Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

仲良しの同性カップル、ゆー&つーの結婚式に出てきました♥

S__11690012.jpgおそらく、リッツカールトン東京が出来て以来、初?な、同性どうしの結婚式ゆーつーwedding。豪華ッ!!

31767.jpg

●売れっ子写真家の中川司氏こと、「つーさん/ツーピー」

LEONをはじめ、人気メンズ誌やフード雑誌でカメラマンをつとめ、ラグジュアリーなロケーションを求めて世界各地を飛びまわるジェットセッターカメラマン。たまにQPみたいな赤ちゃん状態でキュートな甘えん坊になるので、ツーピーって呼ばれてる。

と、

●幸せ料理研究家「幸也飯」代表の寺井幸也氏こと、「ゆっきー/ゆー」。

幸也には、何度か私のラジオ番組のコーナーに登場してもらってその料理名人ぶりを披露していただいてる。最近では、有名メゾンのパーティーや、人気雑誌撮影時のケータリングなどを手がけ、ここ一年で、飛ぶ鳥を落とす勢いの売れっ子料理研究家になった幸也、つーさんが溺愛する美形メン。

の二人のフィギュアがお出迎え。めっちゃ二人に似てる。すごい出来、、、、誰が作ったんだろwww

31766.jpg

リッツカールトンTOKYO! なかなか足を踏み入れる場所ではないので、とりあえず、キョロキョロ!

グランド・ボールルーム前の回廊、、、、広い、豪奢。つーさんお仕事仲間のIKKOさんからバカでかいお花など届いていました。さすが。。。

S__11689992.jpg中は、そこかしこにお花が!

秘密の花園ボール・ルーム!!ため息が出ちゃう!

この日は、テレビ取材も入っていてたくさんのカメラがお二人の幸せの門出を激写するために待ち構えていました。

31771.jpg

二人の舞台。ちなみに、この日の男性司会者は、つーさんと同級生で以前はお笑いのコンビを組んでいたこともあるという(!)ロンドンブーツ1号2号のアツシさん。口を開く度に、会場を沸かせていました。

つーさんが、アツシさんにカミングアウトしたのも、実は最近だったようで、かなり驚いたそうw

「何度もコンビ時代やバンド時代に、司の家には泊まったけど全く襲われなかったし、普段からそんな素振りもなくて気がつかなかった。僕の事は全くタイプじゃなかったんですね~」

ツーピーが、それに答えて、何度も頭を縦にふっていたw

S__11689998.jpgすてきなテーブルセット。

S__11689993.jpg

星野源のSUNを生バンドが演奏し始めたら、二人が歌いながら登場!

S__11689994.jpg

熱唱する二人。

S__11689996.jpg

新婚さん いらっしゃ~い!に呼ばれたカップルみたい。

S__11689995.jpg

人前結婚式ということで、それぞれお二方の親友が署名をしているところ。

S__11689997.jpg指輪の交換をする二人。

私のiPhoneが未だiPhone5なので、カメラがshitすぎて、画像わるすぎ...ライトが当たってるところが全部白トビしちゃう~。そろそろ新しくしなきゃと決意させられたわ。。。ここからは画像かなり悪めですが、ご了承ください。。。

S__11690043.jpg

突如、ジローラモさんが登場!し、スピーチ。かなり面白くて、トークの花火打ち上ってましたw

そして、「俺のようになるな!幸せになれよー!」の言葉を残して、風のように去って行ったwww

S__11690002.jpg

友人代表で、ブレンダこと敦子がスピーチ。お酒を飲むと、よくケンカを始める二人に、「二人でいられることを当たり前と思うな。酒飲んでケンカするな!」とスピーチ上で約束させていました。

