Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

食いしん坊パワスポ探求隊★国内旅行のすすめ 熊本編2 DJ ZEN○といく、DOPE熊本♥

S__10985510.jpg今回は前回にひきつづき、火の国!熊本ガイダンスでございます。

MUSICOの前日に熊本入りした私たち(D[di:]と経理のなっちゃんfrom Qetic)は蜂蜜行商人でDJのZEN○ちゃんにdeepでdopeな熊本マジカルツアーのエスコートしてもらったのです。

で、そもそも今回の旅の一番の目的は、日本ミツバチの巣箱見学だったのよー。

ていうのも、わたくしD[di:]、2年程前からハチミツにDOハマりし、いろんな種類のハチミツを取り寄せては食べ比べに興じ、作品にもミツロウを使用するなど蜂にとりつかれてんじゃないの?とささやかれる事態なんだけども、そのうち、養蜂にまで興味をもっている今日このごろ。

なかでも日本ミツバチの生ハチミツ(非加熱処理のもの)は、市場に出回るのが、全体の数パーセントに満たない程で、とても高価だけど、栄養と滋養があって味も豊か。口に入れた瞬間にいっぱいに広がる、色にすると七色な味は、食べてみて!としか言いようがない(とはいえ、そんな美味しいハチミツは、養蜂家の腕にかかっているので、全ての日本ミツバチのハチミツが、というわけではない)

戦前まではたくさんいた養蜂家と日本ミツバチだけど、環境破壊と日本ミツバチの激減で今ではとても希少価値が高いの。

S__10985511.jpg

で。今回は、熊本は玉名にある植田さんのお宅に伺い、巣箱をちょろっと見せていただきました。

巣箱をお持ちの植田さんと巣箱前でパチリ。

本当は、巣箱の中や、ミツバチたちのドアップ写真などたくさん撮ったんだけど、蜂...ていうか、虫嫌いな人多いとおもうので自粛。

でもねー、日本ミツバチ、とっても小さくて、働き者ですんごい可愛かった!養蜂といえば、宇宙服みたいな服着ないと近づけないのかと思ってたけど、モーマンタイ!

ぜんぜん襲って来ないやないの...なにこれ、普通に共存できちゃいそう!ミツバチ、かわいい〜完全に目が♥...と、己のなかのナウシカ魂がふつふつと煮えたぎるのを感じながら、今一番ほしいもの、巣箱とそれを置ける環境...をうらめしい目で見ながらそこを後にしました。

さて、お次はお腹がすいたので、馬刺ランチと洒落込みましたよ。

地元の人が、馬刺を食べたいと思ったらいくというお店●かつ美食堂

なんと、ここ、いまではめったに食べられないレバ刺しもいただけちゃう!それに、珍しい馬肉の焼き肉やホルモンも...。

S__10985479.jpg

右上:肉煮込みご飯。馬肉を甘辛く煮込んだのがご飯にのっている。肉汁のしみたご飯がまた、とんでもなく美味しい。

右下:奥から、馬の心臓刺し、馬刺、レバ刺し、筆舌しがたい美味さ。

左下:馬のホルモン煮込み。けっこうパンチのある味...馬肉でも臓物系は結構クセがある。大人気の一品

いや〜これ、都内で食べたら、すごい値段いっちゃうコースだよね〜と。でも、さすが、馬肉のくに熊本。かなりリーズナブルでした。次は馬肉の焼き肉挑戦してみたいな〜。

そして、次に向かったのが、阿蘇は西原村にあるまさにマジカルスポット●オーディオ道場

ここ、ちょっとした小学校の体育館ほどの大きさはある、元は剣道の道場。そこに、貴重なオーディオやアンティークなものたちがぎっしりと詰まってるの。

S__10985506.jpg

↓2階から撮ったパノラマ写真。伝わるかな〜、この巨大さ!雑然とした感じ!あまりにも広くてモノが多くて、ドキドキする...。

S__10985509.jpg

好きなCDやLPを持って行くと爆音超絶スピーカーでかけてくれるということだったので、D[di:]は大好きなYosef LateefのEASTERN SOUNDSを。THE PLUM BLOSSOMとLOVE THEME FROM SPARTACASをかけてもらいました♥ 普段、iPhoneやウチの弱小スピーカーからの音とはぜんぜん違う音が聞こえてきて、音の位相や粒が手に取るように分かる程...至福がすぎる!

