Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

作品たちについて2

S__4055052.jpg

今週も先週に引き続き、D[di:]個展「THE DOOR 自分回帰 THE LETTER from the future, past, somewhere」の個々の作品の解説を。

当初は本日の11月29日までの開催でしたが、12月4日までに延長になりましたので、これをよんで気になった方は、ぜひ阿佐ヶ谷はTAVギャラリーにおこしくださいませ。

今週は、いまのところ12月3日18時〜19時、12月4日16時〜17時あたりは在廊予定です。そのほかはtwitter またはInstagramにて在廊日を随時載せております。

会期:2016年11月11日 (金) 〜12月4日 (日)

場所:TAV GALLERY

住所:東京都杉並区阿佐谷北1-31-2 Tel:03-3330-6881

営業時間:13:00 - 20:00

定休日:水曜日・木曜日

オフィシャルサイト:http://tavgallery.com/

064DDEB6-2F2F-4037-876F-96D5134C6AA4.jpg

ある巨人のメモ A sketch of things behind the door, as drawn by the Big Hands.

THE DOORシリーズに引き続き、別のドアを題材にしています。こちらは、ドアの向こう側に焦点をあてた作品です。前回のアセンション展でもテーマとなったネフィリムのような巨人(the Big Hands)が薄い紙に、ドアの向こう側にあるものを落書きのようにスケッチで残した巨大なメモというコンセプトです。薄い紙に書いたので、裏うつりして数列がすけて見えています。そこにコーヒーカップをのせたら、円形のシミができて、その上に、対数螺旋や植物の成長軌道を使モチーフにした模様を落書きしたのです。友達と電話でもかけながらかもしれません。

AF196D13-4B50-4D67-B634-8D90C328EBA4.jpg

うっすらと見える数列は、フィボナッチ数列で、前項と前項を足した数字が、次項になるというあの有名な数列です。じつはこの数列は、植物の成長過程や、結晶の形成過程などさまざまな自然界で現れる法則の数列で、足していくだけなので、永遠に続きます。永遠に続く数列なので、その数を暗号としてコード化すれば、すべてを表現できるともいわれ、この世の全て、宇宙をも内包する数列とも言えるかもしれません。ゆえに、これはドアの向こう側にあるものを表現できる数列だと私は感じています。

AAB6BD62-4259-4A6A-990F-56F6FC3EB3E8.jpg

Lost yet still here : KATAKAMUNA / MIKUMARI

43153956-8197-490A-B12F-1B84424042CD.jpg

Lost yet still here : KATAKAMUNA / YATANOKAKAMI

414F2DC8-EE4E-48A3-A56A-84693C01B367.jpg

Lost yet still here : KATAKAMUNA / FUTOMANI

「カタカムナ文献」、太古から秘かに連綿と伝えられた古文書である。縄文時代より以前、上古代の日本には、カタカムナ文明というとても高度な文明が存在していたと言われる。たとえば、特殊な鉄(火を使わずに、水をいれただけで瞬時に水が沸騰する鉄瓶など)を開発したり、後代の哲学、医学、易の思想、漢方などは、その文化の流れに展開したものだという。この文明で使われていたのが八鏡文字といい、カタカムナ文献/カタカムナノウタヒは、これを渦巻き状に配置された歌の形態をもつ。

6EB9C6FB-7EDE-4BF8-BEF3-ACA4027B08B1.jpg

Lost yet still here : KATAKAMUNA / KA or THE POWER

これらの文字は音にすると、現在の日本語へと翻訳できることが近年わかってきた。

「Lost yet still here 失われたけど、生きている」のシリーズでは、カタカムナ文献の歌の各首の中央、始めに配置される中心図象をおもにとりあげた。それぞれに意味がある。

ヤタノカカミ 三種の神器、八咫の鏡に相当する文字と言われる。神のことでもある。

ミクマリ 三種の神器、マガタマに相当する文字と言われる。陰陽を表す。

フトマニ 三種の神器、草薙の剣に相当する文字と言われる。生命を生み出すエネルギーの放出現象。

カ 「チカラ」の意味をもつ文字

7A604A12-97B3-4445-B081-85A9B12A9EAA.jpg

ちなみに、D[di:]の音、「でぃー」をこのカタカムナ文字の音にあて解読すると、「内側から自然と情報を発信し、循環させる」という意味になり、私が自分の名前を「ディー」とし、ドアをイメージしたのが、ここで合致した。

やはり毎日、人から呼ばれ耳から音として脳に入ってくる名前は重要なのだと確信する。名前の音に宿る意味がその人の生き方に合致していれば、名を呼ばれる毎に、その人はその方向に成長していくわけである。良い意味でも悪い意味でも。

またこのシリーズの作品は、ハーモニックペイントでのみ構成されている。それは文字自体に非常にパワーがあったので、オルゴナイトを同時に画面上に入れるとオーバーフローしてしまうためである。

