暖かいシートが敷いてあり、施術着も貸してくれ(前回のところはなかった)、毎回ひとつひとつの所作に説明してくれるし、扱いも丁寧。施術中、ずっとついて、優しくマッサージ...これこれ、これですよ。私が求めていたのは。

で、さすが腸内環境のプロ、質問しなくても、私の腸がどうなっているか教えてくれました。

5.jpg

毎日数度も排便があるわりには、腸の蠕動運動が良くない。

小腸が、食べ過ぎで消化不良を起こしている可能性。ガスがたまるのもそのせい。

対策としては、

小腸の動きを良くするために、定期的に休ませる(週2でよるご飯食べないとか)

大腸の動きを良くするために、ビフィズス菌サプリをしばらく摂取してはどうか。

炭水化物や食物繊維は、腸内細菌のエサになるので、なるべく食べる。

などなど。

昼間に比べ、夜の胃腸の動きは1/3まで減退するそうで、つまり、同じくらいの量をたべても、3倍食べてるのと同じことになるんだそうだ。昼より3倍くらい食べてたから、もはや9倍食っていたことになる。なるほど、やはり食い過ぎすぎだった。そりゃ、腸内で大爆発おこすよね。ちなみに、この日は、やはりダルくはなったものの、前回みたいに帰宅もフラフラとまでは行かなかった。

やはり、妥協せず、施術代ケチらず、こちらに先に行くべきでしたわ。とほほ。

ちなみに、私の場合は、またガスが溜まることがあってヒドくなったら来れば良い、一年に一回程度でいいんじゃない?とのことでした。前のクリニックは、まだ診察もしてないウチから、4、5回うけないと意味ない!みたいなこと言ってたのと比べると、どういうこっちゃという思いしか残らない。

というわけで、自分の腸内環境について知りたい・宿便とおさらばして、オナカぺったんこにしたい!読者の方いましたら、D[diː]の二の轍踏まないよう、ご参考にしてくださいまし。

ちなみに、腸の役割とは、消化吸収や排泄だけでなく、

ビタミンや酵素の合成。造血。

免疫力の活性化(リンパ球は小腸に全身の70%、大腸に10%=80%が集中している)

解毒...いわゆるデトックスですが、体内の毒素の75%は便から排出されるそう。

 

「美腸になると美肌になるメカニズム」としては、

腸に元気がなくなる→腸内に毒素が溜まる→毒素が体内に入り込み血液を通じて全身に巡る→吹き出物や肌のクスミの原因になる。

このバッドスパイラルから抜ければ、自然と美肌になるってわけだそう。

さて、来週は、腸について俄然、興味がわいてしまったD[diː]の腸に関するエトセトラについて書こうかと。

なんと、腸を良くすると、頭も良くなる、最高のパフォーマンスを発揮できるそうですぞ!

29/37 1 27 28 29 30 31 37

MAGAZINE

『装苑』2019年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top