Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

食いしん坊パワスポ探求隊★国内旅行のすすめ 北陸編 金沢21世紀美術館〜金運UP!金剱宮〜日本昔話の里、白川郷

S__11059280.jpg

ずっと行きたかった金沢に、友達のMINEちゃんが金沢21世紀美術館に転勤になったので、ぐるり北陸の旅ご案内していただくことに!今回の旅のお供には、高校のときの美術部の一年後輩で、高校生の時分から、私の"追っかけ"をしている謎の多い才女SHIHO隊員(彼女らは、高校生のときから、私のことを何故か『隊長』と呼んでいたのである)。3人で2日間、めーいっぱい遊びました!

2年前にもSHIHO隊員は金沢訪れていたらしいけど、まだ新幹線「かがやき」開通前で、駅前はあんなにピカピカしていなかったそうな。新幹線効果、すげいな...てなわけで、ピカピカの金沢と北陸地方の、美味しすぎ&楽しすぎ&ちょいスピ旅ガイダンスのはじまりはじまり〜♪

S__11051041.jpg

とりあえず、金沢ついたら雨でした...ので、ライトアップな兼六園見物は諦めて、まずは、●金沢21世紀美術館へ。

金沢21世紀美術館、一日に1万人を動員することもあるというスーパーミュージアムは、昼間に行くと入場だけでウン時間待ちなんてこともあるそうな!私が美術館についたのは、すでに17:30をまわってたんだけど、外は暗くなっていたので比較的人もすくなく、ゆっくり落ち着いて見て回れました。学芸員のMINEちゃん曰く、夕方以降の来館がおすすめだそう。

今回の展示は「誰が世界を翻訳するのか -Who interprets the world?-」と題された企画展。

のっけから、ナイジェリアの作家エル・アナツイの12メートル四方の作品がお出迎え。瓶のフタを銅線でつなぎあわせてできています。圧巻がすぎる。すげーーーーーーーーーー!!!

S__11051042.jpg

リクリット・ティラヴァニ、の作品がンモーーーー!素敵過ぎて、喜びの舞を披露する私。

S__11051040.jpgペドロ・レイエスの「人々の国際連合」シリーズ。一面水色で爽やかなのに、どこか不穏!

世界中でミツバチが消えて行く現状に、ミツバチハンターとしては、共感!

S__11051044.jpg

船のしたは段ボールでできています。イザベル&アキリザンの作品。

S__11051032.jpg

有名かつ大人気な、常設展のコミッションワーク。レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」

雨だったので&夜だったので、いまいち素敵に写真は撮れなかったが。

いや〜それにしても、金沢21世紀美術館、贅沢な美術館だった〜!

また違う企画展のとき見に来たい!って思うわ〜 常設展自体も面白いのでリピート率、こりゃ高いわよねえ。

S__11059281.jpg

どっしりとした図録。バラバラになるようになっている。収納にこまる系。

MINE ちゃんも、インタビューで参加してるー。すげーw

*「誰が世界を翻訳するのか」展は12/13で終了しています。

S__11051048.jpg

夜は、趣はんぱない主計町茶屋街にある割烹●嗜季

この主計町茶屋街、ずらり風情あるお店がならんでいるけど、どこもかなり前から予約とらないと入れないみたい〜

MINEやんのおかげで、すてきなお店でディナー!

S__11051023.jpg左上:酒ののめない私は、グラスにブドウジュース入れてもらって、カンパーイ!

左下:朴葉みその焼き物!朴葉みそってはじめてたべたけど、めっちゃおいしい〜! と、ゆずのジュレ。

右上:前菜

右下:こんな美味しい茶碗蒸し食べた事ない!な海老でとった濃厚かつクリーミーなお出汁の茶碗蒸し。香箱カニのお寿司、香箱カニの焼いたもの。絶品。

S__11051022.jpg

左上: 鯛の汁もの。あっさりお上品!

左下: 最後のデザート

右上:白子の磯辺揚げ!激ウマ!つうか、金沢にきて白子が好きになった...

右下:飛騨牛の混ぜご飯

私、全くお酒のめないけど、酒のツマミみたいな料理が大好物!なのよね...