A7981598-13CA-48DD-8CF9-E58F7356C717.jpg

The universal language ( as it currently stands), or initials of someone series いまのところ世界共通言語にして、または、あなたのイニシャル;A

1CE325FE-EF39-4E50-AD74-99E5AB01EE21.jpg

The universal language ( as it currently stands), or initials of someone series いまのところ世界共通言語にして、または、あなたのイニシャル;D

A6CBCC8F-EF54-4ADF-B6A1-BB951A6184E6.jpg

The universal language ( as it currently stands), or initials of someone series いまのところ世界共通言語にして、または、のイニシャル;Y

A4FD4C24-0023-42C9-B584-136FB72DD683.jpg

The universal language ( as it currently stands), or initials of someone series いまのところ世界共通言語にして、または、あなたのイニシャル;H

カタカムナがそんなに高度な文明であったにもかかわらず、縄文時代が約15000年前に始まったとして、少なくとも1万5000年前に滅んだと仮定して考えたら、いま現在のこの文明も1万年先にはどうなってるかなど誰にもわからない。ましてや、アメリカの大統領が先日の選挙であの人に決まってしまった今、100年先でさえどうなっているのだろうか。そのときには、いま私たちが公用語として使っているアルファベットも今のように存在しているのかもわからないのである。

とはいえ、「いまのところ世界共通言語」であり、ひとつの文字はアルファベットでありながら、誰かのイニシャル、何かしら意味のある文字であり、現在は生きた言語である。

2C557D00-5887-47A1-AD92-F1A1A0EF962E.jpg

私は、自分の名前をD[di:]としてからずっと、アルファベットの「D」アイテムをずっと集めている。他人からは「自分の名前好きだねえ」と揶揄されながらもなんのその、言霊という言葉があるように、自分のイニシャル(実は本名はぜんぜんDという文字はいってません)アイテムを周りに配置することで何かしらエネルギーに囲まれているような気持ちになるからである。

このシリーズは、受注制作をうけたまわっております。自分の(または誰かの)欲しいアルファベットをお申しつけください。

裏コンセプトは、死をむかえるときは、棺桶に一緒にいれてもらいたいシリーズ。

181AC898-BE36-43E7-B8E0-98874989E9A8-2.jpg

今回の展示とどうして自分回帰というテーマを選んだかについてのインタビューはウェブマガジン Qeticに載っています。こちらも合わせて読んでみてー

http://www.qetic.jp/art-culture/deeth-pickup-2/221683/ Qetic

作品たちについて1

5234178940671.LINE.jpg

さて、今週も現在、TAVギャラリーにて開催中のD[di:]個展「THE DOOR 自分回帰 」について。会期が少し伸びることになりました。12月4日(日)までとなります。今週は、11月25日の16時〜、11月26日の夕方あたりに在廊していようかと思っています。詳しいD[di:]の在廊日時については、Twitter(deethful_D)または、Instagram(deeth)をご覧ください。

4D39F0CD-0BA3-469C-B00A-72E91410F0CB.jpg ちなみに、ウェブマガジンQeticに、今回の個展についてのディープなインタビュー記事が載っています。来年で活動20周年のD[di:]インタビュー、こちらも、ぜひご覧ください。

http://www.qetic.jp/art-culture/deeth-pickup-2/221683/

そして、今回は、なんとなく丁寧にやりたくて。ひとつひとつの作品について書きたいと思います。会場にも手書きで解説を残していますが、期間中、これそうな方はここで予習してからいらしてきてくれたら、楽しく見てもらえるかも。

3B1F5854-43B5-4674-9376-112F9524605A.jpg THE. DOOR. No.1 / beginning

729C99F3-D9D9-4184-B499-D20FA7FC7661.jpg THE. DOOR. No.2 / beginning

F8BB2AF9-91EE-4B0C-842B-C0F717DBCCDB.jpgTHE. DOOR. No.3 / beginning

THE DOOR series

今展のステイトメントにもあるとおり、私は "過去、現在、未来、全てが収められている世界"にコンタクトすることにより、そこからイメージをひっぱり出して作品におとしこんでいる。そのひっぱりだすためのドアは、つねに産まれては消え、流動的に形を成す。また、そのドアの形や大きさも多種多様で、形さえないものもある。このシリーズは、今の私に「見えている」ドアのはじめのものである。形成過程のように、1、2、3と便宜的に表しているが、じつはどれもが完成されたドアであり、未完成でもある。

A31281F4-4B97-4C4B-BB63-ED6982F37F03.jpg つねにこれらのドアのは、作られていて、壊れて、また新しいドアへと形を変えていくのである。