S__10985485.jpg

調子にのったD[di:]子、おつぎはJohn Coltraneが聴きたい!となり(Jazzなら大抵の音源はここにあるのでオーダーしたら探してくれます)かけてもらったのが、63年の17分バージョンのMY FAVORITE THINGSライブ版!巨大スピーカーから流れる音を目を閉じて聴いていると、当時の人々のざわめきや、息づかい、まるで、そこにコルトレーンが存在しているような音圧...そう、まさにタイムスリップしたみたい!

オーナー曰く「ここは、タイムマシーンなんだよ」って。普通にライブハウスに来たみたいに踊ったよね。

S__10985484.jpg

そして、超絶音質で音楽を楽しみながら、ここでは、自家焙煎の激ウマ!なコーヒーと、とんでもなく美味しいチョコレートケーキが食べられるの!

S__10985498.jpg

特に、このチョコレートケーキ、道場のオーナーの幼なじみで熊本市内で●洋菓子店アンジェ ミチコを営む66歳の天才パティシエの作。

なんでも、国際的な洋菓子コンクールで、3度もグランプリを受賞し、もはや他のパティシエが賞とれないからって、まさかの出品ストップをくらうほどの腕前。あまりにもほっぺたが落ちそうなほどの美味しさで、ああ!もう一度食べたい!!っていうか、食べにくるためにまた熊本に来よう!と本気で決意したら...のちにこの食いしん坊スピリットが、トンデモない事態を呼ぶフラグに...。

S__10985476.jpg

道場の奥には、ジャズBARもあって、薄暗過ぎて写真撮れなかったけど、ここで、シガーとかふかしながらジャズきいてゆったり過ごすとか最高すぎ請け合い。

S__10985489.jpg

2階は「時のかくれが美術館」になっていて、これまた所狭しとアンティークなものものと時計が並んでいる。

S__10985508.jpgS__10985507.jpgS__10985494.jpgオーディオ道場の外観。

実は、これ熊本滞在4日目の写真。というのも、食いしん坊スピリット(あのケーキもう一度食べたい!の...)が災い?して、本当は3日目に東京にもどるつもりが、なんと飛行機に鳥が激突。熊本空港には整備師がいらっしゃらないとかで、成田から整備師をよばないと整備できない!という事態に見舞われ、もう一泊しなくてはいけなくなったの。で、飛行機会社のアナウンスがひどくて、パニックになり、道場の娘さんに相談したら車で迎えにきてくれて(涙)、道場に一泊させていただいたのです...1日目に道場に辿り着いたときは夜だったので、周囲の状況がみえなかったんだけど、朝日の中の道場付近のまた幻想的な事。

S__10985495.jpg

トトロが猫バスまってたあの場所みたいな木立のなかに道場はあります。

"呼ばれていない"人は辿り着けない(結構な坂道の向こうにあるので、登るのを断念してしまう人もいるんだとか)こともあるというオーディオ道場。もはや聖地。

S__10985497.jpg

朝からまたコルトレーンを爆音で聴かせてもらいながら、美味しい朝食と、コーヒーと例のあのケーキ、食べさせていただいちゃいました。

道場オーナーも娘さんもアーティストで、道場のまわりには、自分で建設なさったというアトリエが建ってるんだけど、こんなところで、作品制作とか憧れてしまう〜!!と話していたら、いつか時間ができたら、レジデンスしにおいでって言ってくれた...!!なんと暖かい人たちなんでしょう!

