Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

久々のスピ旅は、もやもや×アド街な、間々田八幡で出逢い運チャージ♥

S__11846044.jpg

久々の"方位とり"がでたので、栃木県は間々田八幡に行ってきました。

S__11846023.jpg

なかなか味のある駅構内の間々田地図まえにて八幡さままでの位置確認。

後ろ姿美人は、いつも「モヤモヤさまぁ〜ず」ばりのモヤ〜っとした旅でも楽しんでくれちゃう優しいお友達、美容関係従事ガールのIちゃま。

「5/9に栃木県の間々田駅で待ち合わせねっ!」という説明不足にもほどがあるLINEメッセにも「了解です!」と即答してくれるんだから、ありがたいことこの上ない。

ちなみに、間々田駅、私のウチから2時間かかりました...。。。

彼女の家もかなり離れているので中間地点が探せず、今回は、「女子旅しよう!」の誘いなのに、まさかの現地集合。

S__11846026.jpg駅をでてすぐには、味のある精肉店が。つうか、コンビニとか無いのがすごい(反対側にはあったみたいだけど)

とにかく、ピチクパチクと小鳥たちの鳴き声が!!のどか〜!!完全に東京の喧噪ガッツリ忘れて、駅でてすぐの住宅街を突き進みます。

S__11846040.jpg道路のマンホールカバーが、馬があしらわれてカワイイ。ゴディバのマークみたい。

S__11846027.jpg

古き良き昭和感の溢れる住宅街をてくてく。私もいつか一軒家を手に入れる事ができたら、玄関前に石灯籠やタヌキの置物おきたいものだ。

S__11846025.jpg

移動でランチも逃し、お腹がすいている私たち。たいていのお店がシャッター閉まってるし、コンビニもなーい!泣

そんななか、乙女屋という和菓子屋さんがオアシスのように現れた。

ちょっくらオヤツを調達すんべ!と中にはいったら、いきなり、コーヒーと柏餅をふるまっていただいた。

奥にあるカフェスペースでどうぞ、とな!!すごいサービス。。。これだけで数時間居座れそう...(コーヒーおかわり自由&他商品の試食も可能という太っ腹ぶり...)、まだ、歩き始めて15分くらいしかたってないけど、一休みしつつ、神社の境内で食べるオヤツを調達。

ちなみに、ここらへん一帯が、乙女町という町内のようでした。

それからまたまた住宅街を歩く事15分程度で...

S__11846046.jpgトトロの森的なところに鳥居見えてきたー!そして、ここに着くまで、見事に、老人と集団下校してる小学生しかみていない。

S__11846029.jpgというわけで、1枚目の写真にもどるわけですな。

パワスポだけあって、鳥居をくぐった瞬間からかなり気持ちのいい風がふいてきて浄化されてるぅぅう!てかんじっした。

しかもこの日は、月曜日の昼間だからか、ひとっこ一人おらず、完全に貸し切り状態。

S__11846028.jpg

広い境内にある、ひょうたん池とたいこ橋、緑と赤の対比がとても綺麗です。

S__11846059.jpgマガモのファミリーがいたり...

S__11846043.jpg

それを執拗に追いかけてみたり、逃げられてみたり。

S__11846058.jpg

境内には、映画「シコふんじゃった。(1991)」で本木さんがシコふんでたロケで使われたという相撲土俵場が!

他にも「テルマエ・ロマエ2(2013)」でもロケがあったようです。あ〜、あのシーンかな〜ww

S__11846030.jpg

さて、ようやく本殿!狛犬さまの顔がかなりユニーク!!

S__11846031.jpg

しかも、ちかくにあと2対の狛犬さまがいたんだけど、そのどれもが、ぜんぜん違う作者っぽかった。

こんだけ、狛犬のバリエーションのある神社ははじめてみたw

S__11846056.jpgお参りのあとは、自然公園然としている、ひょうたん池のマワリを散策。

あら〜あの太鼓橋の向こうの島すてき〜!と勇んで行ってみたら...

S__11846057.jpg

雑草がかなりボーボーすぎて入れませんでした...

4日前の5/5にはジャガマイタ(蛇まつり)っていう大きなお祭りがあったはずなのに、なかなかの放置プレイ。

S__11846061.jpg間々田八幡は塩が縁起ものらしいので、社務所に立寄ったら、かわいい黒猫さんが。

S__11846032.jpg

餌をやり過ぎたらしく、かなりファットなシルエットになってるけど「妊娠してないから!」と社務所のおばちゃんに言われた黒猫さん、かなり人懐っこい。

S__11846037.jpg「これ、めがけてきたの?」とオバちゃんに言われたところみると、有名のようです。間々田八幡でゲットした御神塩。

微妙〜に霊感のあるD[di:]子、神社に行っては塩をゲットし、ヤバいな〜ってのに遭遇、またはそんな場所に足を踏み入れてしまった場合、体にかけたり、風呂に入れたりしてお清めに使うのでございます〜。

持ち塩にしたり盛り塩にしたりと大活躍。

S__11846041.jpg

さて、元きた道を帰りますか。

方位とりルールとしては、「土地のもの」もご利益ものになるので、何か買い物しなきゃっつうミッションが。

S__11846060.jpg

しかし、精肉屋と和菓子屋以外で開いていたのが、農協のみ...。。。

でもでも、米も買えば貯金もできて旅の相談まで出来るし結婚式まであげられちゃうんだから、複合ハンパないぜ!!

