Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

(お肌の曲がり角)コスメ事情 その2

S__5357693.jpg

ここ最近、基礎化粧品ジプシーに陥ってて。

「あたしの肌にフィットしてるのは、これだ!」と自分のわがままスキンの恋人を探し当てた気になっても、おなじものをずっと使っていると脱感作で、効果が感じられなくなってくる。

もちろん、加齢でドライ化がすすんでるせいもある。

つーことで、アラウンドD[di:]フレンドの化粧品PRをやっている、おねえ様に相談したところ、b-glenを勧められた。

ここ最近、ネットのバナー広告がだいぶストロングなやーつですね。みたことあるぅ!

ラインで送って来てくれたのだが、すんごい量!ありがとうミワティ!愛してるぜ!

S__5357696.jpg

で、さっそく使ってみた。1ヶ月ほど。

ビーグレン、肌実感、効果でる人が多くて通販のみでリピート率98%を誇るだけある。

か、な、り、調子がいい。

特にこの、QuSomeローション(化粧水)とQuSomeリフト(マッサージ美容液)つけた瞬間から、もっちんもっちん。

冬を引きずって、乾いてしかたなかった地割れのような肌が、だいぶ再生してきた〜

S__5357697.jpg

そして、こちらは、

左から、QuSomeレチノA(ビタミンA美容液ー額や眉間のシワ撃退系)

真ん中、Cセラム(ビタミンC美容液ー透明感、ニキビ、シミ、くすみ撃退)

一番右、 QuSomeホワイトエッセンス(ブライトニング美容液ー紫外線の影響を無効化に)

このホワイトエッセンスで、シミが急に薄くなった気がしてくれてる

S__5357695.jpgそして、夜のスペシャルケア!

QuSomeモイスチャーリッチクリーム。少量でえっらい伸びる。スキンケアの仕上げに塗布することで、化粧水や美容液の効果を閉じ込め、効果を長時間持続させるんだとか。

翌朝の皮膜感がすごい!

S__5357694.jpg洗顔料も、いい。右のクレイウォッシュは天然クレイで汚れを落とす系。

ツッパリゼロ!洗った瞬間にすでにスキンケアしたあとみたいにしっとりしてる。

左は、ボディマッサージクリーム。なんと、脂肪を細かくしながら、引き締まったボディラインを整えていく...ですとお!夏にむけて、大腿部と臀部にがんがん擦り込んでいるところっ!

ブライアン・ケラーさんてゆー、研究者が開発した、b-glen。

独自の技術QuSomeとエイジング成分を融合させた、サイエンスコスメ。

シンプルイズベストッなパッケージもなかなか、いい感じ!

送料無料だし、これはしばらく、お世話になろうかな〜

(夏にむけての) コスメ事情 その1 M.A.Cとジェレミースコットコラボ

S__5505115.jpg今週の衝動買い。外箱パッケージからして、古臭い機材の箱仕様!なにこれ、ツボすぎる!

M.A.Cとジェレミースコットのコラボシリーズ?!

その名も、「ローファイ」/意図的な劣化サウンドの代表格、ラジカセ!!フォルム

ふたを開けると、サウンドインジケーター的に配置されたアイシャドーのパレットだなんて。。。。!!!

S__5505117.jpg本当は、NARSのアイシャドーパレットを買いに行ったんだけど、もはや手遅れで完売しており、伊勢丹新宿をトボトボあるいてお隣のM.A.Cをチラ見して、

速攻一目惚れってしまいました。こんなのだされたら、買っちゃうわ。ええ、ええ、買っちゃいますともさ。

S__5505116.jpgカラーの一つ一つにも、エフェクト名みたいな名前がついてるなんて。。。。ジェレミースコット、天才すぎでしょ。

この他にも、カセットテープ型のリップパレットや、CD型のチークパレットがあったみたいだけど、即日完売だったもよう。

もはや使われなくなった、80'S、90'S、的なデバイスとプロップたちを、こんなにキュートにパレットとして再現て、あーた!

あー、全部、欲しかった。。。

S__5505176.jpgちなみに、この夏限定色のスモールアイシャドウ(サン、タン アンド リピート)も購入。

15000円以上お買い上げだと、非売品のリップ一本もらえたよ。

S__5505177.jpg
早速、メイクしてみた。わかるかしら。このものすごいグッピー感。ホワイト一つにしても、偏光パウダー感できらっきら。

目の下のオレンジや赤も、気をつけて使わないと、とんでもない発色!うーん、だいぶ、あそべそう。

リップも、使いやすい一本。ありがたい。

この夏は、あの29色を駆使して、妖怪ウォッチばりにいろいろなフェイスアート楽しめそうw(もはや、メイクという名の顔中お絵かき...。)

犬ケ島のセット展示に感激してきたゆ @六本木トーホーシネマズ

S__5505128.jpg5/25から公開された大大大好きな監督、ウエス・アンダーソンの「犬ケ島」。

本当に、最高でした。脚本よし、ストップモーションアニメの動き、緻密さ、壮大さ、どれをとっても、とんでもないクオリティだったっっ。

S__5505122.jpgS__5505127.jpgS__5505121.jpg

試写会でみたけど、これは、もういちど劇場にあとで行かなきゃ!と思っていたら、なんと、六本木ヒルズのトーホーシネマズの特設会場で、

劇中セットの展示公開をやってるって!!この、パペットと劇中セットの展示、ロンドンでは5万人も集客したとか!

S__5505126.jpg

S__5505125.jpgS__5505124.jpg主要キャラクター、小林少年、とメインわんこたち、= チーフ/黒犬、デューク/灰色、ボス/ドラゴンズのユニフォームきてる、を前に、まじでやっべー!!

ほ、、、、ほ、、、、ほんものやーーーーー!!! 一緒に行った、まだ映画をみていない友達には「あんた、大丈夫?」みたいな顔されたけど、鼻息、この会場で一位二位をあらそう荒さっぷりだったにちがいない。

S__5505123.jpgドッグ病にかかった犬たちが送られたのは、ゴミの島である、犬ケ島、そこで作られた秘密基地は、空き瓶で作られていた(という設定)!これらも、一つ一つが、手作業で作られたミニチュア!

感動的です。。。もう途方もない作業量が目に浮かんで仕方がないです。。。

S__5505118.jpg

S__5505120.jpg

撮影日数445日、総勢670人ものスタッフ、5000平方メートル以上の5つのステージ、240ものセット、人形の数は1097体、各人形制作に役16週間、ナツメグという美女犬には6ヶ月!

果てしない〜。。。。特にモブシーンは見ものです!

【犬ケ島 story】

近未来の日本、というか、パラレルワールド的日本っぽい国、ニッポン。ドッグ病が大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を"犬ケ島"に追放する。

ある時、12歳の少年小林アタリ(小林市長が養子にした孤児)がたった一人で小型飛行機に乗り込んだ。愛犬で親友のスポッツを救うために。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬を仲間に、スポッツ探索を始めるが、メガ崎市の未来を左右する陰謀へと近づいていくはめにーーーーーーーーー。

と一言でいうと、こんなあらすじ。でもね、これもう一見しないとわからないのよ、てなわけで、ぜひ見に行って!!

S__5505119.jpg

S__5505165.jpg会場に置かれていたボードの、小林少年とパチリ。相手、人形ですけど!これなに二次元カウント?三次元カウントになるの?完全にファンかよ! てなくらいに、ハートをぎゅっとされちゃったわよ!

2/33 1 1 2 3 4 5 33

MAGAZINE

『装苑』2018年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top