そのためにも、自動車の運転免許、本気でほしくて今しかたがない(...そして、近所の教習所の資料請求しちゃった...かなりマジw)。来年の事始め、運転免許取得にキマリだな。

S__10985501.jpg

それと、●高千穂峡にも行ってきました。

前々から行きたかった超絶パワースポット高千穂峡。鳥肌がたつ程,氣が良かった。

日本人なら一度は行った方が良い場所ってのもうなずける。

S__10985500.jpg

ちょうど、紅葉もはじまっていて、とても素晴らしい景観でした。

S__10985499.jpg

駐車場の売店にあった、栗の渋皮ソースがけのソフトクリーム、これまた美味。

S__10985502.jpg

時間がなかったので、高千穂峡でのボートこぎは断念し(実際には、空港で延々待たされ、「しくじり先生」を最初から最後まで視聴して内山くんについてやたらと詳しくなる時間はあったのだが爆)、九州のスピ友達に「絶対見といた方がいい」とすすめられた、●天岩戸神社へ。

有名な日本神話(古事記・日本書紀)の中に書かれている天照大御神のお隠れになられた天岩戸と呼ばれる洞窟を御神体として祀っており、天岩戸神話の舞台となった場所。

S__10985505.jpg

社務所にお願いすると、宮司さんが天岩戸が見えるテラスまで案内してくれます。あの神話の舞台を目の当たりにできるなんて、すごく不思議。かなり草木が生い茂っていて、「なんとなく、あそこらへん」ていう認識しかできなかったけどw

S__10985503.jpg

そして、天岩戸神社から徒歩10分程のところには、天安河原があります。

ここは、天照大神にどうやって洞窟の中からでてきてもらおうかと、八百萬の神々が集まり、相談をしたとされる洞窟があります。賽の河原のような石積みがそこかしこに積まれており、かなりの圧巻。

人々の念がつまっていて、圧倒された...。

S__10985504.jpg

ハイレベルなパワスポ、スピリチュアルスポットが、熊本には、九州には他にもかなりの数があると聞いており、ああ、もう、すぐにでも九州いって回ってみたい!ていうか、九州の人たち、アツくて優しくて大好きすぎる!と飛行機飛ばない事件を経験しても、また行きたい熱が今日もふつふつですw

●熊本LOVEその後...

S__10993687.jpg

MUSICOでお会いした、宮崎の天才養蜂家はちみつじろーさんのハチミツが届きました。

MUSICOでもかなり買ってきたんだけど、あまりにも美味しくてすぐに完食...。

とくに、今回頼んだコムハニー、巣蜜は、ビーポーレンがそのまま入っていて発酵してるから、市販の巣蜜とは一線をかく存在。琥珀のようにもはや、歴史までを含んだようなお味。あと、じろーさん調合のセサミペーストはもう、これ、高級レストランとかで出す味でしょレベル。

そのうえ、自家製レモンまで送ってくれて、そのレモンがこれまたパワフルなお味...ww

ああ、しかし、わたし、ハチミツにどれだけつぎ込んでるんだよww...と思いながらも、ハチミツ愛が...もといハチミツ消費が止まらない...。

S__10993688.jpg

じろーさんのレモンでつけた、塩レモン、三温糖とココナツシュガー漬け、ハチミツ漬け。疲れてるときや、朝たべると、ほんとうにパワーがみなぎる。MUSICOで出会った若きファーマー達の九州の食材はどれもこれも美味しい。このあと続々といろいろなところから仕入れてしまいそう(ていうか、すでにいろんな所に注文しまくり済み...)。

S__10993685.jpg

そして、九州が!阿蘇が!恋しすぎて、おまけに阿蘇の水をお取り寄せ。

いままで、ウォーターサーバーのあの白物家電ていうか、冷蔵庫っぽいかんじが嫌で部屋に置きたくなかったんだけど、阿蘇の水を取り扱ってるCLYTIAとamadanaのコラボしたウォーターサーバーがレトロチックですごく素敵だったので、一念発起して購入しちゃった。いや〜当たり前だけど、白湯が好きなときに飲めるって贅沢〜!ちなみにこのモデル、いま放送中の「偽装の夫婦」のゲイの夫役の超路さんのリビングのセットにも置かれてたw

