Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

(夏にむけての) コスメ事情 その1 M.A.Cとジェレミースコットコラボ

S__5505115.jpg今週の衝動買い。外箱パッケージからして、古臭い機材の箱仕様!なにこれ、ツボすぎる!

M.A.Cとジェレミースコットのコラボシリーズ?!

その名も、「ローファイ」/意図的な劣化サウンドの代表格、ラジカセ!!フォルム

ふたを開けると、サウンドインジケーター的に配置されたアイシャドーのパレットだなんて。。。。!!!

S__5505117.jpg本当は、NARSのアイシャドーパレットを買いに行ったんだけど、もはや手遅れで完売しており、伊勢丹新宿をトボトボあるいてお隣のM.A.Cをチラ見して、

速攻一目惚れってしまいました。こんなのだされたら、買っちゃうわ。ええ、ええ、買っちゃいますともさ。

S__5505116.jpgカラーの一つ一つにも、エフェクト名みたいな名前がついてるなんて。。。。ジェレミースコット、天才すぎでしょ。

この他にも、カセットテープ型のリップパレットや、CD型のチークパレットがあったみたいだけど、即日完売だったもよう。

もはや使われなくなった、80'S、90'S、的なデバイスとプロップたちを、こんなにキュートにパレットとして再現て、あーた!

あー、全部、欲しかった。。。

S__5505176.jpgちなみに、この夏限定色のスモールアイシャドウ(サン、タン アンド リピート)も購入。

15000円以上お買い上げだと、非売品のリップ一本もらえたよ。

S__5505177.jpg
早速、メイクしてみた。わかるかしら。このものすごいグッピー感。ホワイト一つにしても、偏光パウダー感できらっきら。

目の下のオレンジや赤も、気をつけて使わないと、とんでもない発色!うーん、だいぶ、あそべそう。

リップも、使いやすい一本。ありがたい。

この夏は、あの29色を駆使して、妖怪ウォッチばりにいろいろなフェイスアート楽しめそうw(もはや、メイクという名の顔中お絵かき...。)

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2018年9月号、7月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top