Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

いきなりですが、どうしても皆さんに食べてもらいたい、北海道D[diː]マザーのザンギ!(北海道の鶏の唐揚げのこと)レシピ

S__10502341.jpg

今回は、どうしても皆さんにご紹介したいレシピ。その名も「ザンギ」北海道では鶏の唐揚げをこう呼びます。

名前の由来は諸説あり、そこらへんは、ネットで検索していただくとして。

ともかく、私、実は鶏の唐揚げ、母親の作ったものしか食べられない(正確にいうと食べたくない...って...どこのマザコンboyかっつうのって話ですが)

そんくらい、ショウガが効いていて、胃がドラム缶くらいあったら永遠に食い続けられる味なんです。

それで、よくこのレシピを友達にも聞かれるので、今回は皆さんにご紹介します!

良い事があった日や、テストでいい点がとれたとか、ご褒美なときにはいつもおねだりして作ってもらってたD[di:]家のハッピーフードだよ❤

*材料*

鶏肉 鳥モモ肉、今回はヘルシー食材ササミで 230g

(味がわりと濃いのでササミでも全然美味しい!でも、あの鶏の脂身LOVEな方は鳥モモ肉いっちゃって❤)

とき卵 1/2強

生姜 親指大 一欠片をすりおろす

食用酒 大さじ1/2

しょうゆ 大さじ 2/3

塩胡椒 適宜

片栗粉 大さじ1

S__10502345.jpg 1.肉を一口大より大きめに切る。揚げると縮むので、ササミの場合は、半分に切りました。塩、胡椒を裏表に振り、下味をつける。

S__10502346.jpg

2.すりおろした生姜、お酒、しょうゆを1に入れ、揉み込む。

S__10502348.jpg

3.溶き卵を加えて和え、さらに片栗粉を加えて混ぜ、冷蔵庫で、2〜3時間放置する。

S__10502342.jpg

4.170度の油で、ジックリ揚げる。出来上がり。アッツアツを召し上がれ❤ 今回は、色どりにカイワレ大根のっけてみました。

うーん、写真みてたら、また食べたくなってきちゃった。ハッピーな日に食べていた思い出から、

母親の口からザンギって言葉きくだけで、うちのきょうだいは、アガってたよ〜❤

みなさんも、試してみて!

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2017年8月号、6月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top