アーティストとして今世で作品を作る人のほとんどが、意識的か無意識かは別として、このドアにアクセスする能力を持っていると思う。

このシリーズは、ハーモニックオルゴナイトペイントで制作しました。

675E6FF1-3160-498E-B639-94EBB1B0C0BE.jpg 今展のために、とある廃墟でプロモーションビデオを撮影したのだが、正直、奥に行けば行くほど、禍々しく、長時間決して居たくない場所だった。が、自分のこの作品たちを設置しておいた場所は氣の澱みがずいぶん軽減されたのを身をもって感じる機会となった。私の作品の前に立ったときに、何かスーッとする感じがしたり、気持ちや体が軽くなるような効果がみられたのなら、残念ながら、あなたも敏感な性質で、いわゆる第六感(シックスセンス)、霊感があるか、これから花ひらくのかもしれません。

A591B04B-F436-4FB3-A57B-45B9204853F3.jpg 平行世界群1

この世にはとんでもない数の平行世界、いわゆるパラレルワールドが存在しています。

このパラレルワールドを別の言葉で言い換えると「可能性」とすればSFやファンタジー用語としてだけではなく、実際に理解しやすいかもしれません。

BADF0E6E-0604-44AA-95CE-48E59F4A7914.jpg

それは、泡のようにブクブクとたくさんできては、パチンと消える、残る泡もある、それが可能性でありパラレルワールドです。私たちは、たくさんの可能性を一瞬一瞬で取捨選択し、いろんな方向に進んでいっているのです。私のイメージの中ではこのパラレルワールドはチューブ状になっていて、そのなかでいろいろなドラマが起こり、時間軸を進んでいっています。例えば、今の自分はにっちもさっちもいかない状態だけど、他のチューブ上では、とんでもなく恵まれた(またはもっとドン底)環境にすすんでいる自分もいるはずです。すべては、自分が選択した一瞬で世界が変わって行くのです。この作品では、そのチューブ状のパラレルワールドチューブが並んでいる様を描いていますが、これを1単位としてさらに広げて積み重ねていったらこの世界の平行世界のマップになるというイメージで、この作品は断片なのです。これは曼荼羅の要素でもあると思っています。

F0871B8E-97A4-4678-9CCB-A2DCF542ABB6.jpg 以上の解説は、ギャラリーに設置してるこちらの場所に、手書き文字でながなが綴ってもおります。

9AC24891-A7B7-4658-99AE-A4D361DF0D7E.jpg

会期:2016年11月11日 (金) 〜12月4日 (日)

場所:TAV GALLERY

住所:東京都杉並区阿佐谷北1-31-2 Tel:03-3330-6881

営業時間:13:00 - 20:00

定休日:水曜日・木曜日

オフィシャルサイト:http://tavgallery.com/

来週は、残りの作品について解説していきたいとおもいます

D[di:]個展レセプションパーティー

5217767699430.LINE.jpg

D[di:]個展、始まりましたー!そんでもって、11月14日は、ウルトラスーパームーンの夜、あいにくの雨で月は見れませんでしたが、レセプションパーティーを開催。D[di:]アーティストトークにて、生作品解説をさせていただきました w

ABAE621D-BBD7-4116-812B-7E34A786C864.jpg

この日の模様は、15日のオンザプラネットでも流させていただきましたが、遠くからリスナーさんたちがきてくれて、インタビューにも答えてもらってます。radikoのライムフリーで、D[di:]アーティストトークの一部と共に聴けるのでこれなかった方も聞いてみてね!

A611AFBF-E32C-475B-B35F-7B0D29E5710D.jpg

よくあるD[di:]の間違い表記について語ってるところ

575EE937-02F8-45EE-B6C7-70D49C475979.jpg566263C1-A67F-4842-8416-BD1CA43766DD.jpg前回の個展より導入の伸び伸び指し棒で解説するの、たのしい。。。

DB47B9DC-EEB9-48F5-8A3B-5D6C288A0235.jpgみなさん、神妙なカオでご静聴いただいていました。

134A1493-3082-4C86-B730-FB4031D6C67B.jpg20EDA756-0FCC-432A-8F3E-722BEAABDCE1.jpg今回の解説は、じつは、ちゃんとしたのが、研究発表!ってかんじで、全部手書きで書いた展示も行なっていますので、これからいらっしゃる方は、ぜひよんでみてくださいねー。

0ADF9C3C-F8AC-40F7-BD55-D1D9AA47AFC9.jpg

06327BE0-6079-4B2A-94DD-54B2239C6795.jpg作品展示の他に、今回は絶滅危惧種動物をテーマにしたヤマザクラとのコラボレーションプロダクトも展示販売しております。ぜひ手にとってみてみてください。

B13C4247-DFDB-4FA0-B6EC-939F6F5315F6.jpg604F5F6A-105F-4B04-AEA8-1EB2DF68AB1E.jpgDB8D1F93-E017-46E7-84DA-016AA16109B4.jpg9CDD4B14-D8E2-4952-95A6-219FF69BEFBE.jpgE833EE6D-1082-423C-944D-42E935C2E670.jpg

みなさん、冷たい雨のお足元の悪い中見にきてくれてありがとうございましたー!!

1/2 1 2 2

MAGAZINE

『装苑』2017年4月号、2月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top