道の駅好きとしてはハズせない『野菜直売』のノボリが上がっていたので行ってみた。

S__11846039.jpg

今回の戦利品。超おっきいトマト、ひとつ130円とか!

S__11846036.jpg

どこかで金賞をとったらしく芸能人と主婦絶賛(そのひとたち、だれなんだ...?)とでかでかとポップが掲げられてあった開運梅。

完全に開運に踊らされてるが、同じ生産者の梅酢もゲットしておいた。

そして、古代米香り黒米の開運八福餅。お餅には金運UPまちがいなしな神様シールがはってあります。

パッケージ内におみくじが入っていて、大吉だった!そして「ええもん食べて、ぼけんように!」のありがたいお言葉が。

開運しにきたので、開運ってかいてあったら、もはや買うしか無いじゃない。

S__11846048.jpg

そして、アローカナという種の平飼い鶏卵。

写真じゃ分かりづらいけど、すごくきれいな水色なの!めちゃくちゃ滋養があると農協のおばちゃんに言われちゃ買わない訳にはいかない。

S__11846049.jpg

そして、なんの気なしに帰りの電車でたべようかと思って買ったおやつ。「サクサクごまわかめ」というこちらのお菓子。

意外や意外、かなり美味しくて病み付きに!すぐに食べ終わってしまった...。。。

また食べたいと思い、検索したらAmazonで270円で売っていた...。。。わたし、直ヴァイ所で350円で買ったのに...。

S__11846033.jpg

うちらのモヤ旅行で決めているのは、コーヒーブレイクは、「喫茶店」に入る事。

カフェでは、だめなのです。メニューにカレーライスとナポリタンとかしかないような喫茶店でなくては!

つうわけで、Iちゃんが見つけてくれたのが、喫茶店「めめ」。

看板に、なんだかわからない生き物の絵が書いてあって気になってしかたないので、入るしかない。

S__11846034.jpgはい、つうわけで、めめちゃんの正体はこの子でしたー。

すでに数十年まえに亡くなっているらしいですが。

いい感じに、カーテンには穴あいてて、壁もなにもタバコですすけてて、お客さんもお店のオバちゃんもおじちゃんも、うちらの会話にガンガン入ってきて、親戚のウチに来た感満載です。

そして、ここで、しばらくここ最近はまっているNETFLIXで配信中の「ルポールのドラァグ・レース」をiPhoneアプリでIちゃんと鑑賞。そして、ここにきてドラアグクイーンについて盛り上がる。

そのあとは、方位トリミッション2。土地のものを食べる。つうわけで、

「めめ」のおじちゃんとおゔぁちゃんオススメのそば処、小川屋で夕食。

乙女定食1190円。刺身もトンカツもおそばもデザートもついて、このお値段!

安い...そして、普通に大満足。ここでも、またオバちゃんが強烈キャラで、ガンガン会話に入ってくる。

トイレに置いてある母の日にもらったというシャクナゲの花をみてくれ!といわれ、トイレに行かされる具合に...。

シャクナゲ、綺麗すぎて、造花かと思ってたよ、ごめん...

S__11846035.jpg

というわけで、なかなかに人懐っこいご高齢の紳士淑女のまち、間々田!

方位トリで家から「北」の方角で「神社」「パワースポット」などのキーワード検索でおもいつくままに決めた旅だったので、なかなか普段は来る機会のないようなデスティネーションでございました。

映画を見にいこう!月間「エクスマキナ」、「5th wave」など

kVKmAf90zJKFds1lIoRngY2GKKFU3Ir3YUfeV7A2f8XE8UbceeCABMRvObcbuRAy.jpg

以前は、私の趣味ってば「映画館に行く」と「試写会のはしご」だったんですが...

毎週深夜放送のラジオDJをやるようになって、1週間で2日も身動きできずで疲労困憊、その分本業もきゅうきゅうになり暗いところに行くと眠ってしまうので全然行けなくなっていたんです。もはや、映画は作業中にサブディスプレイで見るHuluのみ...ってなってた...のが、先月の4月で、週一DJも早一 年!ようやく深夜に3時間話しっぱなし生活にも慣れてきて、映画の試写会の試写状にも落ち着いて眼を通す余裕ができてきました涙

Ex-Machina-14.jpg

1本目

●『エクス・マキナ』

「ビーチ」で日本でも一躍ベストセラー作家と認知された作家のアレックス・ガーランドが、なんと初監督にして本年度アカデミー賞で、『マッドマックス』や『スターウォーズ』、『オデッセイ』などの大作を退け、視覚効果賞を受賞!

