Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

荷物を軽くしたいビジネス女子に朗報ガジェット!"iPad pro" 手に入れてみた!の巻

S__12091472.jpg

いや〜ついに、重い腰をあげて、外持ち歩き用パソコンを、iPad pro にバージョンUPしました!

いままで外持ち歩きで使ってたラップトップパソコンは、おそらく2009年ころに買ったMac book proで、激重かった...んだけど、今年のiPad proがヤバい!軽い!使える!とのウワサを聞き...

実際に計ってみたら、

今までのMac book proはバッグと電源入れたら、4kg超え...

9.7インチのiPad proは、カバーに入れても、たったの835g!軽っ!!!

S__12091436.jpg

そして、中身のセットUPする前にやったことといったら、いきなりマーキング的なデコレーションw

このD[diː]ステッカー、先月の台湾展示のときにウィンドウに貼る用で残ったカッティングシート貼ってみた。

気分は、痛車メイキング中のNERDです。わーい、これで D-Pad のできあがりー!

そして、数年前にFABRICKとコラボして作ったD[diː]デザインのiPad caseを倉庫の奥から引っ張りだしてきて、ようやく日の目をみせられた。

うれしー!そして、すっげえ、使いやすいw おすすめー!もう売ってないと思うけどー!

S__12091473.jpg

このように、オプションのiPad pro専用スマートキーボードを設置。これ、磁石で着くようになっていて、しかもディスプレイカバーにもなるようになっているという...優れものがすぎる。このキーボード、かなり打ちやすいです。ラップトップとほぼ大差なし。

さてさて、使用感想としては...

●PC同様に、マルチタスクなので、文字打ちながらネットで調べものも当たり前。

●企画書のテキスト打ちながら、図形かくのも、資料写真はっつけていくのも、お茶の子さいさい。

●カメラも綺麗だし、動画なんかは4Kで撮影できちまう。

●スピーカーもかなりいいから、普通にオーディオプレイヤーとしても使える。キャンプだの、ピクニックだのでも活躍するに違いない。

そして、上の写真左側の白い鉛筆状のものは、絵描きならマストバイでしょ。ウワサのApple pencilでございます!!!

S__12091433.jpg

ちなみにApple ペンシルを一緒に格納したかったので、ゴムバンドをカバー内側に縫い付けてみた...こういう地味作業が一番たのしかったりする。

4393729901226.jpg

いろんなアプリの使い方も、写真動画つきでコーチングしてくれるんだから......なんなのよ、いまの便利さ...しばらく、古いものばかり使っていたから、いろいろ脳内が陸の孤島化していた事を思い知らされる。

S__12091462.jpg

Apple pencilの使い心地ですが、これ、いわゆるiPhoneでいうところのスタンダードアプリの「メモ」で描いています。

ただのメモアプリなのに、絵までかけちゃう...。

しかも、鉛筆ツールとかが、もはや、本物の色鉛筆で書いたときと大差ない...なんだこのクオリティ。。。

液タブよりも、筆圧感知がかなりええ!

そのうち、紙もペンも、イラストレーターという職業までいらなくなってしまうんではないかという一抹の不安さえ感じる進化ぶりです。

S__12091461.jpg

アップにするとこんなかんじ。紙の質感とかもかなり本物に近い。

ほかにも、定規ツールとかもあって、簡単にまっすぐ線がかけたり...漫画書くのは、もうこのiPad proのほうがいいかもしれないな〜。

インクが乾く時間またなくていいもの!

S__3424259.jpg

これが、キャプチャ画像。いつも紙にやってる下書きと見分けつかないんじゃないかな...。

お外で、急にラクガキしたくなったり、スケッチしたくなったら、もう、これさえあればモーマンタイ。

ちなみに、このかわいいカオしてスモーカーな子うさぎちゃんラクガキは、

kozik-red-1000.jpgなつかしのFRANK KOZIKのオマージュです。↑これ。

S__12091460.jpgさて、さきほどのメモで下書きした絵を保存して、

Procreateっていう着彩アプリで、色塗ってみた。アクリル絵の具っぽさや、水彩っぽさが、いとも簡単にできるーー

これ、昔で言うところのPainterってアプリよりも、俄然、早いし、ニュアンスもでてる...驚嘆。。。

S__3424260.jpg

いたずら書き画面をキャプチャしたもの。

ツールボックスも極限まで少ないのに、たいていのことが直感的にできちゃうううう...私みたいな機械音痴でも、ぜんぜんいけます。

S__12091438.jpg

こちらは、Adobe comp CCっていうアプリを使えば、pdfの校正などが、Apple pencilで簡単に出来ちゃう様子...

いつもなら、届いたPDF画像をプリントアウトして、赤入れして、さらにスキャンしてPDFデータにして...って、スッゲー面倒だったことが、

一瞬でできて、そのままメールに貼付けて送れるという...革命がすぎるわ

この他にも、使えるアプリがたくさんあるから、少しづつ、覚えていきたいところ

S__12091435.jpg

いつも、夜中のラジオの生放送ではtwitter とかFacebook とかLINEとか、ひろげながら作業&放送してるので、重たいラップトップを持って行ってて、ドロのように疲れた身体をひきずりながら始発で帰るときに毎回泣きそうになってたんだけど、コレからは、もうラクチーーーーーーーーン

Kindleもカラーバージョンで見れるし...荷物がどんどん減らせて嬉しいがすぎる。旅行に持って行くのも苦じゃないし。

カメラもついてるし、ビジネス用途や持ち歩きでパソコン買うなら、もはやiPad proのほうが俄然軽くておすすめだわさー

但し、ラジオ本番中にSiriが起動してしまったのには、焦ったwww

どこで「Hey ! Siri」ってなったのか分からないけど、どこかの地名を読み込んでくれていたらしく、その地名に関して説明してくれて、しかも「例には及びません」ってのが、私の声の後ろで全国に電波に流れてて...たのは、ナイショのはなしw 

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年9月号、7月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top