私もふくめ、二人の痴話ケンカを目撃したことのある場内の友人勢は、一様に頷いておりましたwww

「二人がケンカを始めたら、グラスの酒を頭からぶっかけて良い」というルールがここに誕生。

S__11690007.jpg

つーさんがメンバーだったというバンド「エジプト」のメンバーによる余興。ファラオ、クレオパトラ、ピラミッドのピラミーちゃん。

エジプトというバンド名のわりに、まったく関係ない衣装かつ楽曲であった笑

S__11690008.jpg

つーさんの親御さんへのお手紙。

昨年の1月に、親御さんにカミングアウトしたという、つーさん。

気がついていると思っていたけど、まったく気がつかれていなかったことに逆に驚いたそう。

初めて、幸也を実家に連れて行ったときには、普段は何事にも物怖じしないお父さんが動揺していたとのこと。

それでも暖かく、「自分の人生だから、自分の思うように生きるべきだ」と言ってくれたことに感謝しきれない。

手紙の言葉を聞きながら、お父様が涙を流して男泣きされていたのは印象的でした。

S__11690009.jpg幸也のお母さんへの手紙。

想いがあふれすぎて、言葉に詰まる幸也。会場からは「頑張れー!」の声援。

子供三人を女手一つで育て上げたお母さんへの感謝、甘えん坊で、お弁当屋さんで働いていたお母さんを追って毎朝一緒に出勤についていったエピソードなどに、一同ほんわか&もらい泣きさせられました。

手紙を読み終わったときに、つーさんのお父様が、幸也に握手をしていたのが感動的でした。

S__11689999.jpg

当日のご馳走。

S__11690005.jpg

デザートは、金粉の載ったピンクホワイトチョコ・エッグに熱いラズベリーソースをかけると、なかから、ベリーなアイスクリーム。

S__11690044.jpg

普段、おたがい忙しくてなかなか会えないお友達にもたくさん会えてうれしかったな。

「PR三姉妹」こと、しのねー、ブレンダ、ゆーこねー、

と、ペットのクワガタ(私のヘッドドレスがクワガタみたいだとのことで)のD[di:]の華麗なる一族風の一枚。

S__11690045.jpg

英国人ラジオDJ、つーさんの親友で人前式の署名を勤めたガイPこと、ガイ・ペリマン氏と日本人妻風の一枚(妄想)。

S__11690046.jpg心の恋人、かずくんと。偽装カップル風の一枚(妄想)。

S__11690014.jpg

引き出物でいただいた福袋みたいなセット。

一緒に来ていた妊婦の友達が、思わずたくさん入った引き出物バッグが重過ぎてタクシーに乗って帰ったほどw

ケラスターゼDAVセット、レストランOGINOのフルーツケーキ、WELEDAのキット、エターナルボーテの酵素サプリや美顔パックなど...!てんこ盛りや。

S__11689990.jpgゆー&つー♥

愛をとこしえに!

末永くお幸せにねっ♥

ちなみに、おふたりの式の様子は、instagram の#ゆーつーweddingで検索すると、たくさん出てきますw

おまけ

S__11690017.jpgこの日、私が着ていた冠婚宴祭用のモビルスーツは、イーリーキシモトのお気に入りのシルクのドレス。

のテキスタイルに合わせて、自分でネイルも塗っちゃいました。

で、頭に冠ってるのは、みんなに「小クワガタ」と呼ばれているPHILIP TREACY londonのヘッドドレス。

(私がチビっ子なので、小さいクワガタで、コクワガタなの)

これ、インスタにUPしたときに、友達が#KOKUWAGATAとハッシュタグしたら、うどん屋さんの「KOKUWAGATA」

のうどんに囲まれてUPされてる事態に。今回も、うどんに並んだゼ!

S__11690013.jpg

以前、私が、うどんに囲まれた事態↓ ちょっと、面白いことになってるので、instagramの#KOKUWAGATA、検索してみてねw爆

S__11690016.jpg

まるでホグワーツ魔法学校?!台湾&台中、行っとく&買っとくべき!レポ

S__11673672.jpg

先週報告した台湾出張では、展示設置がギリギリすぎて、あんまり観光できなかった!のだけど、最終日に連れて行ってもらった旧台中駅にある知る人ぞ知るスイーツショップが凄過ぎた!

S__11673685.jpg

その名も●宮原眼下

元が眼科だったところを改装してスイーツショップにしたというこちら。内装がすばらしすぎて、入った瞬間にため息!まるでハリポッターのホグワーツ魔法学校の図書館だか生徒たちの寮みたい!

S__11673727.jpg

抽斗はおそらく、メガネのレンズやフレームなんかが入っていたようですが、ステキッが過ぎる!