「食、音楽、温泉」と、3拍子のスーパー快楽そろうイベント『螺旋の食卓MUSICO 10 at 熊本』に行ってきた♥

S__10911749.jpg

先々月、ラジオにゲスト出演して貰って中学生くらいからの幼なじみだったんじゃなかったっけ、ウチら?てくらい意気投合した、蜂蜜行商人でDJのZENちゃんに誘われ、『MUSICO螺旋の食卓』という、オーガニックな食と音楽と温泉とアセンション必至なイベントに参加してきました。産まれて初めての熊本上陸でしたが、こんなに素晴らしい場所が!こんなに優しい民が存在するんだ!と驚きの連続。今週は素敵すぎる九州は熊本ガイダンスです。

S__10936448.jpg

MUSICOは、MANGOSTEEN( http://mangosteen.vc/musico.html )という過去には、シルクドソレイユのケータリングも担当したというケータリングチームが主催する、食と音楽のmixed up!な食いしん坊で踊るの大好きなD[di:]にはタマラン〜イベントっした。そして、字のごとく、『MUSICO 螺旋の食卓』とは、食卓が螺旋状になっておるのよー!

で、今回は、日本随一の農業県でもある熊本は菊池市にある四季の里という温泉付き(!)キャンプ場にて開催だったの。

真ん中のティーピーの中にDJブースがあって、それを囲むようにテーブルが設置されていて、ごっきげんな音楽聴きながら食事ができちゃうっていう算段。

また、この食卓の周りには、かわいいお店もいっぱい出店されていました。

S__10944562.jpg

夕食にも登場した美味しいお野菜のマルシェ、友作農園さん

S__10944566.jpg

かわいい手作り帽子作家キャシーちゃんのリアカー、Cathy Hat さん

S__10944564.jpg

左側のナウシカみたいな出で立ちの方が、帽子作家のキャシーちゃん。以前は東京にいたんだけど、熊本が気に入りすぎて、最近移住されたそう。キャシーの帽子がかわい過ぎて、即決でお買い上げしちまいました。雨すぎて鹿ポンチョきて真ん中にいるのが私。かぶってる帽子がキャシーハット。右は、一緒にmusicoに参加した菜っちゃん。

S__10944565.jpgS__10944569.jpg

S__10944571.jpg

そのおとなりにあった、美味しいオーガニック、グルテンフリーなスイーツやカレーを提供していたお店。

レモンケーキ、美味しかった。

他にも、アンナプルナ農園のおいしいお弁当や、お茶、ヒロポン農園の納豆菌で作った化粧水や乳酸菌など、気になる商品だらけで、お買い物しまくり...ww

S__10944563.jpgS__10944573.jpg

真ん中のステージでは、つねに、バンド演奏やDJサウンドが流れておりました。雨だったので、なかなかユックリできなかったけど...たき火があったかかった。そのよこで、ずぶ濡れでたたずむ少年w なかなかの異国感。

S__10944574.jpg 待ちに待ったディナーは、雨が凄くなりすぎて、結局、WARE HOUSEの中で始まることに。ちょっとしたホグワーツ魔法学校の食卓のようです。

S__10944575.jpg

なんと、MOODMANのDJをききながらの食事会スタート!贅沢がすぎる!!みんなで、いただきマース!

S__10944578.jpg 未来船マンチン号 菊池から宇宙へ(夕食編)メニュー

ー 丸ごと菊池和え ー
(友作農園ルッコラ、河上さんの無農薬栽培ヤーコン、佐村さんの無添加モッツァレラチーズ、菊池産のこんにゃく、加来さんのソフト豆腐、菊池の美味しい素材を「和え」)

ー 旭志牛と菊池柿とサラダ白菜の菊芋ドレッシングサラダ ー
(菊池の旭志牛と紫サラダ白菜など旬の葉ものを自家製菊芋のドレッシングでサラダ仕立て)

S__10944577.jpg

ー 菊池野菜の蒸し曼陀羅 ー
(友作農園となないろ農園の無農薬のおいしい野菜を丸ごと蒸し野菜曼陀羅に。菊池産大豆の養生味噌)

S__10944579.jpg ー 菊池野菜のラビオリ ー

(熊本の自然農小麦粉でパスタを作り、菊池のおいしい野菜を包みラビオリに。菊池野菜ソース)

S__10944554.jpg

S__10944560.jpg

ー 熊本猪の柑橘マリネの炭火焼ー
(熊本の猪を江口農園無農薬レモンと地球農園無農薬みかんでつくったマリネ液に一晩漬け込み。炭火で焼いて)

S__10944589.jpg

ー 赤鶏と菊池野菜のハリラ ー
(抗生剤、抗菌剤を与えず安全に育てた赤鶏の丸鶏を菊池野菜と一緒に丸ごと煮込みモロッコ風のスープ)

S__10944580.jpg

ー 天然酵母のカンパーニュ ー
(熊本産自然農小麦粉でつくった香り高いもちもちカンパーニュ)

渋皮つきの栗入り!