割烹ってのも、あまり入った事がなかったのでいい経験になったわ〜

あの茶碗蒸し、どうにかして作れないのか...思案中。早速、次の日、市場で海老の出汁系を数袋購入...どれかでなんとか出来ないか試行錯誤するつもり!

S__11059282.jpg

それから、タクシーで移動して、MINEちゃん行きつけのバンド演奏してくれる系カラオケBAR●Music bar minshiaへ。

マスターがドラムたたいてくれて、D[diː]とmine ちゃんで、MR.BIGのTO BE WITH YOUとQUEENのボヘミアンラプソディーを。まさかの自分の曲も入っていたので、歌って逃げ帰ってきた。もはやテロw ひさびさに、生ドラムなってる前で歌ったなあ...やっぱ楽しい。

が、ホテルの温泉タイムが24時までだったので、1時間くらいで退散。また行きたいな〜。

S__11051103.jpg

で、今回泊まったのが、兼六園すぐそばの大正ロマンなクラシックホテル ●金沢白鳥路 ホテル山楽

ロビーには、重要文化財てきな調度品の数々が。入ったしゅんかん「うわあ♥」ってなっちゃいます

S__11051102.jpg

S__11051024.jpg左上:鍵までレトロ

左下:ドリップでコーヒーが入れられたうえに、金沢棒茶や、塩サイダー、お水...のペットボトルと飲み物すべてフリー

右上:あこがれの天蓋つきベッド!

右下:輪島塗の小箱に入れられた落雁など、ルームスイーツもかわいい

S__11067404.jpg壁紙もステキ〜

金沢2日目は、朝5時半に起きて、温泉に入り(あ、ここのホテルの温泉、すごく泉質がよかった!!お肌が、とぅるっとぅるっになったよ〜)、朝食をたべて準備万端!なのに

朝からあいにくの雨...

今回の旅、兼六園の紅葉もたのしみの一つだったんだけど、まさかの次回にもちこしか...

石畳が多いので、靴がぐっしょりなっちゃう恐れアリなんだもの〜

ていうか、MINEちゃんいわく、北陸はかなり天気が崩れる事がおおいそう。急に天気悪くなる事もおおいので、折り畳み傘は必須なんだとか。

てなわけで、食のアミューズメントパークにして、金沢の台所●近江町市場へ!

ぎゃーーーー!いろいろ買って帰りたい!が、さすがに新幹線のなかも暑いし、一人で食いきれないし、、、生ものは断念したけど、

加賀野菜はいくつか買ってきました〜。巨大キュウリとか、レンコンとか。

あと、お出汁をとるための乾物系をやたらめったら買ってきた。とろろ昆布だけで5種類ぐらい...最終的に荷物すごいことなってたw

S__11051052.jpg

その場でたべられるお寿司屋さんなども場内にたくさんありました。

朝ごはん食べてすぐだったので、ノドグロの握りをSHIHO隊員がゲットしてきてくれた...

D[di:]子、白米アレルギーじゃなかったら、これ、1パックくらいぺろりといきたいくらい、激ウマ!

ノドグロって、こんなに美味しいんだ〜!!!もう、いろいろヤバすぎる!

金沢いったら、近江町市場は、マストゴーですぞ。

S__11051107.jpgで、近江町市場をうろうろしていたら、そとにでたら、なんと晴れていた!

ので、お次は●兼六園へ!(どうでもいいけど、この時点で朝の9時...もろもろ分刻み行動...)

S__11059288.jpg

S__11051055.jpg紅葉しててとても綺麗でした。

S__11051054.jpg

S__11051053.jpgさて、お次は、車で移動!

北陸最大の金運スポットと名高い●金剱宮

S__11051056.jpg境内、非常に氣がすんでおりました。金運UPしたい方は、リンクをたどってみてね

S__11051057.jpg

カメ石

S__11051058.jpg

S__11051108.jpg 落ち葉がかなりキレイなことなっておりました。

S__11051106.jpgそこから、また車を走らせる事、数時間。日本昔話の里そのまんま!な、世界遺産●白川郷へ!