S__11673674.jpg

いろいろなラッピングリボン...女子的には、激ワクワクっしょー!

S__11673728.jpg

チョコレートコーナー。内装もさることながら、陳列も上手。

S__11673673.jpg

普通においてあったら、普通のパッケージかもしれないけど、この場所にあるだけで、かなり可愛くみえます。配色も良い。

S__11673726.jpg

これは、キャンディだったかな...ともかくカワイイ。写真が興奮でぶれていてスマソw

S__11673729.jpg

こちらは、蝶の形をしたバタークッキー。中身の造形も、もはや芸術の域。

S__11673679.jpg

こちらは、すべて古書の形をしたパッケージ。いろんな味のヌガーが入っている。

S__11673683.jpg

制服もカワイすぎ!そして、台湾ガールズのハニカミ笑顔がかわいいこと!

S__11673684.jpg

このドレスなんて、可愛過ぎて思わず売ってくれないかと聞いてしまったw

なんと、こちらでは、制服が年に7回も変るんだそうだ!そして、内緒だけど、中国のECサイトで秘密裏に転売されているらしい...w

S__11673700.jpg

大理石と、マホガニー材がふんだんに使われている階段

S__11673701.jpg

階段から下をのぞむとこんなかんじ。まるで王宮。

S__11673693.jpg

そして!!一番の目玉!が、このスイーツショップ上にある、すんばらし~カフェ!!!

S__11673688.jpg

素敵過ぎて、大はしゃぎ。

S__11673686.jpg

バーカウンターも素敵がすぎる~!!ここで働きたい!もはや、オトナのディズニーランド的内装です。

S__11673699.jpg

キャッシャーまでいかしてるんだから!この机で仕事したい...。。。

S__11673689.jpg

テーブルはこちら。メニューや、備品まですべて、アンティーク調のステキデザインが徹底されているうえに、大理石のテーブル...た...高そう...!!

S__11673696.jpg

なぜか、メニューがマッチョなコックが表紙...

これ、開いたら...

S__11673697.jpg

やっぱり!!マッチョなコックさんのフルヌード!!誰の趣味なんだ?!笑

S__11673691.jpg

そしてこの、マッチョな男たちの絵、壁画にもなってました。かなり大きいです。(写真、わかりづらいかもだけど奥の壁面)

S__11673695.jpg

お通しで出てくるお茶のポットがまたアンティーク調。ステキだが激重っ。お茶はかなり美味しいっ!

S__11673702.jpg

アタシは、台中名物の、なかにハチミツクリームのはいった「太陽餅」と杏仁茶のセット。言うまでもなく、美味しい。

S__11673705.jpg

カフェ名物の鳥からあげと、大根餅。内装もステキなのに、味もかなり良い...なんなのよ、ここ!!!

S__11673704.jpg

ショップのオバさんが激おすすめしていたトイレ...も、大理石がふんだんに...

S__11673703.jpg

トイレなのに豪華絢爛。

S__11673670.jpg

外の通路。ここに、タピオカミルクティ屋さんや、ジェラート屋さんが並んでいる。

S__11673710.jpg

タピオカミルクティ屋さん、いちいちステキでもうっ!

S__11673711.jpg

床のタイルは、タピオカがこぼれた様を表現~氣のききかたがハンパないわ。

S__11673707.jpg

マグカップも売っていたんだけど...元眼科だけあって、動物たちが、お医者さんだったり看護婦だっり...と、これまたおもしろカワイイデザイン。

S__11673708.jpg

これなんて、トラの患者さん...つか、タンゲ?(by あしたのジョー)

というわけで、とにもかくにも、宮原眼科スイーツ店、一度いく価値が多いにあり!つうか、もっかい行きたい...。

S__11673732.jpg

さて、台中から新幹線で台北へ戻る。

S__11673712.jpg

新幹線の駅がやたら巨大で、もはや空港のよう。ホームは日本のホームに似てるけど、眼前がひらけすぎてて、未来か異星の基地っぽい。

S__11673713.jpg

そして!新幹線にのるなら、一度は食べておきたい台湾の「駅弁」。

二時間以内に売り切る!(またはマクドのポテトよろしく的廃棄!?)ので、お弁当がつねに暖かい。

パーコー(骨付き豚肉のフライ)とターロー(煮卵)のセット。その下にハムが挟まっていて、ご飯の野原が広がっている。

ものすごい食いしん坊なとりあわせ。80元=約300円程度

S__11640890.jpg

そして、台湾に行ったら是非食べておきたいのが、本場の火鍋!