そして、さいごのデザートが凄かった〜

S__10944558.jpg

S__10944591.jpgS__10944590.jpg

ー 自然農小麦のクレープ
バターナッツカボチャのベイクドマウンテン みかんのソース ー
(なないろ農園バターナッツかぼちゃでつくったペーストを熊本産自然農小麦粉で作ったクレープでつつみ、フランペ。地球農園無農薬みかんソースとともに)

このデザート、美味し過ぎて食べ過ぎて、罪作りっ!した。

S__10887239.jpgマンゴスチンの代表、齋藤さんと。イケメンが過ぎる!

S__10944592.jpg

仲良しのDJ ZENちゃんと。ひょうきんが過ぎるw

お腹いっぱい!で、温泉に入り、リラクゼーションスペースで、お買い物をたくさんし、ZENちゃんのスーパーワイフかなちゃんにレイキマッサしてもらい、うとうと...からの、夜中は霧のたちこめる幻想的なステージでDanc'in!!

S__10944588.jpgS__10944593.jpg

傘をさしながら踊ったよ〜!なかなか楽しかった!寒かったけど!

S__10944587.jpg

ティーピーのマワリは、完全にファンタジーの世界になってた

S__10944594.jpg

朝からこの景色...幻想的が止まらない。

S__10944551.jpg

朝ご飯。ちょっと晴れてきた。

S__10944584.jpg

キッズたちが、「いただきます!」のかけ声してくれたw

未来船マンチン号 菊池から宇宙へ(朝食編)

S__10944582.jpg

ー 走る豚と菊池野菜のせいろ蒸し ー
(菊池市山中「やまあい村」を走り回る『走る豚』はくさみがなくとってもジューシー。旬の菊池無農薬野菜と一緒にせいろ蒸しに)

S__10944585.jpg

ー 菊池の雑穀雑炊 ー
(菊池の自然農米と押し麦、無農薬野菜を鯛の出汁で雑炊に)

with
ー 3種のディップ ー

・ジャー村梅干しディップ(ジャー村くんの手作り梅干しディップ)

・ネギ味噌ディップ(菊池産大豆、養生味噌のディップ)

・柑橘塩麹ディップ(熊本産自然栽培米麹と菊池産柚子のディップ)

いや〜朝から、とんでもなく気持ちいい食事と音楽!最高でした!

ちなみに、この日に熊本から東京へと戻ろうと思ったんだけど、飛行機に鳥が激突し、まさかの帰れませんでした...

そのはなしは、また次に...爆

さて、過去には、今回は、熊本と、ちょっくら行くのに大変な場所だったけど、過去には都内だったり都内近郊だったりでの開催もあったようなので...とはいえ、素敵すぎるイベントだったので、またまたどんな場所でも次も絶対行きたい〜!

オーガニックや、マルシェや、美味しいごはん、ご機嫌な音楽に興味ある人なら、間違いなく楽しめるイベントだと思うので、是非チェックだよ〜!!

