Blog

渡部玲

ビューティライター

Akira Watanabe 渡部玲

女性誌の編集部、編集プロダクションに勤務した後に独立。現在は、フリーランスのエディター、ライターとして活動。

パルファム ジバンシイを支えるニコラ·ドゥジェンヌに訊く、6つの質問

色、アイデア、パッケージで新作に出会うたび、いつも嬉しい驚きを与えてくれる、パルファム ジバンシイのメイクアップアイテム。手がけているのは、ジバンシイ メイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクターのニコラ·ドゥジェンヌさん。その重責を担って今年(2019年)で20年が経つ。20年は、長い。その長い年月に、ジバンシイというメゾンで、常に新しいものを生み出し続ける原動力は何であるのかーーニコラさんが教えてくれた6つの答えから探りたい。

ルージュ・ジバンシイ 333 画像.jpg

パルファム ジバンシイのエレガンスを伝える、最新作「ルージュ·ジバンシイ No.333 ランテルディ」(全7色 (新6色、数量限定色1色) ¥4,600、2019年8月30日発売)。シグニチャーであり、ビューティアワードにおける名だたる栄誉に浴したブランドの代表作であり、シグネチャーであるルージュが進化。美しい発色を12時間キープする瑞々しい色とセミマットのテクスチャーを贅沢にも上質なラムレザーをあしらったパッケージが包む。配合されているヒアルロン酸マイクロボールの働きで、なめらかなな付け心地でつややかな唇に仕上げるに一本。なお、この新ルージュの発表を祝して、2019年8月23日(金)から9月1日(日)まで、表参道Rスタジオ(表参道ヒルズ)にて体験型ポップアップ「ルージュ·ジバンシイ ファクトリー(GIVENCHY LIP FACTORY)」イベントを開催。このイベントだけで展開する、限定アイテムの発売もある。

----メイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクターという重責を長年に亘ってこられたニコラ·ドゥジェンヌさん、ご就任20周年おめでとうございます! これまで続いてこられた月日の中で、その喜びはもちろんのこと、ご苦労もなくはなかったのではないかと思います。なぜ、これほど長い年月を続けてこられたのだとご自身はお考えですか?

ニコラ·ドゥジェンヌ(以下、ニコラ) 私はパルファム ジバンシイの現在と復活を手助けしてきました。私がローンチを手助けしたブランドを去ることはとても難しいことです。
幸運なことに、私は世界でも有数の研究者たちと仕事を共にすることができています。この贅沢な環境を自分の手で奪うことはできないでしょう。私にとってブランドの個性とは、リサーチと相補的であり、常に新しいリサーチ、新製品、新たな方法を求めることです。

----ニコラさんにとってはもはや人生とも言える、あるいは肉体の一部ではないかと感じるパルファム ジバンシイ。そのフィロソフィーである"普遍のエレガンス"をニコラさんはどのように考えておられますでしょう

ニコラ 美はいたるところにあり、常に存在し、私たちのすべての中にあります。私にとって"普遍的な美"とは心です。それは私たち自身が個性を持って存在することへの嫉妬です。それは自由を尊ぶことです。

----パルファム ジバンシイを支えるメイクアップ アンド カラー アーティスティックディレクターの活動を続けられておられる中で、最も重んじておられているのは何でしょう?

ニコラ 常に製品開発のリサーチしていることです。開発チームと協力して新たな製品を生み出すということに私は魅了されています。リサーチはとても重要なことと考えています。

----この20年で最も印象に残っておられるモノ、コト、ヒトとは?

ニコラ 第一に、それは私がジバンシイでメイクアップラインを再びローンチすることができたということです。私はそれが最も印象的な経験であったと感じています。そして、リヴ・タイラーのような人格、マリアカルラ・ボスコーノのような立派な女性、またはブランカ・パディーヤのような優しい人との出会いです。 最も記憶に残る瞬間は、人と関わる経験だと思います。

----ビューティ以外でご興味のあることがおありでしたら、理由も含めてお聞かせ願えますと嬉しく思います

ニコラ 読書、絵画鑑賞、Netflixを見たりすることが大好きです。それらが、真にリラックスできる唯一の瞬間をくれるからです。

----どのような夢を描いていますか? よろしければお聞かせ願えます嬉しいです

ニコラ また20周年を迎えることです。

ルージュ・ジバンシイ・ベルベット広告画像.jpg

ニコラ·ドゥジェンヌ●Nicolas Degennes
ジバンシイ メイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクター

二コラ ポートレイト.jpg

ジバンシイのエレガンスと、クリエイティブの自由さに共感し、1999年より現職。2003年、ジバンシイのルーツである"クチュールの精神"と"革新"を見事に融合し、昇華させたメイクアップ ライン「ジバンシイ ル メイクアップ」をクリエイト。その後の活動は周知の通り。マスカラの「フェノメン・アイズ」など名品数多。

https://www.givenchybeauty.com/jp
パルファム ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕03-3264-3941

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2021年3月号、1月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top