S__11059289.jpg合掌造りという構造建築の集落、世界遺産にもなっている白川郷。

いや〜たてものが可愛過ぎて、みえてきた瞬間に大はしゃぎしちゃったよ〜!!

S__11051025.jpg

いろりをかこんで、手打ちそばや、朴葉味噌の焼きもの定食などが楽しめます。お店のなまえ...忘れてしもた...。。。でも、こういう店はそこかしこにありました。

S__11059290.jpgちなみに、自撮り棒を買ったので、3人でうつしてみた...のだが、案外きれいにとれない。つうか、むつかしいね!

S__11051027.jpg もう、雪だるま。ミッフィーなんだか、まげにゃんなんだかw

このあたりから、寒過ぎてのんだ甘酒によっぱらってしまい、わりと意識朦朧とし始める...

S__11051029.jpgそれから、こんどは、富山県まで車をはしらせ、藤子不二雄由来の地、高岡市へ...

S__11051030.jpg紅ズワイ蟹、あまくて、最高でした!!

S__11051031.jpgノドグロの焼き物。刺身じゃなくてもこんなに美味しいなんて!!!いままでたべてたノドグロはニセモノだったんじゃないかと思ったわー!あーん!ノドグロ、もっと食べたいー!!!

実は、観光地化のすすむ金沢よりも富山のほうが海産物は安くて活きがいいらしい。

こんどは、もっと美味しいお店つれてくよって、居酒屋さんでおちあった高岡市在住のHさんに言われて、またすぐ北陸で美味しいもの三昧したくてしかたがなくなった♥

というわけで、それから21時過ぎの東京行の新幹線で帰ってきたよ〜ついたら、終電ぎりぎり!

移動しまくり歩き回りすぎてかなりつかれた〜しかし、たのしくて、美味しくて、最高でした北陸♥ みなさんの、北陸いくときの参考になればいいなっ

S__11051036.jpg1日目の北陸新幹線かがやきとワタス。

食いしん坊パワスポ探求隊★国内旅行のすすめ 小田原編 小田原城っ!なにもみえないやん...笑

S__10985549.jpgさて、先週に引き続き、またしても方位とりに行って来たレポート。初めての小田原ガイダンスです。

ちなみに、方位とりは、始めて行く場所、初めて一緒に旅する人、などもキーワードでポイントがついていくそうよw

さて、今回の方位とりでは、なんと朝の5時〜7時の間に家から出発というミッション...早いよ...

てなわけで、同行の美和テー(先日50歳にして花嫁となったPR職の大人女子。すっごく若く見える)は、後から追いかけ(方位とりでは、その時間にどうしても行けないときは、先にいっている人に後から合流すればOKというルールもあり)で、私一人で、まずは5時間ほど小田原をうろうろしてましたw

今回、小田原:パワスポで検索して引っかかったところに、全部行ってやろう!と意気込み、かなり入念な調査(超方向音痴なので、いつもは誰かにくっついて行ってたけど、今回は、美和テーをエスコートできるくらいになっておこうと決意していたのだ。5時間も一人でヒマだしw)

ちうわけで、まず、向かったのが、開運の社だという●松原神社

ご神徳として:社運隆昌、心願成就、開運、勝利、試験合格、長寿だそうです。

S__10985551.jpgかなり朝こっぱやかったので、境内には、お掃除のオジさんしかいらっしゃらなかったので、それはそれは、長い事いろいろもろもろご祈願おねがいしてきた。実際、人がいないほうが、集中して引き寄せできる。

ちなみに、写真2枚目のイチョウの木の前がかなりのパワースポットで、氣がたちのぼっているということだったのですが、私にはよく分からなかった。イチョウの木自体は、わりと誰でもウェルカムな印象を受けたけど。

それよりも、パワスポを感じたのが、写真3枚目のカメが彫られた石。本堂はもちろんだけど、ここにお願いごと頼んだ方が効き目あるかと思われます。

ツゲの木で彫られた、このカメ石のお守りがHPにのっていたから欲しかったのだけど、がっくり売り切れ!やはり、人気なのだな...この子w

さて、小田原には、2大アンパン勢力が存在します。

一つが、小田原駅前すぐの●守谷製パン店

S__10985548.jpg

相当な人気店なんだろうな。小さな店内に、いますぐお包みしますよ〜!てなかんじでお客さんにすぐに渡せるようにか、気のいいおばちゃんたちがずらりとスタンバってました。