いや~うまかった~!!!

連れて行っていただいたのは、

無老鍋 台中公益路 

たっくさんのスパイスと漢方のはいったお鍋に、鴨の血(初めて食べたけど、ちょープルップル!で美味い)や湯葉などが入ってる。

お肉やお野菜、カタツムリみたいのはアイスクリーム豆腐(ほんのりバニラ風味)、トッピングもたくさんあって、台湾練り物も!どれもこれも、美味し過ぎて、腹パンンっ!で息ができないくらい食べちゃったw 暖まるし最高でした。

S__11673648.jpg

そして、ぜひ台湾に行ったら、買っておきたいお土産ナンバーワン!が、これ!

「椎茸チップス」

台湾でしか製造できないという幻のチップス。もはや、椎茸であって、椎茸ではない。

つうか、椎茸って、こんなに美味かったの?!と一口たべれば、恐ろしい病みつきぶりに!

日本で買った事があって、一袋ちょっとしか入ってないのに1300円くらいするのよ。すげー美味すぎて、今回大量にゲット!

日本では見た事が無い、舞茸チップスも美味しい!

台湾では、台北のほうが売っているお店が多いらしく、お茶屋さんなどで置いているらしい。

S__11673647.jpg

袋をあけると、こんなかんじ。地味だけど、滋養はんぱない。味わい深すぎる。

いまいちばん、好きな食べ物かも...!!

というわけで、ながなが書きましたが、いつか台湾に行く事があったら、参考にしてくださいまーしっ!

ちなみにD[di:]の個展は、4/11までですっ

初の台湾での個展スタートっ!レポ

S__11640896.jpg

先週は、D[di:]初の海外個展開催っ!つーわけで、台湾は文化の街と呼ばれる台中へ出張してきました。

台湾と言えば「台北」ですが、「台中」は、台北から南下して台湾の真ん中あたりに位置します。

いや~、海外で個展やるのがこんなに大変だとは...のレポートでございます。

D_taiwan_MAIN.jpg

こちらが、今回の展示会のインビデザイン。

D[diː]EXHIBITIONThe Ascention Some Day
会期:2016311 () 411 ()
場所:台湾 台中市 INDIE / 3 - Galerie Space
https://www.facebook.com/indie3.Galerie.Space/

S__11673659.jpg台中のこのギャラリーINDIE / 3 - Galerie Spaceの周辺には、美術館やギャラリーが多い地区です。

また、台湾では、ギャラリーにカフェが併設してあってカフェやティーを飲みながら鑑賞するのが流行っているそう。

ギャラリーオーナーのビリー氏がデザインしたD[diː]作品をあしらったカフェのカップ。

S__11673649.jpgギャラリースタッフのアンダーソン君とギャラリーの作家紹介フリーペーパーD[diː]号。

アンダーソンも、絵を描いているアーティストの卵っち君なオサレボーイ。

S__11673650.jpg

フリーペーパーと、インヴィテーションカードと、ショッパーをとめるためのステッカー(右下)

ちなみに、これと上のアンダーソンの写真は、私が帰国したあとの翌日、日本からたまたま台湾にきていた友達がギャラリーにきて撮ってくれた写真。私が台湾にいたときはまだ刷り上がっていなかった。ちなみに、ショッパー(買い物袋てきなもの)もデザインしたはずなんだが、それもまだ出来ていないようだ。。。それにしても、この時期、台湾にいくから見に行くよ~なんて人、FBやインスタなどにコメント残してくれてたけど、やはり3月の台湾は観光シーズンなんだなあ~ww 

S__11673654.jpg

カフェカップ。実は、私がデザインしたものと違うものがプリントして上がってきた(ので、のちにモデルチェンジするって、ビリーさん)いまだけ、このデザイン(のはず)

S__11673657.jpg

作品展示風景。2012年~2015年までの展示の、自分用に持っていた作品のアーカイブ展となっています。

(頼まれたのが急だったので、完全な新作展はいずれ...ということになっております)

