Blog

D[diː]

アーティスト

D[diː]

2000年、多摩美術大学在学中に『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。その後も『キぐるみ』で「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出す。シニカルかつ繊細な世界感の作品を精力的に創作し続け、定期的にエキシビションも開催している。小説、イラスト、ファッション、ラジオパーソナリティ など多分野をまたに活躍している。

いきなりですが、どうしても皆さんに食べてもらいたい、北海道D[diː]マザーのザンギ!(北海道の鶏の唐揚げのこと)レシピ

S__10502341.jpg

今回は、どうしても皆さんにご紹介したいレシピ。その名も「ザンギ」北海道では鶏の唐揚げをこう呼びます。

名前の由来は諸説あり、そこらへんは、ネットで検索していただくとして。

ともかく、私、実は鶏の唐揚げ、母親の作ったものしか食べられない(正確にいうと食べたくない...って...どこのマザコンboyかっつうのって話ですが)

そんくらい、ショウガが効いていて、胃がドラム缶くらいあったら永遠に食い続けられる味なんです。

それで、よくこのレシピを友達にも聞かれるので、今回は皆さんにご紹介します!

良い事があった日や、テストでいい点がとれたとか、ご褒美なときにはいつもおねだりして作ってもらってたD[di:]家のハッピーフードだよ❤

*材料*

鶏肉 鳥モモ肉、今回はヘルシー食材ササミで 230g

(味がわりと濃いのでササミでも全然美味しい!でも、あの鶏の脂身LOVEな方は鳥モモ肉いっちゃって❤)

とき卵 1/2強

生姜 親指大 一欠片をすりおろす

食用酒 大さじ1/2

しょうゆ 大さじ 2/3

塩胡椒 適宜

片栗粉 大さじ1

S__10502345.jpg 1.肉を一口大より大きめに切る。揚げると縮むので、ササミの場合は、半分に切りました。塩、胡椒を裏表に振り、下味をつける。

S__10502346.jpg

2.すりおろした生姜、お酒、しょうゆを1に入れ、揉み込む。

S__10502348.jpg

3.溶き卵を加えて和え、さらに片栗粉を加えて混ぜ、冷蔵庫で、2〜3時間放置する。

S__10502342.jpg

4.170度の油で、ジックリ揚げる。出来上がり。アッツアツを召し上がれ❤ 今回は、色どりにカイワレ大根のっけてみました。

うーん、写真みてたら、また食べたくなってきちゃった。ハッピーな日に食べていた思い出から、

母親の口からザンギって言葉きくだけで、うちのきょうだいは、アガってたよ〜❤

みなさんも、試してみて!

勝手にブログ内連載 <D[diː]'s Favorite THINGS>

D[diː]の日々のお気に入りなものもののコーナーです。

第3回目は、オーガニックメイクrms

favorite_3_rms.jpgのサムネイル画像

わたくし、お肌、かなり弱い派です。

そこで、またしても、コスメティックルネッサンスなお友達のお姉様たちにおすすめしてもらったのが、これ。オーガニックメイクブランドのRMS beautyのメイクライン。

一番下のが、ファンデーション。ファンデって、あたし、デッカいジャーとか瓶に入ってるもんだ!みたいな固定概念があったんだけど、これ、ほんとちっちゃい!でも、ステキにカバーしてくれながら薄付きで艶肌作ってくれる!

そして、旅行なんかにもっていくときに、メイクポーチにも優しい大きさw 荷物が少なくてすーむー。

それと、おすすめなのが、右上のリップチーク。

ほんのちょっぴり指にとってポンポンと置いていくだけで、リップにも使えて、チークにもつかえて、またたくまに、オフェロフェイスができちゃいますぞ。

そんでもって他にもD[di:]のおすすめやお仕事メイキングなどは、instagram@deethで随時アップしております。気になってくれた、あなた!ぜひフォロー&チェック、よろぴくのしと❤

夏のどさんこ娘デイドリーム弾丸ドライブの旅 その2/子狐、断崖絶壁の温泉、おきにいりのスープカリー屋さん

S__10190940.jpg

はい、ではまだまだ続きます。どさんこ女子二人の北海道弾丸ドライブツアー。

富良野まで、札幌から高速とばして3時間。そして、この日は、その先にある、十勝岳温泉まで足をのばしました。

というのも、十勝岳温泉にはなんでも断崖絶壁な温泉があるってので、いくっきゃないっしょ的な。

S__10190994.jpg

ちなみに、こんなかんじが、北海道を、富良野をはしってるときの景色です。

この日は、あんまり天気よくなかったけど、この広----------------い景色、うちら道産子的にはLOVEいランドスケープなんです。原風景的な。まあ、どこいっても、こんなかんじっつうことなんだけど、本州のドライブランドスケープと違うのは、とにかく、空が広くて、大地が広い。ただただ、広い。開けてるってところ。気持がいいですお。

S__10190987.jpg

めざすは、十勝岳。かなり、山道で、ぐにゃぐにゃ。車も横揺れ縦揺れ、なかなかにハード。

頑張れ我らがレンタカーwww

S__10191001.jpg

そんな山道を走り抜けていると、かわいいお客様。

この時期、子狐たちが、親元を離れてきょうだいで冒険の旅にでているのに遭遇なんてしちゃいます。

ちなみに、わりと人懐っこくて、近づいてきたりしますが、いくらカワイくっても、人間の食べものでの餌付けは禁止されています。なぜなら、人間の食べ物で、糖尿病になるキツネや野生動物が激増してるんです。観るだけ、挨拶するだけにしませう。

S__10190988.jpg

ようやくついた、十勝温泉 湯元 凌雲閣。http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/guide/h00146

残念ながら、中の温泉までは写真とれなかったんだけど、お湯、凄いです。

鉄の色!そして、入ってから4時間たっても5時間たっても、身体がぽっかぽかだった。

そして、なにより、石造りの温泉の下をのぞくと本当に断崖絶壁!!

山の温泉でくつろぐお猿さんの気分が満喫できちゃいましたww

S__10190989.jpg

アタリは霧がたちこめて、幻想的です。これで、晴れていたら、さらにすごい綺麗だったんだろうなー。

さて、それから、札幌市内にもどって、夕食は私の大好きなスープカリー屋さんにいきました。

S__10190996.jpg

私が、札幌で一番すきな、スープカリー屋さん『S エス』 http://curryshop-s.com/

スープカレー屋さんは、かなりいろいろ行ったし、他にも個性的なお店とかいろいろあったんだけど、スープカレーって聞いて、真っ先に思いつくのが、いつもここなんだよねえ...

スープがかなり優しいです。そして、お肉がデカイ!野菜がごろごろ感がハンパない!カレーっていうか、ポトフに近いんだけど、とにかく、なんか食べたくなる味...です。

札幌にお越しの際は、大通りとススキノの間のモスバーガーの下にある、このお店、チェックしてみて。

1/2 1 2 2

MAGAZINE

『装苑』2017年10月号、8月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top