D[di:]は、看板商品のアンパンと、ロックケーキ、それとそのお店の質をはかるのに最適アイテムだと思っているバターロールを購入。バターロールは手作り感のある、素朴でしっかりとした美味しさ。近所だったら、毎日通っちゃいそうな安定の味。ロックケーキは、ピーナッツのはいったスコーンみたいなかんじ。素朴で美味しかった。そして、アンパン。かなりドッシリとしていて、食べ応えあり!

S__10985556.jpg

そして、お次は、もう一つのアンパンの名店。駅から徒歩15分くらいの●柳屋ベーカリー

ここのアンパンは、パン生地がかなり薄皮っ!最高!こちらも、餡子がぎっしりなんだけど、甘過ぎなくて美味しい。それと、カレーパンがすごく美味しかった。パン生地がフワッフワで、カレーが結構スパイシーでした。

この2店、小田原に行った際には、是非食べくらべして欲しい。どちらも、とっても美味しいパンです。

S__10985567.jpgそして、是非立ち寄りたいのが、ここ。柳屋ベーカリーからほど近く●ういろう博物館

米粉でつくった和菓子で有名なういろうですが、じつは、もともとは、胃腸薬の薬屋さんだったんだってー。

もともと京都の薬屋が、小田原に呼ばれて店をだしたときに、和菓子職人もつれてきていて、その方が作って売って人気になったのが、外郎(ういろう)だったんだそう。胃腸薬の名前も、ういろうっていうので、結構ややこしい。この、ういろう本店の敷地内の倉の中が、ういろう博物館になっています。写真撮影は禁止だったので写真とれなかったけど、当時の用具や倉なかが見れてなかなか貴重な体験でした。入場は無料。ういろうのお菓子もいろいろ試食で食べ比べできちゃいます。ういろう、はじめて食べたけど、すごく美味しいもんなんだね〜。特に、ここのワラビ餅が激ウマだった。

S__10985565.jpg耐震設備強化で工事中の小田原城。。。。なんにも見えましぇんでした。16年の4月下旬くらいまでこの状況みたい...。。。

S__10985561.jpg

小田原城の敷地内にある●報徳二宮神社

報徳二宮神社とは、だれが祀られているのかというと、学校に置かれていた二宮金次郎の像、覚えていますか?あの方でした!

ちなみに、私が入った報徳二宮神社ですが、裏口から入ったんだけど、かなり聖域感ありましたよ。

私も、まだまだ勉強しなくてはいけないことたくさんあるので、まっとうできるよう、お願いしてきた〜。。。

神社の横には、豆列車なるものが、ありましたので、キッズたちにまぎれてのってきました。

S__10985566.jpgちいさな園内を2周もしてくれる謎のサービスたっぷりで乗車料80円。

まめ電車のってもまだ時間が余っていた...そして、あたたかな陽気につつまれて...さっき買ったパンもなかなかお腹にどっしりきてて...眠気が急におそってきたので、小田原城入り口付近の蓮池が風流な藤棚のところで、、まさかのお家が無い人スタイルで、一時間ほど昼寝...していまったww だって、朝早かったカラー!

S__10985558.jpg

さて、昼寝をして英気をとりもどしたので、今度は、小田原場内の歴史資料館で勉強してきた北条氏政と氏照のお墓が、どうやら縁結びパワーの開運スポットってことになってるらしいので、テクテク歩くことに。

駅から徒歩1分のところにありました。えー、こんなところに?!みたいな。●北条氏政・氏照の墓所

S__10985568.jpg

詳しい逸話は、HPなどを見ていただくとして、ここには、幸せの鈴と呼ばれるものがあり、鈴に願いをかけて持ち帰り、願いが叶ったらこの場所に返すというので、高校生や若者に人気のスポットなんだそう。