S__11673658.jpgS__11673660.jpgこちらは、2012年のhpgrpギャラリーtokyoで展示したものを、今回この台湾展示のために作り直した、あたらしい"ハーモニック・オルゴナイト・ペイント"バージョンのTHE FROZEN FLOWERシリーズ。ライトがこの撮影したとき壊れてて、よりによってメインが暗く写ってしまっている...爆

S__11673646.jpgギャラリースタッフその2。カワイ子ちゃん!アルフィー♥

ほんとにイイ子!&有能! 経理からデザイン、ときどきモデル!はてはカフェでスコーンを毎朝焼いていたという実績の持ち主。

めっちゃ良い子で、一緒にカラオケとマッサージ連れて行ってもらったw

S__11673652.jpgギャラリーの中から外をみた風景。D[diː]プロダクトも販売しております。

S__11673651.jpg地下はショップになっていて。たくさんグッズ系を販売させていただいておる。

ちなみに、台湾についた日と、設置日は、とんでもない暴風雨の日でかなり寒かった...

こちらは設置日に、暴風のなか、なぜか大人数でウィンドウのカッティングシートを貼ってくれている台湾メンズたち。

日本だと、2人くらいでやるところを、5~6人で作業してくれてた。

台湾では印刷業が発達しているので、こういうプリントやインビテーションやフリーペーパーなどの印刷物が日本よりもかなり安く作れるらしい。

S__11640893.jpg

それにしても、今回なかなか大変だったのは、

やはり、私が北京語がまったく分からなかった!ことが一つの要因。

通訳さんはいたんだけど、それでも、一度通訳さんに翻訳してもらってから指示だしするので、2倍以上の時間がかかる。

英語がもうちょっと通じたら楽だったろうけど、細かい指示となると、やはり日本語→北京語になってた。

あと、

火曜日に深夜ラジオ生放送終わって、家に帰って、残っていた作業を終わらせ、今回、作品の制作が出来るのがギリギリになってしまったので、そのまま家から作品かついでタクシーで運搬し、そのまま飛行機で運ぶ...という不眠での台湾入り!そんでもって、台北の松山空港ついたとたんにめっちゃ雨!で、今度はハイエース的な車に作品を詰め込み、高速で走って台中入りを果たしたのです。

いや~、かなりキツかったw 普通に睡眠とれてたら、もうちょっと楽だったんだけどね。

そして、以前行った台北ではホテルにはバスタブがついていたんだけど、今回の台中の方たちはほとんど、シャワーだけでバスタブにつかる習慣がないらしい。

そして、ホテルに暖房もない...

冷えきって疲れはてた体は、なかなかにガッチガチに...

それで、2日目からは、バスタブのある部屋に移動させてもらったんだけど、

S__11640894.jpg

なんと、部屋の真ん中にバスタブ!

なかなかシュールな状況でしたww

S__11673666.jpgこちらは、ホテルのロビー

アーティストの作品がそこかしこに設置されている。

S__11673665.jpg

彫刻なども設置されてた。さすが、文化の街、台中。

で、体がガッチガチになってしまったところで、マッサージに連れて行ってもらうことに。

異国の地で、日本語「ゆ」を見ると、たったの一文字だというのに、「ホッ」とする。

S__11640892.jpg

台湾イケメンに足裏マッサージをオーダー。70分で3500円くらい。日本だと1万円くらいしちゃうコースだと思う。

しかも、足裏だけじゃなく、足湯、ヘッドマッサ、肩首マッサ、もしてくれる。しかもお上手。

S__11673663.jpg

マッサのあとは、漢方入りのゼリーと、お茶まで出してくれる。この、漢方入りのゼリーがかなり美味しい。

一昔前に流行った「亀ゼリー」に似ているものにシロップをかけていただく。これ、買って帰りたいくらい美味しかったが非売品。

S__11640891.jpg

台中にいる間、数度つれていってもらったのは、このお店。

春不老足湯養身行館

来週は、台中に行ったら行った方がいい!スポットをご紹介いたしまするっ。

1/2 1 2 2

MAGAZINE

『装苑』2017年7月号、5月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top