秋の女子スピリチュアルの旅!浅間神社〜新屋山神社〜浜名湖の旅で運気アップ祭り!その2

S__10739848.jpgのサムネイル画像

そして、今回の旅行は、5月に行った星野リゾート「界 日光」で完全にアジをしめ、せっかく年一の三銃士旅行なんだから、豪勢にイキターイとダダをこねて浜松の浜名湖の目の前にある●「星野リゾート 界 遠州」へ三銃士を連行。

どうして、今回、わたしが、新屋山神社の例大祭を半年も前から企画していたというのに期日を間違えたのか...の謎が...解けました。(つか、そういうフラグだったと思う事に)

S__10748144.jpg

まずね、ついてすぐのおもてなしオヤツが抹茶のお団子にもみじの番茶。レモンをさすと色が変わるとかで、ガラスの器に色を楽しむだけの器をもってくるという趣向...手が込んでます。そして浜松と言えばお茶!ここから日本茶パラダイスがはじまりました。

S__10739857.jpg

その2な、おもてなし客室おやつは、ぐり茶まんじゅう。蒸し器がついていて、温泉街で売っている蒸したての温泉まんじゅうをお部屋で楽しめるという!!ものすごい美味しさで、一同、起立&礼(まんじゅうにむかって)

それと、下の青い入れ物は茶ずつで、ライブラリープレイス(紅茶やコーヒーが飲み放題で、浜名湖を見渡せる)では、いろんなテイストのお茶がたくさんあってそこから、自分の好きなものを持って来てお部屋で飲めるようになってた。私たちは、バジル緑茶や黒糖番茶をチョイス。全国津々浦々の美味しいお茶博覧会みたいになってました。黒糖の番茶は「おちゃらか」のもので吉祥寺にも売ってるけど、美味し過ぎたので自分用に帰りに買ったよ。

S__10739858.jpg

ロビー、そして、客室にあったかわいいこの椅子...特注だとか。埼玉の工房で制作してるんだって...ウチにも欲しい...!

肝心な客室の写真は撮り忘れた汗 けど、窓をあけたら、すぐに浜名湖ビュー!!で、浴衣だけじゃなくサムエも用意されてたり、お風呂に行くとき用の籠バッグまで用意されていたり、温泉の方でもタオルが用意されてて使い放題!風呂後わたしとか汗だくになるからバスタオル一枚じゃどうにも足りない!まさに痒いところに手が届きまくったおもてなし。LOVEすぎるわ...。。。

S__10748146.jpg

そして、料理が良かった。まず、ベランダで友人をおもてなしすることが最近の趣味みたいになっているアタシてきに、このお品書きはかなりグッときたわ〜達筆!!そして、料理が来る前に、その料理についていろいろ想い馳せちゃう、わくわくなメニュータイトル。

S__10739859.jpg

右上、いろいろ趣向がこらされたおばんざいプレート。とくに、柿の白和えや、松風はもうたまらんでした。

左上、皆さん、遠州ふぐって知ってます? ふぐといえば、下関が有名ですが、あそこで食べられてるフグの8割は、実は、浜松付近でとれるこの遠州ふぐなんだそう。ただ、ふぐは毒をもっているから調理免許が必要...ということで、下関にはその免許もってる料理人がたくさんいるので向こうが有名みたいになってるんだって。だけど、実際は、このアラウンド遠州のものなので、地元で食べるほうが安くて新鮮!もう、いままで食べて来たフグはなんだったの?白身魚だされてただけじゃないの?って思うくらい、テッサ、めっちゃくちゃウマかった!(写真左上。)そして、つけてたべるのもポン酢だけじゃなく、オリーブオイルと塩もあり、また違った味がたのしめるという...。

右下、ふぐと松茸の土瓶蒸し...わたくし、うまれて初めて土瓶蒸し、いただきました...はじめてのちゃんとした調理をされた松茸...なんせ、いままで何かにトッピングされた中国産のプラスチックみたいな松茸とか永谷園の松茸味のお吸い物でしか味わった事がなく...こんな風情あふれるお味だったとは...

左下、うなぎ。はい、これね。もうね、いままで食べたウナギのなかで一番美味しかった。翌日も浜名湖周辺でとても有名なうなぎ屋さんはいったんだけど、そこの10倍美味しかった...。専門店よりも美味しいなんてすごすぎないか...。。。

一口たべるたびに、時間よ止まってくれと思うほどに。

S__10739860.jpg

右上、蟹のほぐした身を団子状にして、その上にお茶の翡翠あんがかかっている...地味めにみえて...これが、とんでもなく美味しかった!

左上、そして、ここにきて超豪華なふぐちり鍋!スープ、ふぐの身ともに、滋養たっぷり味すぎてスッポンのようでした。

右下、そのお出汁でできた、鍋さいごのオオトリ、ふぐ雑炊!