いろんなHPをみたけど、この墓所のところに鈴があると書いてあるのがおおいですが、いまは、駅ちかくの洋菓子店の店先に置いてあります(写真2)ここから鈴を持って行って、墓所前で祈願し、持ち帰るということみたいです。

ちなみに、洋菓子店が店先に鈴を設置してくれるのは午前11時すぎからだそうです。

13:30、5時間以上のボッチからようやく解放w 美和テー小田原到着。まずは、ランチで腹ごしらえってんで、これまた、小田原のパワスポで検索してたらでてきた、開運懐石料理屋●開喜へ〜。

店内は、非常に落ち着いていて、とっても高級感あり。女将さんも、なかなか気さくな方でした。

S__10985570.jpg

お料理もすっごく、綺麗でカワイイの!目でも楽しめるから、懐石って大好き!そして、どれもこれもヘルシー!

めっちゃ丁度いい量のランチでした。

S__10985584.jpgそして、最後の大目玉。この日のお宿は、小田原のパワスポ認定されている●ヒルトン小田原リゾートスパへ!

今回の方位とりミッション&キーワードが「キラキラしてるところ、女子旅できゃいきゃい、歌をうたう、鶏肉料理、米菓子」ということだったので、コレ全部準備万端なヒルトンにしたのでした。

とりあえず、すべてを体験しつくそう!ということで、アメニティを分刻みで消化。まずは、24時間営業しているジムでランニング&ウォーキングで一汗。そのあと、水着に着替えて、バーデゾーンの温泉プールで、ひたすらゆらゆら。

しかし、さすがヒルトン、外国人のお客が多かった〜しかも、この日満室だった。

ヒルトンきたら、ぜったい、このバーデゾーンは入った方が良いです。つうか、これ入らないと意味ないかもw

水着で入る温泉プール、かなり気持ちいい。水着必須。レンタルもやってるけど。

私は、この日、まさかの高校生のプール授業で着ていた水着もっていったわ。まだ着れた。アリーナって胸部にデカデカとはいったやつ。。。

さて、お部屋の感じはこんなかんじ。オーシャンビュー!お部屋のインテリアも、小上がり風のベッドになっていて、お家っぽくて良かったw アメニティもしっかりしてました。

S__10985580.jpgS__10985579.jpg窓から見える、景色。チャペルと海。昼間は晴れていたのに、だんだん曇ってきてよく見えなかったけど、晴れていたら、かなりいい景色なんだろな。

で、あらゆるところがなかなか良かったヒルトン、ここまでは、ふたりとも、きゃいきゃいしてたんだけど、事件は夕食時に起こった...チェックイン時にフロントに、かなり細かく15分きざみで夕食の時間について、予約的なものをしていたはずが、夕食のブッフェレストランの入り口が、とんでもない大混雑...え?何があったのよ?事故?みたいな...

えんえん待たされる事40分...予約の意味は?さんざんプールで遊んだ後だったので腹ぺこがすぎて(そこにいたほぼ全員がそうだった)もはや暴動寸前...。。。ようやく通されて、お腹いっぱい食べれはしたけど...ドリンクは待たせたお詫びにって無料にしてくれたけど(ていうか、そもそも無料じゃないの?ノンアルコールなんだし...)、、、天下のヒルトンなのに、この交通整理のできてなさ、かなり腑に落ちないね〜と。。。あんな細かく予約させてるなら、ちゃんと管理しておこうよ...。。。そもそも、ここのホテル、値段安い訳じゃないからねえ...

で、部屋にもどったら、次の日の朝ご飯、早くにこないとまた混雑が予想されますってお知らせがペライチのお手紙で入ってた...。。。

ちなみに、温泉も、なかなか良かったです。ただ、バーデゾーンのインパクトが強過ぎて、普通の温泉お風呂ってかんじに感じてしまうのは否めない。あと、カラオケゾーンも、むりやりご飯のあとにいったら、40人は入れる宴会場スタイルのお部屋に通され、そこで二人ぼっち...!!on stageでしたよ、完全に。一人一時間千円くらい。ホテルなのにそこはリーズナブルかも。

