Blog

仕立て屋のサーカス

現代サーカスグループ

circo de sastre 仕立て屋のサーカス

「物語のある音楽」をテーマに、国内外多くの観客を魅了している"CINEMA dub MONKS"の曽我大穂とガンジー、東京を代表するファッションブランド"suzuki takayuki”のデザイナーであるスズキタカユキ、独特の照明演出が各方面から賞賛されている照明家の渡辺敬之によって生み出される物語。これまでに何度か共演したのち、新たなグループ「circo de sastre(シルコ・デ・サストレ)」=スペイン語で“仕立て屋のサーカス”として、2014年より活動開始。

仕立て屋のサーカス circo de sastre " 新作公演 " ゲスト:小金沢健人[美術家]を迎え、新宿ルミネゼロにて開催決定!

2019年の1/18(金)、1/19(土)、1/20(日) の三日間、新宿・LUMINE 0 にて美術家「 小金沢健人 」さんをゲストに迎えた新作公演の開催決定しました!
sastre2019.jpg


仕立て屋のサーカスは、2019年の新たな試みとして、様々なジャンルのゲストを招いた公演を精力的に行い、新しい可能性を切り拓く企画を考えています。その第一弾として、ベルリンを拠点に世界各地で多様な表現を繰り広げ、国際的な評価も高く、Asian Art Award 2018 / 大賞など数々の賞を受賞する、現在最も注目を集める気鋭の美術作家「 小金沢健人 」さんをお迎えし、新作公演を作り出します。

本公演では、今年11月にボルドー・サンセバスチャン・マドリード3都市を巡ったヨーロッパツアーの熱気の中で生まれたアイデアも交えますのでご期待ください。美味しい食事や飲み物、様々な出店もご準備してお待ちしております。五感全てを使ってイメージを感じて頂き、リラックスして楽しんで頂ければ幸いです。

_______________________________

仕立て屋のサーカス 新作公演 in 新宿・LUMINE 0

日程 : 2019/1/18(金) , 1/19(土) , 1/20(日)
会場 : LUMINE 0
住所 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目 24 番 55 号 NEWoMan Shinjuku 5F

▪日時
1/18(金) ... 開場 17:30 / 開演 19:00 / 終演 21:00
1/19(土) ... 開場 17:30 / 開演 19:00 / 終演 21:00
1/20(日) ... 開場 15:30 / 開演 17:00 / 終演 19:00

▪チケット * 限定席数
一般 ... 前売 ¥3,800 / 当日 ¥4,300
学生 ... 前売 ¥2,800 / 当日 ¥3,300
18歳以下 ... 無料 [ 下記サイトでのチケット予約が必要 ]
乳幼児・未就学児童 ... 無料 [ 下記サイトでのチケット予約が必要 ]
* 各チケット限定席数となりますので、お早めにお買い求めお願い致します。
* 全席自由 / 未就学児童入場可

▪予約方法
[ WEB予約 ] https://t.livepocket.jp/event/search?word=circodesastre より
[ 問合せ ] circo.sastre@gmail.com までメールにてお問い合わせ下さい。
* 会場へのお問い合わせはお控え下さい。

[ 注意事項 ]
* お並び頂いた順番でのご入場となります。
* 席数に限りがありますので、立ち見になる場合がございます。お早めのご入場をお勧めいたします。
* 全席自由 / 未就学児童入場可 。
* 学生、18歳以下の方は 学生証・身分証の提示が必要となります。
* 幼児・未就学児童のご入場は、大人1名様につき、2名までとさせて頂きます。
* チケットご購入後のキャンセルは出来かねます、予めご了承ください。
* 会場の駐車場はご利用いただけません。

▪ 仕立て屋のサーカス
演じるのではなく、動きの真実を見せることをコンセプトとし、心を揺さぶられるような感動の瞬間を作り上げようとし続ける現代サーカスグループ。青山スパイラルホール、金沢21世紀美術館、新宿ルミネ0など、国内各所での公演なったのち、スペイン・マドリード市が運営する最大級の国際芸術センターである「 Naves Matadero ( Matadero Madrid ) 」に招待され6日間にわたる公演を大盛況にて開催。また、2018年11月にもフランス・ボルドー、スペイン・サンセバスチャン、マドリッドにて公演開催している。様々な土地で公演を続け、普遍的でありながら新しい表現方法を追求し続けている。

▪ 小金沢健人
美術家。1974年東京(日本)生まれ。1999年ドイツに渡り、2017年初頭までベルリンを拠点に活動。映像を軸としつつ、パフォーマンスやドローイング、そしてインスタレーションへと表現の幅を拡げ、表現形式を問わず国内外で作品群を発表。身の周りの日常からシャーマニズムまで、幅広く「意識の変容」に関心を寄せた作品は高い評価を受け続けている。マニフェスタ、モントリオールビエンナーレ、メディアシティソウル、横浜トリエンナーレ等国際展の参加多数。また、Asian Art Award 2018/大賞など、数々の賞を受賞している。作品は、MOMAや森美術館、東京都現代美術館、金沢21世紀美術館等に収蔵。

MAGAZINE

『装苑』2020年9月号、7月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top