Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

ニューヨークで大人気、ローズマリーズ日本初上陸におよばれ♥

S__11698335.jpg

ニューヨークのメトロのホームの壁みたいなモザイク。

S__11698343.jpg

少し前になりますが、新宿 新南エリアに3/25にグランドオープンしたNEWoManの6階に、ニューヨークはウェストビレッジのNo.1レストラン ROSEMARY'S (ローズマリーズ)がオープン。それに先立って、3/22にはシークレットなプラクティスディナーがひらかれ、お呼ばれしてきました。写真は、オープンのために来日したオーナーのカルロス氏と、お店の名前にもなっているカルロスさんのママン、ローズマリーさんと!お会いできて感激♥

S__11698337.jpg

リラックスとラグジュアリーが共存した店内。入る前から、わくわくが止まらない入り口。

S__11698338.jpg

店内の内装は、イタリア・トスカーナ地方ルッカ(フィレンツェのあたり?)に住む、ママン・ローズマリーさんの自宅の雰囲気、そして、お料理はママンの味をアレンジして再現しているんだそう。

どんなオシャレなお家にすんでるんだろ...!!

S__11698340.jpgバーカウンター。

S__11698364.jpg

ダウンライト気味の店内は、ゆったりとした気分にさせてくれ、なんだか新宿じゃなくて本当のニューヨークにいるみたい!

店内からも見えるテラスはみどりがいっぱい。ここで女子会なんか開いたら、楽しいに決まってる。

写真は、D[di:]のPRをしてくれているスーパーPRおねえさんの芦川さんと。

S__11698339.jpg

空がひらけたテラスは、真夏の夜なんかにきたら気持がいいだろうな~!

お昼に光がいっぱいに入った中でランチもしてみたい。

それにしても新宿の摩天楼が、えっらいオシャレにみえてしまう。

S__11698341.jpg

ニューヨークのローズマリーズのように屋上には、ルミネが管轄しているルーフ菜園ができるそう。そこから望む風景もかなりオツ。

S__11698353.jpg

ローズマリーママの人柄がカワイすぎて、大好きになっちゃった!で、何回も抱きつく私ww 

ママには、My new friend D[di:]と呼んでもらえましたw

と左、ローズマリーズのディレクター、シンディさん。シンディさん、あまりにも日本人ぽいルッキンだったので、しらんで日本語で話しかけまくってしまったorz ローズマリーのみなさんは、とってもチャーミング!

S__11698356.jpgお食事のテーブルで同じだった、大人気なメイクアップアーティストの早坂香須子さんと。

早坂さんが、声も、にっこり笑顔も女優の大竹しのぶさんにそっくりすぎて、ご飯食べながらドギマギしちゃった♥

S__11698363.jpgテーブルセット。何がでてくるのかワクワク。

S__11698347.jpg

お酒の飲めないD[di:]でもウキウキ、かわいいソフトドリンクが充実。

で、ディナースタート。

S__11698348.jpgまずは4種類のデリのアソートメント

S__11698349.jpg

蛸のサラミ仕立て シチリアンレリッシュ添え

S__11698350.jpg

ふかふか!まるで、ケーキみたい。

生ハム、ルッコラ、季節のフルーツのピザ風フォカッチャ

S__11698352.jpg

サルシッチャとブロッコリーのオリキエッテ

S__11698354.jpg

Must EAT!

ここの牛肉なら苦手なD[diː]子も何枚も食べられそう!

周囲がクリスピーで中が超レアでジューシー♥な牛肉料理タリアータと、

イタリア風チャーシュー?の子豚のロースト、ポルケッタ。トマトソースや岩塩をかけていただきます。

S__11698355.jpg

デザートのパンナコッタ、濃厚なお味。

S__11698387.jpg

真ん中の恰幅の良い方が、エグゼクティブシェフのウエィドさん。

ローズマリーズの味を伝授しにいらしたそう。

ニューヨークではどんな時間にいっても一時間は必ず待ちだというローズマリーズ。

またフォカッチャとお肉たべに行きたーい!www

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年4月号、2月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top