これ、たくさんの人できて宴会カラオケやったら楽しーだろうなあ〜!ともかく、50歳の花嫁に向けて、木村カエラのButterflyでご結婚祝い歌を強制的に聞かせましたw

S__10985586.jpgつうわけで、次の日は、朝早くおきて、まあ、朝ご飯、美味しかったけどね。リンゴとバナナが細かく入ったヨーグルト、ミューズリーがかなりのヒットだったので、今度自分で作ってみたい!と美和テーが何回もおかわりしてたwww

何はともあれ、ヒルトンご飯の時間の大渋滞だけ腑に落ちなかったけど、今回の方位とり、一緒にいった美和テーがこれまた性格のよい楽しい方でもありましたので、とっても楽しい旅ではありました★

そして、ここ最近、ちょっぴりマワリで超常現象が頻発していたので、一番の魔除けになるってのをいわれ、ダイヤモンド(自分の4月の誕生石でもある)の入ったネックレスを探していたのだけど、美和テーがとっても可愛いネックレスをつけてたの。まさに、あたしが探してたのこういうの!って思ったけど、そこのブランドもうなくなってて...ただし、美和テーが、昔PRやっていたというdress a dress を紹介してもろた。ここ、Dではじまるブランドだから、日本ではかなり珍しい(Dではじまる女性名ないので...)Dのイニシャルネックレスまであったてウッウキ!

このように、方位とりで話題にでたもの、紹介されたものは、ガンガンのっていくのが吉なんだそう。(と言われて、すぐに伊勢丹に買いに行ったw)

とりあえず、これで、ここ最近の超常現象がおさまってくれたらいいなと、お守りネックレス頼みの今日この頃。実際、あれからなにも変な事起きてない。

S__10985616.jpg

食いしん坊パワスポ探求隊★国内旅行のすすめ 伊東編 干物天国っ!

S__10985588.jpg

装苑オンラインブログ読者の皆さん、こんにちは。D[di:]です。

今週も、食と開運スピリチュアルを追い求めてプチ旅をしてきたレポートです。

S__10985598.jpgそもそもなんだってインドアなはずの私がやたらと旅行いってるかって?それは、『方位とり』というのを今年になって、実行してるのもあってなの。

諸説ありますが、『方位とり』ってのは、元は兵法の一つで、適所から適した方角より適した時間に敵地をせめ落とすために、風水で方角、時間、タスクチャートがはじき出されたものでした。

お友達の風水師に、方位とりの『盤』というのを教えてもらっています。教えられた期日の時間内にウチをでて、その方角に旅にでる、その旅の間で行った事は、倍になって帰ってくる。だから、お金を使えば使う程、倍になって戻ってきて、良い事をすれば良いコトが倍返しと信じられています。(ただし、悪い事も倍返しになって帰ってくる)この他にも多いので省きますが、いろいろ細かく決まり事があったりします。

ともかく旅先では、美味しいものを食べ、神社仏閣で祈願し、温泉でゆったりしながら、英気を養い日常の戦いに備える。そして、これは、回数行けば行く程、また距離が離れていれば離れている程、開運ポイントが累積していく...という。。。もはや、仕事そっちのけで遊びに行く口実としては、最高の言い訳にw

2015-10-23 08.31.29.jpgというわけで、今回は、その風水師&占い師カップルさんと2度目の方位とりに。東京からすぐ行ける80'sな昭和感満載の保養地、静岡県・伊東への旅ガイダンスです。

まず、1枚目の写真ですが、この日の方位とりの時間が夕方だったので、ついたらすでに夜もふけていたので、温泉入ってそのまま寝ちゃったので、一食目の朝ご飯にでたアジの干物w

今回泊まったのは、いろんなコトがセルフなので(布団敷いたりとか)お値段がかなりリーズナブルだけど、温泉と朝食の評判がいいということで●音無の森 緑風園へ。正直、部屋はかなり古めかしかったですが、無料だという朝食は絶品。

鋳物の専用焼き器の上で、アジのBBQが楽しめちゃったんですが、あまりにも美味しくて朝から3枚も食べちゃったほど...。。。知ってました?美味しい干物の焼き方は、まず皮側を上にして焼くんだそうですよ...!