アレックス・ガーランド、すげーーーー!!そして、何もかもが、むちゃくちゃ、オシャレー!!!

実際にある北欧のとある超オシャレホテルで撮影されたとか。そして、この映画のロケ地として知られるようになり、ぜんっぜん予約がとれないらしいです。しかし、一泊とんでもない値段しそうですよ、ここ。。。

(Story)

検索エンジンで有名な世界最大のIT会社「ブルーブック」でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも人前に滅多に姿を表さない社長のネイサンが所有する別荘に一週間滞在するチャンスを得る。しかし、そこで待っていたのは美しい女性型ロボット"エヴァ"に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという任務だった...。

エヴァ役には、ルイヴィトンのアンバサダーで、『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。の、聖女のカオしたロボなのに悪女っぷりがもはや爽快でした。ひや〜、人工知能であっても女ってこわーい!

6/11(土)より、シネクイント他にて全国ロードショー!

(C) Universal Pictures

http://www.exmachina-movie.jp

S__11829412.jpg

2本目

●『フィフス・ウエィブ』

「キックアス(10)」のヒット・ガール役で、世界のオバカ映画好きのハートをギュンギュンに鷲掴みにしたがの11歳。時がたつのは早いもんだ〜!で、19歳でムッチンブリッブリに成長、さらにキュートになっていくクロエ・グレース・モレッツ主演!正直、キックアス以降この作品まで彼女が出ていた作品って(アクトレス〜女たちの舞台〜は良いらしいけど)、どれもこれも「あんたどうしちゃったの!?」ってくらいヒドいのが多かったけど、ようやく、普通に楽しめたわよ〜。

(Story)

地球外知的生命体"アザーズ"が人間に姿を替え、全世界はその攻撃...第一波/全世界大停電、第二波/大地震と津波、第三波/原因不明のウィルスの感染、第四波/アザーズの人への寄生...により人類の99%が死滅。壊滅状態となった地球で、生き残ったキャシーは人間と見分けがつかないアザーズの恐怖に支配されながらも、第五の波を食い止めようとするが...。

ディザスター+ジュブナイル+恋愛+SF+ミステリーという、なかなかのてんこ盛りジャンルな映画です。

4/23(土)より全国ロードショー、公開中!

http://www.5thwave.jp/site/

S__11829411.jpg 3本目

●『素敵なサプライズ 〜ブリュッセルの奇妙な代理店〜』

ベルギーのウェス・アンダーソンとも言われるマイク・ファン・ディム監督の天涯孤独となった若き大富豪が、謎の代理店にサプライズな自分殺しの死を依頼するダーク・ラブコメディ。ベルギーの街並が! お屋敷が! 庭園が!とにかく美しいです。

冒頭、ややまどろっこしさはあるものの、中盤からのジェットコースター的展開は引き込まれます。

名称未設定.png

悩める富豪とこんな恋がしたい!!(咆哮)

写真みたく、公園のベンチで包み込まれるようにお膝にのせてもらいたいっ!(白目)

こじらせ女子には、きっとたまらん一本。

5/28(土)より全国順次公開

http://sutekinasurprise.jp/index.html

S__11829414.jpg4本目

●『教授のおかしな妄想殺人』

ウッディ・アレン監督の最新作。「小悪魔はなぜモテる?!(10)」をみて大好きになったハスキーボイスと長い手足の魅力的なエマ・ストーンが教授に憧れる女子大生ジル役、悩める哲学科教授エイブ役にホアキン・フェニックス(故リバー・フェニックスの弟だったの最近知った...)。てうか、ホアキン、どうしちゃったのよ、アンタ!!!どうしたの、その太鼓腹!?に目が釘付けでいろいろ集中できなかったじゃない!!やーーーだーーーー!!あんた、ちょっと、痩せなさいよ!!!涙

(Story)

哲学教授のエイブは若かりし頃、政治活動に参加し、ボランティア活動で世界中を飛び回ったが、あらゆる挑戦や冒険に身を投じた結果、「人生は無意味である」という結論に達してしまい慢性的な無気力人間となっていた。アメリカ東部の大学に転任したエイブのクラスの女子生徒ジルは、センシティブさと謎めいたカリスマ性をもつエイブに惹かれ、デートを重ねる。ある日、ダイナーに立ち寄った2人の耳に、となりのテーブルから見知らぬ女性の身の上話に引き込まれ、エイブは完全犯罪を企てることになる。

ウッディ・アレン独特のコミカルさとオシャレさと楽しげな音楽でストーリーテリングされて行くコメディタッチな本作ですが、正直、私としては、全然笑えない...っていうのが感想。むしろ「ああ、こうやって、シリアルキラー的人物はできあがっていくのね...」という連続殺人犯製造のリアルな記録にしか見えんのだが。FBI捜査官モノのドラマや映画で、よく「性的不能」が殺人衝動につながる的なセリフあると思うんだけど、「ああ、こういう事だったのね」みたいな。。。

6/11(土)より全国公開

http://kyoju-mousou.com/

2/2 1 1 2

MAGAZINE

『装苑』2019年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top