左下、そして、秋を感じさせる選べるデザート!わたしは、遠州限定のお茶のみつ豆にしました...美味し過ぎて別腹がスギた...!!!

懐石食べ終わるまで二時間かかったんだけど、その間、ずっと食べてる料理を褒め続けていたので、最後はみんな食べながらにして感動しすぎて疲れはてていた。

S__10739861.jpg

そして、翌日のあさごはん。鱸の焼きもの、アメーラのジュレ、ぼくめし(うなぎの切れ端のはいった絶品炊き込みごはん)、そして、以前いった日光の界の話をしていたゆえ、2度目のご利用ありがとうございますって特別にサプライズしてくれたのが、伊勢エビのお頭つきお味噌汁!!朝から夕食なみの豪勢さ!普段の日常の食事に戻らんなくない?って一同不安になりましたとさ。。。

S__10748157.jpg

さて、ごはんを食べ終わったら、浜名湖を散策。おじいちゃんと犬君が釣りしていました。長閑っ!!

S__10739850.jpg

景色が外国のようなマリーナ。でも浜名湖。

S__10748156.jpg

S__10748155.jpg

ポスト地蔵...温泉街あるある的なへんな物たち...www

S__10748154.jpg

ホテルの窓から見えていた気になっていた、向こう岸にわたる●『かんざんじロープウェイ』に乗ることにした。

S__10739852.jpg

ロープウェイ車中から見える、遊園地パルパル。どこの国?感ハンパない。ここから流れる音楽がまた対岸の花火的で切なくも懐かしい。

ノスタルジックが止まらない。

S__10739853.jpg

絶景パないです。マストアクティビティですわ、ロープウェイ。

S__10748148.jpg

S__10748159.jpg

対岸、かんざんじの山の頂上からの風景。島を一周することにしたら、思いがけず、ちょっとしたハイキングに。

S__10748149.jpg

天気も気候もよすぎて夏かとおもった。汗だく。でも、風がとっても気持よかった。

S__10748150.jpg

軽く山登り

S__10739856.jpg

足にモケモケたちがたくさんへばりついてた。これ、とるの大変なんだよ〜

S__10748161.jpg

一緒にいったD[diː]三銃士仲間。汗だくになって山をおり、桟橋でスタンドバイミーごっこ。

S__10748163.jpg

そのあと、山をのぼって、ロープウェイで対岸にもどってきたら、こんどは、●『浜名湖 遊覧船/クルージング』に。

アメリカ製のボートだったらしく、チェアがとんでもなくフカフカしていて、きもちいいことこの上ない!

しかも前日、よく眠れなかったし、さっきのハイキングで完全に疲れきってたし、汗だくだった汗がひいてきたし、船長の優しい声でのアナウンスが子守唄にしかきこえず、がっつりうたた寝。また、起きた瞬間、あの世にいってしまったのか?!とビビビッとなりましたわ。

S__10748162.jpg

こんな写真、隠し撮られていた3分後に完全に撃沈。クルーザーが完全にユリカゴでした。幸せだった。なんにも景色みてないけどw

S__10748160.jpg

そのあと、ようやく朝のご馳走のお腹がこなれてきたので、うなぎ屋さんへ...。感想としては上述したとおり。

ま、普通に美味しいンだけどね。ウナギって、もう永遠に食べてられるなって思うわ。。。

S__10739813.jpg 

さて、今週のお気に入り。●『Mamma Chia』のオーガニックチアスクイーズ。1パック 99g ¥370

普段は、朝はスムージー、または野菜と果物の生ジュースなんだけど、最近、旅行や出張が多いと、当然ミキサーかついでいくわけにもいかないので、コレ持参して代用しています。どのフレーバーも美味しい。チアシードは、マヤ・アステカの時代から主食とされてきたんだって。当時の民兵が一口摂取しただけで、24時間動き続けられたという伝説もあるそうな。

私は、そんなに動けんわ〜笑笑笑

29/33 1 27 28 29 30 31 33

MAGAZINE

『装苑』2018年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top