2015-10-22 09.29.24.jpgちなみに、このアジの干物、ホテルななめ向いの山常鮮魚店のモノで、普通に買っても一枚120円程度...自分の食料確保のために帰りに大量に買って帰った事は言うまでもありません。金目鯛の干物もおすすめ。身がほろほろしてて美味しかった!

S__10985612.jpg ちなみに、このホテルの近くには、●音無神社というのがあって、このホテル自体も昔はこの神社の境内ないにあったと思われます。

音無神社の祭神は豊玉姫命(とよたまひめのみこと)。

かの源頼朝と、八重姫...愛し合う二人が密かに会っていた場所がこの神社のある「おとなしの森」だったと伝えられ、対岸の「ひぐらしの森」は、頼朝が八重姫に会うため日暮れを待った所といわれています。

やがて二人の間には男子が生まれ、千鶴丸と名付けられたが、伊東祐親の怒りに触れて殺され、二人の仲も引き裂かれた...その後、頼朝は、北条時政の娘政子と結ばれ、それを知った八重姫は入水したと伝えられています...

と、なんとも悲しい悲話のこる神社ですが、安産と縁結びのパワースポットのようです。

さて、朝食のあと向かったのは、前々から行きたかった、動物とサボテンのパラダイス●伊豆シャボテン公園。またしても、あたしの大好きなものが詰まった植物&動物園です。

S__10985592.jpg

S__10985593.jpgシャボテン公園についたら、まず入り口にこんな食べ物が。ソフトクリーム愛好家としては、まずたべるよね。

サボテンのソフトクリーム...、普通に、すっきりとしたお味で美味しかったです。

サボテンってこんな味するんだ〜、普通に栄養素がこんなに多いなら、もっとパワーフードとして出回ればいいのにな〜

S__10985595.jpg園内に入ると、そこかしこに、また鳥類や動物が、わりに放し飼い状態で、ウハウハです。

S__10985596.jpgアニマルボートツアーズというのに、乗れば、なんとあのワオキツネザルに餌をあげたり触ったり(めっちゃ噛まれたけどw)ふれあいタイムできちゃいます!

2015-10-22 15.57.22.jpgカピパラの親子にも餌をあげられたり...ていうか、カピパラの声がかなり可愛くってびっくりした!せつな〜い&かわい〜い声で鳴くんだよ〜w

赤ちゃんカピパラの可愛さは、ほんとにヤバいですw

S__10985599.jpgS__10985597.jpg熱帯植物&サボテン館もかなりの充実ぶり

S__10985611.jpg

こんなんとか

S__10985610.jpg

こんなんとか...

ああああああああああああああああ!ここ知ってたら、もっと前に取材にくるんだったーーーと、かなり頭をかかえたよ...

なにかっていうと、先週のブログで紹介させていただいた、12月頭に書店に並んだ拙著「ぼくのかわいいハリネズミ、ダーシー」の舞台が、実は、思いっきりサボテン植物園の中で...

S__10985523.jpgこんなカットとか

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2015-11-12 15.32.20.png

こんなカットとかがあり...

S__10985531.jpg

資料を無理矢理あつめて、四苦八苦して描いたのよね...先にシャボテン館知ってたら、資料写真とりにこれてたら、あんなに苦労しなかったのに...!!笑

そんな

「ぼくのかわいいハリネズミ、ダーシー」

青幻舎より、発売中です!

絵・文:D[diː](ディー)/かいぬし・写真:塚本翔太

判型:160×135mm ハードカバー

総ページ:64ページ

予価:本体1,200円(税抜)

はい、宣伝タイム終わりっ!

あと、おすすめなのが、自分の好きに寄せ植えが出来るサボテン狩り工房。

小さいサボテンがたくさん土に埋まっているので、それを箸でつまんで、籠にいれていくと、係の人が器用に寄せ植えしてくれるの。

S__10985602.jpg

私がチョイスして寄せ植えてもらったのが、これ。自宅へ配送もしてくれます。

寄せ植えって、小さなお庭みたいでバランスよく構築していくのは楽しいですよ。

S__10985615.jpg

そして、シャボテン公園の長ハシビロコウのビル先輩に、出会えたのが、最大の方位とり効果(うまくいっている方位とりの場合、例えば、一度も信号にひっかからない、とか食べにいったお店がどれもこれも雰囲気よし味よし!みたいなことになる)だったかもしれません!

ハシビロコウはかなり気難しいので、あまり人前にここまででて来る事はないのだそう。

シャボテン公園のなかでも、もっともお年をめして居られ(御歳なんと44歳前後。これ、鳥年齢じゃなくて人年齢で、です。)、まさにキングの風格、目つきのするどさ、貫禄やばいです。

2015-10-22 16.12.43.jpg2015-10-22 16.15.52.jpg上野公園のハシビロコウなんて、かなり隠れちゃってるし、檻と鑑賞スペースが遠過ぎてほとんど見えないのに、ここでは、こんな近さ!感動〜!!!

2015-10-22 16.15.09.jpg

さて、おまちかねの食いしん坊レポート!

シャボテン公園で歩きつかれたので、駅前にもどってきて、甘味をとりたい!となり、1948年創業の老舗パーラー●スイートハウスわかばへ!

このお店は、もうね、伊東にきたらマストゴーです。

2015-10-22 18.22.58.jpg

ソフトクリーム、いろいろ食べてきたけど、ここのは本当に最高!

形も、カワイイし、私が頼んだのは、クリームあんみつだったんだけど、餡子も全部自家製。

最高のマリアージュを味わえました。

2015-10-22 17.39.08.jpg

それと、店長おすすめなのが、サンドイッチ!マヨネーズも自家製らしく、卵サンドは、ふわふわであったか。絶品でした。

2015-10-22 17.39.02.jpg

店内にはいたるところに、わたせせいぞう氏のイラストがかけられています。ものすごくマッチング。

それにしても、どれを食べても全くハズレがなさそう!フルーツも新鮮だし、すべてが手作り!新製品を試食(ていうか、もはやオマケでだしてくれたマロンソフトも激ウマだった)させてくれるなど店主さんも、おしゃべり好きのとても気のいい方ですし、次に伊東にきたら、とりあえず、ここにまた来たい!

S__10985605.jpg

そして、よるご飯ではいった、このお店がまた激ウマな上に、激安でヤバかった!●まるげん 

新鮮な地魚や、お水、甘味などをたべることも、方位とりでは重要なミッションなんです(食べ物で幸せを感じることにより、さらに幸せを呼び込む効果)

S__10985606.jpgお造り。はい、普通に、新鮮、美味しいですわ。

S__10985604.jpg

D[di:]が一番、狂喜乱舞したのが、これ。まるごと一匹、金目鯛の黒潮煮つけ。

かなり、黒いですが、そこまで塩辛くはありません。とにかく、身がほろほろ、脂がのっていて、ばんざいっ!てしたくなるほどのお味でした♥

S__10985608.jpg

そのほか、伊東名物のちんちん揚げ。他のお店のちんちん揚げも食べてみたけど、ここのは絶品。

ちんちん揚げとは、いろいろなそのとき捕れた魚をすり身にして揚げたもののようです。

正直、オーダーするのが若干恥ずかしい...なんでこんな名前にしたんだ...ぜったい婦女子がモジモジ言うのを見計らってネーミングしたよな...

S__10985607.jpgあと、このお店でマストで食べた方がいいのは、これ!深海海老の唐揚げ。パリッパリで香ばしくて、最高だよ!

他にも伊東には、伊豆高原だったり、大室山だったりと、見所満載。今回は時間がなかったので全部みれなかった...そして、次回行ったとしても、またシャボテン公園と、上記2店のお店は絶対いくだろうな〜。

音無神社も、もっと真剣に縁結びのお願いしてくればよかったしーーーー!(切実)

てなわけで、美味しくって、安くって、楽しい!また行きたい街、伊東ガイダンスでした〜(つうか、もはや、自分がまた行くときのメモに近いな、これ。同じ行程するもん、ぜったいw)

28/34 1 26 27 28 29 30 34

MAGAZINE

『装苑』2018年9月号、7月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top